スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ソニーBMG、コピー防止ソフトウェア付きCDを製造中止

 とうとう製造中止になりました。ただ、今まで市場に出回っているCDに対して何らかの対策を取ったわけではありません。

 ・「rootkit」騒動渦中のSONY BMG、XCP技術採用CDの製造を中止(IT Media)

 音楽パブリッシャーのSONY BMGは11月11日、問題となっている音楽違法コピー防止技術を採用しているCDの製造を中止すると語った。

 「SONY BMGは用心のため、XCP技術を含むCDの製造を一時的に停止する」と同社は声明を出した。

 この決定に先立つ10日、SONY BMGのコピー防止ソフトウェアを使いPCの中に隠れて損害を与える最初のウイルスが登場している。

 添付書類を含む大量のメールがハッカーによりばらまかれ、この添付ファイルをクリックするとマルウェアがインストールされる。このマルウェアはSONY BMGのソフトウェア(これも隠れている)を利用して、利用者には見えない状態になる。SONY BMGのソフトウェアは、SONY BMGのコピー保護音楽CDを再生した利用者のコンピュータに既にインストールされている。

 このマルウェアは一見まともに見えるが損害を与え、コンピュータのファイアウォールを取り払い、ハッカーがPCにアクセスすることを可能にする「何か」を含む「トロイの木馬」と呼ばれるプログラムである。

 SONY BMGはコンピュータがウイルスを防ぐことができるパッチを自社のWebサイトで提供している。

 「我々は自社のコンテンツ防止への取り組みをすべての面で再検討するつもりで、今後も引き続き、セキュリティとコンシューマーの利用が簡便になることを自社の目標とするつもりだ」とSONY BMGは付け加えた。

 同社はウイルスがコンピュータに隠れることを可能にする「遮へい機能」を取り除くソフトウェアを提供しているが、このパッチはコピー防止自体を機能停止にすることはない。

 SONY BMGは日本の電機大手であるソニーとドイツのBertelsmannの合弁企業で、セリーヌ・ディオン、サラ・マクラクランをはじめとするさまざまなアーティストがリリースしている最近の音楽CDに、このコピー防止ソフトウェアを加えて流通させていることが、Web上でのユーザーグループによる調べで判明している。

 SONY BMGではこのソフトウェアを備えたCDのタイトルや枚数については公表していない。「XCPソフトウェアはSONY BMGのコンテンツ保護タイトルの中の一部にのみ含まれている」としている。

 SONY BMGのコピー防止ソフトウェアはMacintoshや通常のCDおよびDVDプレーヤーにはインストールされない。

 CDをWindowsマシンに入れると、このソフトウェアはまず自分自身をインストールし、次にコンシューマーの利用を制限し、SONY BMG製ソフトウェアによる再生のみを許可する。

 このソフトウェアはカリフォルニア州でSONY BMGを相手取った集団訴訟を引き起こした。原告側は、SONY BMGはコンピュータシステムの根幹部分に直接寄生し、関連ファイルすべてを隠して削除すると危険をもたらす「rootkit」ソフトウェアをインストールするという事実をコンシューマーに告知しなかったとしている。

 英国のウイルス対策企業であるSophosは10日、このコピー防止ソフトを機能停止させるツールを提供開始した。Check Pointの製品であるZoneAlarmもこのソフトウェアに対抗できる。

 SONY BMGは「当社と我々のアーティストの知的所有権を保護するための重要なツールとして」コンテンツ保護技術を擁護する立場にあると主張している。


 今後どのような形で解決を図っていくのか分かりませんが、このCDを使用して知らない間に危険に侵されているPCはかなりの数に上ると思います。それらに対してWeb上だけでなくいろいろな媒体で危険性を告知するとともに、今後コピー防止技術をどのように図っていくかの再検討をしていく必要があるでしょうね。

 この手の技術は消費者が望むわけもなく、供給側(売り手)の要求に基づくものです。日本国内のavexのCCCD(コピーコントロールCD)での不買運動のように大きな反対運動を起こす可能性もあります。さらにこのCDを使ったPCが脆弱性を持ってしまうということがより反感を買っています。

 本当にコピー防止をしたいのなら著作権付きで圧縮したものだけを売ればよいのに、既存の販売網・既存のオーディオらを活かしつつ著作権だけは守りたいという「既得権益だけは守りたい」音楽業界の構造が見えてきます。

 大きな不買運動でも起こった方が音楽業界も身にしみて分かるのではないでしょうか。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年11月12日 セキュリティ トラックバック:- コメント:4

わっはっは、消費者の敵。

2005年11月12日 worldwalker URL 編集

問題が二元化しつつありますが、ウィルスのようなソフトをばらまいた責任に関しては取って貰わなければなりません。

著作権保護の問題は消費者が判断するでしょう。

2005年11月12日 さいごう URL 編集

 私も一回だけインストールした事があるんですよ。(再インストールしたので消えた)
 だから、ざまあみろですね。
 PS3もこけてほしいです。
よく考えるとDVDのコンプリートボックスとが出来なくなるブルーレイ意味あるんですかね?(失笑)

2005年11月13日 どらっへ URL 編集

どらっへ さん、
コメントありがとうございます。

使った人に見えない形でインストールさせるのは論外ですね。
ブルーレイについては、次世代DVD自体がまだ早いのではないかと思います。

2005年11月13日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。