スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

鈴木宗男氏、外務省と対決開始?

 もうまさに始まろうとしているみたいです。すでに第一ラウンドと言っても良いかもしれません。  

宗男vs外務省の攻防再び、“臨戦態勢”に入った両者(読売新聞)

 新党大地の鈴木宗男衆院議員が、外務省を狙い撃ちにした質問主意書を相次いで提出し、外務省が対応に追われている。

 3日の「アイヌ民族の先住権」に関する質問を手始めに、質問主意書の提出は既に6件に上る。

 政府が18日に閣議決定した外務省の在外職員の住居手当に関する答弁書によると、今年度の住居手当予算総額は2813人分で81億4649万2000円。答弁書は支出は「妥当」などとしたが、細田官房長官は同日の記者会見で「精査してみる必要はある。過大な予算であれば削らなければならない」と述べた。

 鈴木氏はかつて、「不適切な関係」が指摘されるほど、外務省の内情に通じている。それだけに外務省は、鈴木氏の議員復帰後、「会食は当面辞退」「やりとりは文書で報告」などと定めた対処マニュアルを作成し、ピリピリしている。

 鈴木氏は「外務省と戦うつもりはない。情報開示を促し、税金の無駄使いをやめさせたいだけだ」と語り、今後も追及を続ける考えで、両者の攻防は当分続きそうだ。


 はっきり言ってこの人は外務省と対決するために国会議員に返り咲いたと言ってもいいのではないでしょうか。

 私は外務省が好きではないのでどんどん追求していただきたいのですが、それにしても早く国会の場で外務省の役人を追及する場を見てみたいものです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年10月18日 政治 トラックバック:- コメント:3

先程は、コメント有難うございました。
ブログを通じて、こうして意見交換やコミュニケーション、また勉強も出来て、とても嬉しいです。いつもお気遣い有難うございます。
ぜんぜん気にしてませんよ~。
TB出来なくても、コメントで意思表示できますからね。
WWさんにも、その旨コメントしておきました。
これからも楽しく共有させて下さい。
1票入れてまた明日来ます。

2005年10月19日 KNTY URL 編集

ムネオまた大暴れするね(笑)

2005年10月20日 worldwalker URL 編集

 私はどちらの味方をするわけでもありませんが、外務省の方針には疑問を抱くところが多いです。そのため鈴木宗男氏には頑張っていただきたいです。

2005年10月20日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。