スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

DAT(デジタルオーディオテープ)、国内出荷終了

 私は特に思い入れがあるわけでもないのですが、最初にオーディオ機器を買おうと思った頃DATのことをすごく魅力的に思った覚えがあります。
 業務用としてはまだまだ現役で使われている数は多いと思いますが、今後なくなってしまうのは寂しいものです。

 ・ソニー、DATの国内出荷を終了(IT Media)

ソニーは携帯型DATレコーダー「TCD-D100」の国内出荷を12月上旬に終了すると発表した。これによって同社の国内におけるDAT製品の出荷は終了することになった。

 ソニーとソニーマーケティングは11月28日、携帯型DATレコーダー「TCD-D100」の国内出荷を12月上旬に終了すると発表した。これによって同社の国内におけるDAT製品の出荷は終了することになった。

 DAT(Digital Audio Tape)は最高48kHzのサンプリング周波数で音声をデジタル録音するカセットテープ。サンプリング周波数が高く(CDは44.1kHz)、高音質であると言われているが、録音機器・カセットテープともに大幅な価格低下は起こらず、業務用機器として利用されてきた。

 TCD-D100は1997年7月に発売。「レコーディングスタジオの高音質を手の中に」と銘打たれ、ウォークマンブランドの1製品として販売されていた。なお、修理とテープの販売は継続される。


 私は音楽関係の仕事をしているわけではないので詳しくはないのですが、業務用録音機材ではDATはよく使われていると聞きます。今後何がDATと置き換わっていくのかはよく分かりません。
 
 やはり高品質なものが売れるわけではないというのがここでも証明されたようなものですね。ちょっと話は違いますが、MDプレイヤーの売り上げ減少という記事も最近見ましたが、ソニーは現在の視点で考えてみると規格をまとめるという意味ではあまりリーダーシップを発揮できていないような気がします。
 
 他にも昔でいえばビデオデッキのベータ、音楽フォーマットのOpenMG、メモリーカードのMemoryStick(DUO)など主流になれなかった(今判断するのは早いものもありますが)規格が山ほどあります。ソニーは魅力的な製品を作るというイメージは私の中で消えていませんが、こうやって主流から外れていく規格を見せつけられてもこれからもソニーを選択し続ける自信はありません。
 
 最近ソニーは新体制に変わりましたが、このあたりのことをよく認識して新製品を作ってもらいたいと思います。



追記:ソニーの新型ネットワークウォークマンはMP3に対応しているみたいです。やはりソニーもiPodという外圧でしか変われなかったのでしょうか。それとも新体制によるプラスの面が見えているのでしょうか。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年11月28日 IT トラックバック:- コメント:5

こんばんは。

わかっていましたが、やはりそうなりましたか。
今は使ってませんが、これは最高傑作、ソニーの技術の結晶でしょうね。
音域といい素晴らしい。
何故普及しなかったのでしょうね。

2005年11月28日 テツ URL 編集

テツさん、
コメントありがとうございます。
DATは今ある規格の中でも優れていると思います。
やはりソニーが規格を普及させようという努力が足りなかったのでしょうね。

2005年11月28日 さいごう URL 編集

DATは構造がビデオとほぼ同じで小さいので、巻き込みの危険も高いし調子の悪くなる率も結構ありました。
ただSONYの業務用のデジタルデンスケは堅牢で故障もなく、長きに渡ってお世話になりましたね。
DATがなくなってしまうのか……現在は音楽の販売用CDのマスター納品て何のメディアでしているのでしょうか。そっちの世界から遠ざかって久しくなってしまったので分かりませんが……。
なんにしても感慨深いものがあります。

2005年11月28日 BMM URL 編集

たしか、パッケージメディアとしてカセットテープから
CD-ROMへの移行期に出てきた、いわば“早すぎた
技術”ということで「こんなもんに録音されたら、CD
が売れなくなってしまう。」などの理由(本当?)から
既存の音楽関連メーカー等から忌避され、結局は流行ら
なかったと記憶してます->DAT。
(あんまり自信ないです・・間違いかも・・)

因みに、“DAT”というと私の場合いわゆるサーバー
などのバックアップメディアというイメージしかなかっ
たりします(笑)。

話は変わりますが、DVDの次を担う次世代パッケージ
メディアとして、ソニーが主導している“ブルーレイ”
が東芝などを中心とする“HD-DVD”をリードして
いるようです。規格戦争でようやく勝利者となれるかも
しれませんね->ソニー。

2005年11月28日 雷電 URL 編集

BMMさん、
テープという構造上巻き込みは仕方がないのかもしれませんね。
私もなくなるのは残念です。

雷電さん、
私もCDの移行期という話は聞いたことがあります。本当の話かどうかはよく分かりません。

次世代DVDはブルーレイが必ずしも優勢ではないようですよ。ひょっとしたら2つの規格が長期間並立する可能性もありそうです。

2005年11月29日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。