スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中国・韓国とも靖国神社参拝に理解を示す姿勢?

 今週になってから靖国神社参拝に関して、中国や韓国にただ反対するだけでなく、議論の場に立とうとする姿勢が出てきているようです。  

首相靖国参拝 「反日」抑制、現実対応に 中国、経済交流の拡大重視(産経新聞)
 小泉純一郎首相が靖国神社を参拝した翌十八日、中国外務省の孔泉報道官は定例記者会見で、日本の主要なメディアは、産経新聞一紙を除き、参拝を批判ないし否定的態度を取ったと述べた。「民意を侮るな」「持ち上げた石を自分の足の上に落とす」との表現まで使った外務省声明がメディアに理解されたことを誇っているように見えた。
 しかし、メディアの論調が「民意」を反映しているとは限らない。
 朝日新聞と共同通信の世論調査では、「参拝してよかった」が「すべきでなかった」を上回った(朝日は42%対41%、共同は48・1%対45・8%)。参拝支持の理由で「他国に影響されるべきではない」が共同では一位(53・1%)、朝日でも二位。中韓の強硬態度が反発を招いたことを示した。
 両社の世論調査結果は、中国では報道されなかった。小泉首相の参拝は「日本国内でも強烈な反対を受けた」(「人民日報」「解放軍報」の評論)としてきたからだ。
 メディアが政府の統制下にある中国では、記事の扱いは政府の方針を反映するが、今回は抑制ぶりが目立った。今春の日本の国連安保理常任理事国入り反対やその後の抗日戦勝六十周年でのキャンペーンとは比べるべくもない。
 日本のメディアや与野党の政治家らは、日中関係への悪影響を懸念し、反日デモ再発まで警戒した。中国の意図、国内事情への理解不足に基づく過剰な反応といえる。
 中国共産党中央学校党史研究室の林暁光研究員は産経新聞とのインタビューで、実務関係への影響はほとんどなく、大規模な反日デモ再発の可能性も否定した。林氏は参拝を批判したが、「胡錦濤政権が国内のインターネット世論と軍の圧力を受け、対応に苦慮していることを理解していない」という理由だった。
 日本側には「中国は一枚岩」との誤解が生じがちだが、社会が多元化、省庁間や地方間の利害関係も複雑化した現在、そんなことはありえない。今春の反日デモの後、国内圧力に弱い中国外務省が、デモを容認する態度を表明したことが反発を受けたのは一例だ。
 日本の観光客が激減、ビジネスに影響が出始めると、商務省当局は激怒したといわれ、薄煕来商務相が日本関係企業による中国人雇用者は九百二十万人などの数字を挙げてデモ抑止を訴えた。首相の参拝継続で首脳の相互訪問は途絶えたが、経済関係は拡大を続け、政府間交流にも支障がないのも、靖国批判の看板と現実的利害は別という中国の現実主義による。
 今回、中国は、町村信孝外相の訪中や東シナ海協議の延期を表明したが、国内の圧力が依然強いことの反映とみてよい。しかし、核問題の六カ国協議やアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議を来月に控え、対日協議を拒否し続ける可能性はまずない。官民とも日中の利害関係はあまりにも深いからだ。


 
 

韓国外相、週内に来日へ=関係改善へ外相会談(時事通信)

 小泉純一郎首相の靖国神社参拝を受け、来日の先送りを表明していた韓国の潘基文外交通商相が今週中に日本を訪問することが24日、固まった。日韓両政府が日程を最終調整した上で、同日午後に発表する。外務省筋が明らかにした。潘外相は町村信孝外相らと会談、日韓関係の改善に向けて意見交換するとみられる。
 日韓外相会談は、27日の開催で日韓間の調整が進められていた。しかし、17日の首相の靖国参拝を受け、潘外相が定例記者会見で自ら「現在のような状態で日本訪問を推進するのは適切でない」と、訪日見送りの方針を示していた。


 中国の政治体制に関しては色々な説が言われていますが、一党独裁というイメージが強すぎるため、反日デモに関しても「制御しきれていない」という人もいたり、「あれはあくまでも政府(党)の主導によるものだ」と言う人もいたり様々です。
 
