スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

インターネット統治権問題、あいまいなまま先送りへ

 インターネットに関する影響力を米国が今までどおり行使し続けるか、という問題に関して国連で話し合いがもたれていましたが、今後「Internet Governance Forum」を発足し、そちらで引き続き議論を行うという事実上の先送りとなりました。

 ・米国と国連、土壇場で衝突回避--インターネットの統治問題で(CNET Japan)

 チュニス(チュニジア)発--当地で開催されている国連サミットにおいて、ブッシュ大統領政権とその批判勢力が世界的なインターネットの統治に関する包括的な合意に達し、今週中に劇的な結末が訪れる見込みがなくなった。

 ブッシュ政権は、共同声明に署名することで、「Internet Governance Forum」の発足を正式に認めた。同フォーラムは、国連によって2006年に第1回目の会合がギリシャで開かれる予定で、コンピュータセキュリティからオンライン犯罪、スパム、「インターネットの乱用」に至るまで、さまざまな問題を世界的に議論していく中心的な役割を果たすという。

 今回の合意では、米国に対し、インターネットの運用における唯一無二の影響力を放棄することは求められなかった。米国代表団を率いるDavid Gross大使は現地時間16日、本合意では「既存の枠組みに対する措置は一切取らない」ことになったと説明し、「(インターネットの管理に関わる)新たな国際組織は設立されなかった」と述べた。

 サミット参加者が合意に達したのは、現地時間16日に世界情報社会サミット(World Summit on the Information Society)が始まるわずか数時間前のことだった。この合意で、将来のインターネット管理を巡る長年の摩擦がひとまず収束したことになる。中国、キューバ、南アフリカなどの国々は、米国やその他一部の裕福な国家に権力を集中させるべきでないとこれまで主張してきたが、こうした不満は今後、新たな国連フォーラムに引き継がれていく。

(以下略)


 この問題に関しては、「米国」対「その他の国連加盟国」という図式までは至っていませんが、米国の味方をする国はほとんどいません。それでも米国の支配を事実上継続させることになったのは、米国自身の大きな反対があったからでしょう。
 
 私にはインターネットを管理することがどれほどのメリットになるのかはよく分かっていません。ただ、インターネット自体は国連などの機関に任せた方が公平性が保たれると思います。米国初で始まったインターネットですが、世界の共通財産となった今そのあり方は考え直す時期なのでしょうね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年11月17日 IT トラックバック:- コメント:5

インターネットの管理を国連に任せるのは、正直反対です。
国連人権委員会の二の舞はゴメンですから。

2005年11月17日 you URL 編集

中国と南朝鮮がインターネットに接続できるのは日本が施設した海底トンネルのおかげなんですよ。このケーブルを切ってやりたいよ。

2005年11月18日 worldwalker URL 編集

youさん、
非常に難しい問題だと思います。今回の問題の急先鋒に中国も名を連ねているだけに余計人権委員会と重なります。
しかし、米国1国で管理する姿が本当に理想なのかといえば、そうではないと思っています。

worldwalkerさん、
中国は全部太平洋(日本)経由なんですか?東南アジアや大陸からのケーブルは無いんでしょうか?

2005年11月18日 さいごう URL 編集

中国と南朝鮮のインターネットはすべて日本施設のケーブルに頼っていると、どこかで読みました。間違いないはずです。ソースを見つけたら再度お知らせします。

2005年11月18日 worldwalker URL 編集

いつもworldwalkerさんにはお世話になっています。

2005年11月19日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。