スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

私的録音録画補償金制度の見直し、2007年まで見送りへ

 個人的な立場としては当然「反対」のiPod課金問題ですが、とりあえず結論は出ないまま2007年まで持ち越されることになりました。

[速報]iPod課金問題、2007年まで見送りへ(CNET Japan)

 文化審議会著作権分科会法制問題小委員会は11月11日、第9回の審議を開催し、報告書(案)について検討を実施した。

 案によると、私的録音録画補償金制度の見直し、いわゆるiPod課金問題について、マルチメディアプレイヤー、汎用的なPCやハードディスクともに「(課金対象とするか)実態をふまえて検討する」としている。

 また、私的録音録画補償金制度そのものについて抜本的な見直しをするとし、政府の「知的財産推進計画2005」に従い、2007年中に具体的な結論を出す。

 当面は現行制度を引き続き運用するが、消費者の理解を深めるため広報活動などにつとめる。また補償金の20%を「共通目的事業」として著作権や著作隣接権の保護、著作物の創作や振興のための事業に支出しているが、これについて理念を見直すとしている。


 ちなみにiPod課金問題とは、PC用のHDDからiPodなどのオーディオプレイヤーなどに対して私的録音録画補償金を徴収するかどうか、という問題です。すでにCD-Rなどには導入されている私的録音録画補償金ですが、なぜこんなお金を徴収しなければならないのか、音楽に使うとは限らないのになぜ強制的に払うのか、といった問題があります。
 
 たぶん今回の見送りはそのような不満がある程度寄せられたからこその結果ではないかと思います。JASRAC(日本音楽著作権協会)が腐りきっているという話は後々記事にする可能性もありますが、とりあえず今回はこれが見送りになっただけありがたい結果だと受け止めます。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年11月11日 IT トラックバック:- コメント:6

著作権使用料を消費者に転嫁したいだけでしょ、アップル。

2005年11月12日 worldwalker URL 編集

Appleはどちらかといえば被害者になる可能性がありますよね。この制度が成立するとiPodの売り上げから一部金額を取られるわけですから。

2005年11月12日 さいごう URL 編集

先送りにしただけで、その間に課金の対象範囲を広げる準備をしてくるかも知れませんよ。実際、ニュースでは「HDDレコーダー(ビデオのやつね)も含めて包括的に見直しを行う」様なことが書いてありましたから、ことは携帯デジタルプレーヤーだけじゃないかも知れません。
私は結論を出せなかった文化庁にも幻滅しています。

2005年11月12日 かず URL 編集

かずさん、
確かにその可能性は大いにありますね。
私的録音録画補償金という訳の分からない制度は早く廃止して欲しいです。

2005年11月12日 さいごう URL 編集

TBありがとうございます。
先送りして、大きな魚を釣ろうとしているのでしょうか?
でも、ネット上の話ですから、もたもたしていると全然話が違ってくるので
取りっぱぐれる可能性もありますね。
これからもよろしくお願いいたします。

2005年11月14日 sambe URL 編集

sambeさん、
どういたしまして。
こちらこそよろしくお願いします。

2005年11月14日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。