スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

何も決まらず、後退した感のある第5回6カ国協議

 今回の6カ国協議は実質的に何も決まらず、さらにいえば第4回の6カ国協議よりも一歩後退したまま閉幕しました。そして次の協議の日程も決まっていません。

 ・6カ国協議 中国の「懐柔」裏目 北、原則論蒸し返す(産経新聞)
 【北京=伊藤正】北京で開かれた北朝鮮の核をめぐる第五回六カ国協議は、九月の前回協議で発表した共同声明履行のための作業計画はむろん、次回協議の日程も決まらないまま終わった。北朝鮮が原則論を蒸し返すなど強い姿勢に出たことが主因と協議筋は指摘する。その背景には、中国との関係緊密化があるとみられ、中国の「北朝鮮懐柔戦略」が裏目に出たようだ。

 外交筋によると、中国は「各国との事前の根回しが不十分」としながら、「次回協議は十一月上旬」とした共同声明を守る意義を重視、九日開催を決めた経緯がある。

 しかし、直後のアジア太平洋経済協力会議(APEC)、来月中旬の第一回東アジア首脳会議を控え、核問題を解決に向け前進させる必要があったと同筋は指摘する。

 両会議とも将来の共同体結成を念頭にした地域協力強化が主要議題だが、中国は東南アジア諸国連合(ASEAN)と日中韓を中心にした東アジア共同体構想に積極的なほか、北朝鮮も含めた北東アジア共同体も視野に入れだした。その最大の障害が核問題であり、一貫して六カ国協議に多大の労力を投入してきた理由の一つだった。

 前回協議で北朝鮮の核放棄への基礎ができた後、中国は十月に呉儀副首相を団長にする代表団を北朝鮮に派遣したのに続き、胡錦濤国家主席が就任後初めて訪朝、「伝統的友誼(ゆうぎ)を新情勢下で全面発展させる」ことで合意した。経済支援強化だけでなく、社会主義体制の「同志」として政治的緊密化が特徴だ。

 中国は六カ国協議を通じ米朝をはじめ北朝鮮と各国の対話が行われ、北朝鮮の体制維持への不安は軽減したとみている。胡錦濤氏の訪朝は、中国側の物心両面の支援強化で北朝鮮の不安を解消し核問題の早期解決を促す意味があったと、中国の専門家筋は分析する。

 この中朝の「新時代」は北朝鮮に自信を強めさせたようだ。六カ国協議に先立つ日朝協議も、北朝鮮のイニシアチブが目立ったが、六カ国協議では、核放棄への「四段階」提案をする一方、韓国および地域(日本を指す)の米国の「核の傘」廃棄から北朝鮮系企業の資産凍結問題などまで持ち出し、議論を振り出しに戻した印象を与えた。

 北朝鮮の金桂寛首席代表が日本大使公邸での会食に応じたのも、中国の支援をバックにした北朝鮮側の自信の表れにほかならず、北朝鮮が核を放棄する日は来るのかに疑問を抱かせた。次回協議の日程がいつまでも決まらない事態になれば、中国の北朝鮮懐柔戦略は見直しを迫られよう。

                   ◇

 【議長声明の要旨】

 一、六カ国は朝鮮半島の検証可能な非核化を早期に実現し、「約束対約束、行動対行動」の原則に従い、(前回合意した)共同声明の完全な履行を再確認。

 一、六カ国は共同声明を包括的に履行し、すべての約束を実施。共に勝者となるような結果を達成する用意がある。

 一、六カ国は共同声明を実現するための具体的計画、措置、手順を作成することに合意。

 一、六カ国は第五回六カ国協議の第二セッションをできる限り早い期日に開催することに合意。(中国総局)


 もはや北朝鮮に対して、懐柔していこうとする中国やわけの分からないバランサー論を振りかざす韓国の言い分を聞いていては何も進展しません。北朝鮮をつけあがらすだけだというのがよく分かったでしょう。

 しかし、韓国人たちはそうも思っていないようです。東亜日報の記事を紹介しますと、

 遠ざかった米朝…「短い出会い、長い休息」(東亜日報)
 北朝鮮の核問題をめぐる第5回6者協議が、次回の協議開催の時期を具体的に決定できないまま、11日に閉会した。