 私の考えはあくまでも「政府(党)の扇動」によるものであるが、「政府(党)が一枚岩ではない」と思います。今まで中国政府は、国民の不満を日本への憎しみへと転化させることによって政権の延命をはかってきました。ところが、日中経済関係の緊密化により、一部の中国人(特に経済に従事するエリート)は「反日」だけでは今後政権維持が成り立たないことに気付き始めています。また、日本の企業は「反日デモ」にさらされるリスクを回避するために東南アジアやインドなどに拠点を移し始めています。そのため中国の経済成長には日本が必要だからこそもっと反日姿勢を抑制しようという論調が形成されつつあります。
 
 もちろん伝統的な反日姿勢は外交部などを中心に残っています。孔泉報道官の発言や在日中国大使館の王毅大使の発言を見てもよく分かると思います。彼らは伝統的に「表面的に強気の姿勢」を出し、「内々に妥協案を見いだす」外交しかしてきていないように思います。
 
 まだまだ伝統的な反日姿勢は消えることはないと思うので、日本と中国の根比べのような状態が当分続くのではないでしょうか。日本にとって大事なのはそこで相手の案に妥協してしまうことではなく、自分たちの考えをちゃんと伝えることだと思います。
 
 
 韓国に関しては、よく分かりません(笑)たぶんこのまま日本に無視されるよりは、日本に反省させる余地を残してあげようという「寛大な判断」なんでしょうか。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年10月24日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:7

初めまして、youと申します。

>韓国に関しては、よく分かりません(笑)たぶんこのまま日本に無視されるよりは、日本に反省させる余地を残してあげようという「寛大な判断」なんでしょうか。

むしろ、大統領辺りが暴走して「国交断絶!」とか叫んで欲しかったのですが、残念です。
まあ、大使との意思疎通すら図れていない韓国外交筋の弱さを見られたという点くらいでしょうか、今回は。

2005年10月24日 you URL 編集

初めまして、まると申します。

靖國カードの無効化に成功しましたね、素晴らしい。
いちいち相手にせず、毅然とした態度でスルーすればいいのだ、ということを
わが国の国民にも、特定アジアにも見せつける結果となったことは喜ばしい限りですね。
今後もこの路線でガンガン進めていってほしいものです。

2005年10月24日 まる URL 編集

you さん、はじめまして、今後ともよろしくお願いします。
韓国は今回の件で外向的な弱さを露呈しましたね。それとも何かの考えがあるんでしょうか。


まる さん、はじめまして、今後ともよろしくお願いします。
もともと靖国神社参拝を外交カードに使おうとする中国・韓国に無理があるのでは・・・なんて思ってしまいます。
どちらにしろ良かったです。

2005年10月24日 さいごう URL 編集

さいごうさんTBありがとうございます!

>韓国に関しては、よく分かりません(笑)たぶんこのまま日本に無視されるよりは、日本に反省させる余地を残してあげようという「寛大な判断」なんでしょうか。

日本に依存し、日本と対比し、日本を憎むことでしかアイデンティティを感じられない南朝鮮の人々がどうして日本に無視されてだまっていましょうかw
日本人はもう負い目を感じる必要がないくらい、彼らの言い分を十分すぎるほど甘受しましたから、「技術立国」と「そのおこぼれを頂戴する国」という2つの国家として外交に臨んで欲しいですね。(日本にとって南朝鮮である必要はないが、向こうは日本でないとダメ)

2005年10月24日 dktnh URL 編集

dktnhさん、コメントありがとうございます。
私も溜飲が下がる気持ちですが、韓国には「できの悪い弟」を見るような気持ちで暖かく見守ってあげましょう(笑)

2005年10月24日 さいごう URL 編集

さいごうさん情報ありがとうございます。記事に追加しました。
http://ameblo.jp/worldwalker/entry-10005449457.html

2005年10月25日 worldwalker URL 編集

どういたしまして、ちょうど同じようなところに興味があったものですから(笑)

2005年10月25日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。