スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

北朝鮮、東南アジアに「色仕掛け」飲食点攻勢


 昔は日本からの不正送金によって北朝鮮は潤っていましたが、最近では東南アジアまで手を伸ばしているそうです。

「北朝鮮、東南アジアに色仕掛け外交攻勢」(朝鮮日報)
 「美食と美女で東南アジアを攻略せよ」

 北朝鮮が国際的孤立から脱却するための戦略的外交地域に選んだ東南アジアに、色仕掛けと食べ物を前面に出した外交攻勢を積極的に展開していると、香港「亜洲週刊」最新号が30日報じた。

 2000年、ASEAN地域フォーラム(ARF)に加盟して以来、東南アジア各国と親善外交を強化する一方、外貨稼ぎに乗り出し、“一石二鳥”の効果を上げているという。

 北朝鮮国営の朝鮮国際旅行社が2003年10月、10万ドルを投資し、ベトナム最大都市のホチミンに「平壌大同江(ピョンヤンテドンガン)」という北朝鮮飲食店をオープンしたのがそのはじまり。2か月後、世界的遺跡地であるアンコールワット寺院が位置するカンボジアのシエム・リアップに「平壌冷麺」がオープン、引き続き首都プノンペンと「カンボジアのハワイ」と呼ばれるコンポン・ソムにも、北朝鮮飲食店が次々とオープンした。

 今年8月末は、ラオスの首都ビエンチャンに「朝鮮民族料理」という飲食店がオープンし、ここ2年間、5つの北朝鮮飲食店が新たにオープンした。ビエンチャンには、ラオスとの文化交流協定によって北朝鮮テコンドー道場とハングル学校も運営している。

 北朝鮮飲食店の共通点は、およそ10人の美女からなる歌舞団が客に無料の公演を披露することだ。韓流の人気に便乗し、韓国の歌謡曲はもちろん、『?蜜蜜』、『月亮代表我的心』など、中国の曲も歌って人気を集めている。

 亜洲週刊は、「北朝鮮食堂は金日成(キム・イルソン)、金正日(キム・ジョンイル)父子の肖像画もかけておらず、焼肉、参鶏湯、開城(ケソン)人参茶などの独特の食べ物で、北朝鮮文化の裾野を広げ、現地の人々や観光客に好評を得ている」と報じた。

 また、北朝鮮は最近タイやシンガポール、台湾などに特約旅行代理店を設立し、観光客の誘致に全力を傾けている。

 しかし、タイは北朝鮮の飲食店開業の届け出を「社会安全上」の理由で引き続き取り下げており、日本の外交官はこれらの飲食店が、「色仕掛け」を利用した北朝鮮の情報活動の根拠地である可能性があると疑っていると亜洲週刊は報じた。


 日本には朝鮮総連系列の店は他の国以上に浸透しており、特に焼き肉屋、パチンコ屋、消費者金融などに総連系の店が多いのは周知の事実です。今のあるかどうか知りませんが、一部の焼き肉屋では「金日成」の肖像画が飾られていたのですぐに分かりました。
 
 今までは日本の朝銀を使って北朝鮮に不正送金されていましたが、破綻したため北朝鮮への資金の流出はかなり減ったと聞いています。しかし、ハナ信用組合など事業譲渡された信用組合からの不正送金はまだされているという疑惑もあります。
 
 こうした日本からの資金が減っているということもあって、東南アジアに飲食点攻勢を仕掛けているのでしょう。日本からの不正送金も含めて北朝鮮の政権延命のための資金を流入させないように東南アジアにも協力してもらう必要があります。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年10月31日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

わっはっは、タイ政府Good Job!!!!!!

2005年10月31日 worldwalker URL 編集

 北朝鮮の下半身外交だな。品格と言う言葉を知らんらしい。

2005年10月31日 どらっへ URL 編集

worldwalkerさん、

どらっへ さん、

コメントありがとうございます。

北朝鮮の「下半身外交」に簡単になびいてしまった国が韓国ですね。韓国はアジア大会での美女軍団の来訪を期に世論が変わってしまいました。

2005年10月31日 さいごう URL 編集

このコメントは管理者の承認待ちです

2009年05月18日 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。