韓国、北朝鮮、米国、中国、日本、ロシアの代表団は同日、北京市内の釣魚台迎賓館で代表会合および全体会合を開き、「次回協議をできるだけ早期に開催することで合意した」という内容を含む議長声明を採択した。


次回の6者協議は、来年初めに開かれる可能性が高い。


▲「北朝鮮が会談日程の確定に強く反対」〓03年8月から05年9月までに開催された第1~4回6者協議の中で、次回協議の開催時期を決定できなかったのは、第1回協議だけだった。当時、北朝鮮は、米国の「核廃棄優先」の要求に強く反発し、「次回の協議時期および場所を早期に確定しよう」という点にのみ同意した。


したがって今回の第5回協議で、次回協議の時期を決定できなかった決定的な背景も、米朝間の対立にあるという分析が多い。


政府当局者は、「代表会合に出席した北朝鮮側が、協議の開催時期の確定に強く反対した」ことを明らかにした。


北朝鮮側首席代表の金桂寛(キム・ゲグァン)外務次官は、10日に続き同日の代表会合でも、米国が、北朝鮮の海外資金調達の窓口であるマカオのバンコク・デルタ・アジア銀行と北朝鮮との取り引きに制裁措置を加えたことに対する不満をあらわにしたという。


同銀行の北朝鮮の取引口座は、金正日(キム・ジョンイル)総書記の秘密資金の送金窓口および北朝鮮当局が関与した麻薬と骨とう品密売、偽造ドルの流通、兵器の輸出などに利用されたとされる。


韓国側代表の宋旻淳(ソン・ミンスン)外交通商次官補も同日、議長声明が採択された後、「米国の対北朝鮮制裁が、次回協議の日程に影響を及ぼしたのか」という質問に、「会談のテーブルに上がった多くの要素は、すべてつながっている」と、えん曲に認めた。


北朝鮮と米国は、次回協議が開かれるまでに、2国間協議を通じて同問題を論議することを決めた。


一方、年末に集中している各国の主な外交スケジュールも、次回協議の開催時期の論議に影響を及ぼした。


今回6者協議に参加した大半の各国代表団は、来週、釜山(プサン)で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議と、12月12~14日にマレーシアで開かれる東アジア首脳会議(EAS)に参加することになる。


▲ヒル「来年2月は遅すぎる」〓今回の第5回6者協議の主要争点は、北朝鮮が平安北道寧辺(ピョンアンプクト、ヨンビョン)の5メガワット級の原子炉の稼動をいつ中止するのか、ということだった。


全体会合では、この問題は本格的に論議されなかったが、米朝および南北協議で、これについて立ち入った話し合いが行われたという。


米国側代表のクリストファー・ヒル国務次官補(東アジア・太平洋担当)は10日午後、「寧辺原子炉の稼動の中止は、早ければ早いほどいい」と強調した。


宋次官補も、11日の記者会見で、「北朝鮮の核活動のうち、最も目立つ寧辺の原子炉稼動を中止することが、象徴的措置となり、それにふさわしい措置(補償)がともなうべきだ」と述べた。


今回の会談で、各国が、第4回6者協議の共同声明の履行案を、△韓半島の非核化(北朝鮮の核放棄)、△対北エネルギーおよび経済支援、△関連国(米朝、日朝)の関係正常化に分けて論議するという点に、暫定的な意見の一致をみたのは、成果といえる。

ヒル次官補は、次回会談の開催時期を問う質問に、「11、12月は、各国の外交スケジュールがつまっているが、2月は遅すぎる」と答えた。


 どちらの言い分が正しいかは一目瞭然だと思います。それにしてもこんな協議に対しても「成果」を見いだすことが出来るなんて韓国人は何を見ているのでしょう。不思議でしょうがないですね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年11月12日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

中国が経済援助しちゃったから、強気になっちゃったよ金正日。
中国は交渉の障害であることがわかった。

2005年11月12日 worldwalker URL 編集

トラックバックありがとうございます。
またあそびにきます(=^〇^=)

2005年11月12日 ぴかちゅー URL 編集

さいごうさん、タイプミスです。エントリータイトル

× 交代
○ 後退

2005年11月13日 worldwalker URL 編集

worldwalkerさん、
犯罪国家に優しくしては駄目ですよね。

※タイプミスありがとうございます。修正しておきました。


ぴかちゅーさん、
こちらこそありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

2005年11月13日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。