スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

台湾はどちらへ向かうのか

 今日台湾では統一地方選挙が行われます。国政選挙ではありませんが、国民の反応を見るという意味では絶好の機会です。果たして台湾では「国共合作」と「大陸とは一線を画す」路線のどちらを支持していくのでしょうか。

 ・台湾、統一地方選きょう投票 対中政策、どう選択(産経新聞)

 【台北=河崎真澄】台北と高雄の両直轄市長を除く二十三県市の県長(知事)や市長などを選ぶ台湾統一地方選の投票が三日、行われる。三年後の次期総統選の前哨戦として、与党の民進党が台湾意識を、国民党など野党陣営が中国との協調を訴え、台湾住民に「対中政策」で選択を迫っているが、元高官の汚職事件が表面化した与党側がやや不利な情勢だ。即日開票され、結果は同日夜半までに判明する。

 国民党の連戦主席(当時)が四月に訪中、六十年ぶりの「国共トップ会談」を行って初めての全土レベルの選挙で、地方選ながら、中台関係が最大の争点になってきた。

 その勝敗は二十三県市の県長(知事)と市長のポスト数で決し、現有勢力は与党の民進党十、最大野党の国民党八、その他の野党二、無所属三。

 国民党は「三通」(通商、通信、通航の中台直接開放)で最後まで残された空と海の中台直行の全面解禁など、経済界が求める対中経済関係改善を掲げ、連氏訪中の成果をアピール。

 これに対し、民進党は中国が三月に台湾への武力行使に法的根拠を与えた「反国家分裂法」を制定したことへの警戒を訴えてきた。

 民進党は元総統府副秘書長(副官房長官)の汚職事件で支持者離れも起こし、八月に清新なイメージの馬英九氏(台北市長)が主席に就任した国民党に押されぎみ。馬氏は一日、「国民党が少なくとも十一県市を獲得できなければ主席を辞任する」と自信を示した。

 民進党が十六年間、県長ポストを握り続ける最大の県、台北県では、前県長の蘇貞昌・民進党主席が二日、「民進党候補が当選しなければ主席を辞任する」と訴えた。

 だが、民進党内では、大敗すれば、汚職事件が謝長廷行政院長(首相)の責任問題に発展するとの悲観論も流れ始めた。陳水扁総統の求心力低下も避けられず、中台関係は次期総統選前に、国民党ペースで「国共合作」路線に転換しそうだ。


 台湾では若い世代が大陸との経済交流に積極的で、大陸との関係をもっと密接にしたいと思う人たちが多いみたいです。

 最近の台湾では本省人と外省人といった違いだけで政策の違いを分けられるほど単純ではなくなってきています。台湾の人も日本人と同じでスキャンダルが見つかればその党の支持率が極端に下がるため、短期的に支持率が行ったり来たりもあるようです。

 ただ、残念なのは日本が台湾に対して未だにあいまいな態度をとり続けていることです。国連加盟国が「中華民国」から「中華人民共和国」に変更されたとき、日本は米国の意向があったとはいえ「中華人民共和国」加盟に賛成をしました。しかし切り捨てられた「中華民国」はもうだいぶ前から実質的に台湾を統治する「独立国」です。日本政府は、「彼らが独立国と宣言するのならそれを支援する」となぜ言えないのでしょう。そんなに大陸との関係が大事なのでしょうか?

 世界の残った最大のファシズム国家「中華人民共和国」に対して我々は包囲網を作っていかなければ、日本自身も台湾と同じように「大陸との合併」を議論する時期が来てしまうかもしれません。

 追記:米国が二つの中国を認めない以上日本が台湾を認めることはできないかもしれません。しかし、本気で台湾が独立する気を見せたときには日本が関与できるチャンスではないかなと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年12月03日 国際 トラックバック:- コメント:5

建て前ですが、アメリカでさえ中国の手前、台湾を独立国とは認めていません。日本が台湾の独立宣言を支援するのは、残念ながら無理です。その反面バチカンの態度は立派です。中国の攻撃にもかかわらず今年もバチカンは台湾との友好関係を絶ちませんでした。

2005年12月03日 worldwalker URL 編集

 たしかに分かりますし、米国が認めるはずもありません。
 しかし、大陸は今後日本にとって安全保障上極めて重大な問題になります。
 そのときまで放っておくことはできません。

2005年12月03日 さいごう URL 編集

 人権とか「盾」使えば、似非人権団体や売国政治家も黙らせられませんかね?
あいつら(左)の『武器』つうーか、『やり方』ですが、潜在的味方を救う為には手段を選んでいるべきではないかと。
 それなら、アメリカも無視は出来ないかと。

 それにしても根性の無い事です。
 首相辺りが『貴方達が独立を望むのならば、私達は後ろ盾としてあらゆる努力を惜しまない』位言ってくれれば良いのに。orz

2005年12月04日 どらっへ URL 編集

 どうやら、与党が手痛い敗北を喫したようです。
暗黒の時代の序章にならなきゃいいですが。

 そう言えば、マラッカ海峡の海賊。中国が進出してきたら、取って代わられたりするのを予想するのは私だけか?

2005年12月04日 どらっへ URL 編集

どらっへさん、
選挙の結果を教えていただいてありがとうございます。
新しく記事にさせていただきました。

2005年12月04日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。