スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

携帯電話向けフルブラウザ「SCOPE」社長は大嘘つき

 今日CNET Japanで、携帯電話向けフルブラウザ「SCOPE」の作成元であるプログラマー図ファクトリ代表取締役社長の小林 将之氏のインタビューが掲載されていました。

 みなさんの中でご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、「SCOPE」はバージョンアップでメール送受信機能を搭載したのですが、その機能を使ってメールをチェックし、次のページに行くと「メールアカウント」と「パスワード」が漏洩してしまうという欠陥がありました。

 その欠陥を持つバージョンはすぐに更新されたのですが、この件に関してメールで問い合わせをすると受信拒否にされたり、掲示板に書き込むとすぐにアクセス禁止にされて書き込みを削除されたりしていました。

 今回のインタビューでその漏洩問題について少しでも事実が判明することを期待して記事を読んだのですが、この期に及んで嘘で誤魔化そうとしています。  まずはCNET Japanのインタビュー記事と漏洩問題をまとめたサイトの紹介をします。この問題を今知った方は、まずインタビューの記事を呼んでからまとめサイトをご覧になることをおすすめします。


 ・「フルブラウザには需要がない」--Scope開発者が激白(CNET Japan)

 ・携帯向けインターネットブラウザScope - 情報漏洩問題まとめ

 インタビュー記事を読んだ方はかなり違和感を感じたのではないでしょうか。この問題を意識的に過小評価し、言及まで避けているのですが、他の点でも一貫性がなくなってしまっています。

 例えば漏洩問題から比較的遠いところから行くと・・・


 「今回の騒動があったからといってScopeのダウンロード数やアクセス数は落ちていないんです。むしろ、騒ぎになることで逆に伸びていて、リリース以降最高のアクセス数を記録しています。」

 とアクセス数は伸びていることを強調していますが、次の回答で、


 「リリース当初の反響を見ると、いけると思ったんです。でも実際は、その後のダウンロード数は期待したほど伸びていません。」
 ってどっちが本当なんでしょう?さらに、


 「--2ちゃんねるを中心に、Scopeのメール送受信機能による個人情報漏洩疑惑が大きな議論となっています。実際のところ、この問題は本当に起きたのでしょうか。 」
 という問いに対して

 「この件について、当社では一切コメントするつもりはありません。ただ1つ言えるのは、ユーザーの方から実際に被害があったという報告は受けていませんし、現在当該バージョンを使っても、指摘されたような問題は起きません。」

 と答えていますが、まとめサイトの人たちが一生懸命取り上げたり、IT MediaやケータイWatchの取材に関してはどのように考えているのでしょう?

 SCOPEを愛用している方には申し訳ないのですが、このような問題のあるSCOPEは今後とも信用して使うことはないでしょう。私の記事を見てでも、まとめサイトを見てでも何でも結構ですからこの件に関してみなさんに知ってもらいたいと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年10月25日 携帯電話・PHS トラックバック:- コメント:10

ええかげんな会社のええかげんな商品。

2005年10月26日 worldwalker URL 編集

なんだか、これこそ 「矛盾」といった感じですね…

2005年10月26日 フレア URL 編集

worldwalkerさん、
フレア さん、

コメントありがとうございます。
最初は携帯電話向けブラウザとして、しかも無料で使えるので注目度は高かったので私も期待していたのですが、この件があって一気に信用を無くしましたね。

今は一人でも多くの人にこのことを知ってもらいたいです。

2005年10月26日 さいごう URL 編集

しかし、こういうことを言われると本当にがっかりします・・・
社長が言うなやって感じですね(゚▽゚*)

2005年10月26日 Sho_rin URL 編集

 何を考えて今回の一連の行動に及んだんでしょう?
 誤魔化せると思ったんでしょうか。

2005年10月26日 さいごう URL 編集

困った問題、インタビューに答えるなら責任者に聞いてから出てほしかった。
怠慢ですよこの顔写真の人!二度とアクセスしたくないサイト!ですね。

2005年10月28日 45gs URL 編集

 インタビューの答えに傲慢さがありありと出ています。こんな人を信用するというのが無理な話ですね。

2005年10月28日 さいごう URL 編集

漏洩は漏洩でも、偶発的予測不可能な事故であったのなら真実を隠す事なく公表し影響を受けたと思われるユーザに対しては注意を促す個別対応や影響の範囲が追跡できないのならできないなりに、経緯の説明・問題発覚からの対応を時系列で公開。価格.comの対応の様に・・・。そして、何より謝罪する事が必要だったのに、仮に今更謝罪しようと時既にだわな。そして今回、支離滅裂・突込みどころ山盛りな矛盾だらけのインタビュー記事を読み呆れる以前に、よくも恥ずかしげも無く顔が出せるなと。その後は利用していないしサイトにも行かないので知らないのですが、結局、現行Verでは不具合を修正してメール機能は実装してるのかな?

2005年11月02日 元、ユーザ URL 編集

矛盾とは、この様なものを指しますの例文ですかね?

「この件について、当社では一切コメントするつもりはありません」
「ユーザーの方から実際に被害があったという報告は受けていません」
「現在当該バージョンを使っても、指摘されたような問題は起きません」

その回答は、質問通り「実際のところ、この問題は本当に起きました。けど言わないよー。」と言ってるんですよね?? そして、問題は被害の有無では無いだろうと。
実被害が無いのなら補償問題になるでもなし無償ソフトなら尚更。
事実を隠ぺいしたり、謝らない事で信用を失った事に未だ気付かぬ代表。
その下で働いてる人も気分悪いだろうなぁ。会社存続すら危うい訳だし・・・。

大体、ユーザの意見・要望くらい代表自ら目を通せっちゅーの!!

2005年11月02日 元、ユーザ URL 編集

 元、ユーザ さん、

 コメントありがとうございます。
 今のバージョンは不具合を修正したもので、メール機能を実装しています。

 元、ユーザ さんのお考えには全面的に賛成です。トップに立つ人が「知りません」で済むのだったらトップなどいらないでしょうね。

2005年11月03日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。