スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

加藤紘一氏、東亜日報にインタビュー記事

 東亜日報といえば「大げさ」、「捏造」というイメージですが、今回のインタビューは本当のことを語ったのでしょうか?それとも毎回お得意の「言ってもいないこと」なんでしょうか・・・

 ・「日本の外交、小泉の靖国参拝で不可能に」と加藤紘一氏が懸念 (東亜日報)「残念です。これでは日本の外交活動そのものが、不可能になる恐れがあります」

右一辺倒に流れる日本の政治が、世界の憂慮をあおっているが、保守を標榜する自民党内部にさえ、それを懸念する声もある。


4日に会った加藤紘一(65)元自民党幹事長は、「首相の靖国神社参拝は、周辺国の痛みを思い起こさせる行為だ」とし、日本が、韓国と日本の友好とアジアを重視する外交政策を選択すべきだと力説した。


そして、「日本が、第2次世界大戦で周辺国に被害を与えたことを強く反省し、その反省が表れるように、外交政策を展開しなければならない」とし、最近の状況について非常に憂慮していると述べた。


氏は、自民党幹事長、外相、防衛庁長官など、日本の政界の重要ポストを歴任し、小泉純一郎首相より有力な首相候補に挙げられた人物。最近は、首相の靖国神社参拝、自衛隊の派兵、平和憲法の改憲に反対してきた自民党穏健派の陰の実力者だ。


一時、山崎拓元自民党副総裁、小泉首相とともに自民党改革を主唱する「YKK」と称される政治盟友だったが、最近は小泉首相の外交路線に反対し、関係が遠ざかった。


「韓国や中国が、過去に日本が示してきた歴史についての反省と謝罪以上のものを要求しているとは思いません。日本は、その謝罪と矛盾する行動をしないように注意すべきです。韓国と中国が、過去よりも未来志向的に考えているのに、日本側で過去を想起させるきっかけをつくってはいけません」


氏は最近、山崎元自民党副総裁とともに、靖国神社に代わる「国立追悼施設を考える会」の結成を準備中だ。8日に創立総会を行う予定だが、まだ参加する議員が何人になるかわからないという。


最近、日本の政界が右傾化する理由について、「首相が靖国参拝を続けるという考えだから、影響を受けるところが多い」と述べ、遺憾を表明した。ただ、最近の内閣改編で注目されている安倍晋三官房長官や麻生太郎外相については、「大臣になったのだから、自らの立場を調節し、慎重にしてほしい」として、長い目で見てほしいと望んだ。


このような氏が描く北東アジア関係とは、どのようなものか。


韓国、中国、日本3国を核として、米国、ロシアを入れた形の緩やかな北東アジア安全保障常設機構をつくり、徐々に枠組みを固めなければならない。アジア全体に安全保障構想を拡散させること、これが外交構想の中核になるべきだ。そうするうちに、南北は統一するだろう。もしかすると、思ったよりも早く統一が訪れるかもしれません」


氏は、日本国民の多くは、日本がアジアの国々と仲良くすべきだという考えだと繰り返し述べた。いかなる状況であれ、日本社会の大きな流れは変わらないので、広く長い目で見てほしいという注文をつけた。


約15年前、日韓フォーラムに参加したのがきっかけで、韓国を度々訪れるようになった。今回の訪韓が10度目。加藤元幹事長は、もっと韓国を訪れたいと語った。


 (太字は私が付けました)
 この人はすごいですね。どこの国の人なんでしょう。私も確かに周辺国とは仲良くした方がよいと思いますが、「反日発言によって政権の延命をはかる」国々との正常な関係は望むことは出来ません。まずはそれらを撤回することから始めるべきではないでしょうか。

 ちなみにこの人が「自民党穏健派の陰の実力者」というのはいつの話なんでしょう。私が知る限り「加藤の乱」以降政治の主流というか表舞台に出てきたことはないはずです。まあ、自民党に残っていられるだけでもありがたいくらいの存在ですね。

 それと、この人が考えているという「北東アジア安全保障常設機構」ですが、これはいわゆる「大東亜共栄圏」のことを言っているのでしょうか。今更ながら当時の先進性が認識できたと言うことなんでしょう。
 私は「大東亜共栄圏」が全く正しいと言うつもりはないですが、当時の社会情勢、国際的な環境を考慮すれば必然的に向かわざるを得ない状況だったと思っています。加藤紘一のような人が戦後60年たって当時の発想と同じところにいるというのはちょっと皮肉な話でもありますね。もし、これが「東アジア共同体」のことを言っているなら、この発言自体が「中国から要請されたもの」なんでしょう。(個人的な意見ですが、東アジア共同体は「大東亜共栄圏」を中国なりに焼き直したものでしかないと思っています。)

 で、このインタビューですが、韓国よりのところを少し中国よりにすればいつもの加藤氏の発言と変わりません。まあ東亜日報なりのアレンジはあったにせよ、ほぼ原文通りの掲載のような気がします。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年11月05日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:8

日本の外交活動そのものを不可能にしているのは、他国の内政干渉を許している加藤紘一みいたいな議員たちだっていうこと、この人自身が気付くことは一生ないんだろうなあ(´д`;)

2005年11月05日 worldwalker URL 編集

worldwalker さん、
中国、韓国に対してはっきりとした意志を示さず、そのときだけの対応で済ませてきた当時の政治家(加藤氏も含む)がいたから今のようになってしまったのだと思います。

2005年11月05日 さいごう URL 編集

加藤肛一の乱があった時に潰して再帰不能にしとけばよかったんだけどねw

2005年11月05日 アメックス URL 編集

これは言ってると思いますね。いつまでたってもバカだから、下等という奴は。

2005年11月05日 uratatsu URL 編集

アメックス さん、
いつもコメントありがとうございます。

今回の郵政民営化反対と同じように離党勧告ぐらい出しても良かったんです。

uratatsuさん、
この前はトラックバックさせていただきありがとうございました。
今回のインタビューは本当に言っていてもおかしくないことばかりですね。たぶんほとんど脚色なしでしょう。

2005年11月05日 さいごう URL 編集

泣きながら敵前逃亡した加藤の横で絶叫してたのが、谷垣。

2005年11月06日 あんたが大将 URL 編集

>まずはそれらを撤回することから始めるべきではないでしょうか。

凄く同感です。
何も難しい話ではなく、当たり前ですよね。

2005年11月06日 刀舟 URL 編集

あんたが大将 さん、
そういえば谷垣氏は元加藤派で、今は谷垣派になったんですよね。

刀舟 さん、
中国、韓国、北朝鮮への交流(経済交流も含めて)を考え直す時期にきているのかもしれません。

2005年11月06日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。