スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

特許権訴訟でジャストシステムの勝訴が確定

 松下の去就が注目されていたのですが、とうとう上告しないことが確定し、これをもってジャストシステムの勝訴も確定しました。  ・ジャストシステムの勝訴が確定--松下は期限までに上告せず(CNET Japan)

 ・一太郎のヘルプボタン訴訟、ジャストシステムの勝訴が確定(RBB TODAY)

 ・「一太郎」のアイコン訴訟、ジャストシステムの勝訴が確定(INTERNET Watch)

 ・「一太郎」訴訟、ジャスト勝訴が確定 松下控訴せず(IT Media)

 

ジャストシステムは10月17日、松下電器産業と争っていた「一太郎」などをめぐる特許権侵害訴訟で、同社勝訴とした知的財産高裁の判決が確定したと発表した。松下は、上告期限の10月14日までに上告を行わなかった。

 訴訟は、松下がジャストの「一太郎」「花子」に特許権を侵害されたとしてソフトの製造販売中止などを求めたもの。一審の東京地裁判決は松下の主張を認め、ジャストに製造販売中止などを命じたが、9月30日の知財高裁判決は松下の特許権自体を無効とし、請求を棄却した。

 松下は10月11日、「ソフトウェア製品も特許権を侵害しうる、という当社の主張を認めている部分で評価できるため、判決を受け入れることにした」と、上告を断念する意向を示していた。(IT Mediaより引用)


 ジャストシステム側は松下が上告するかどうかひやひやしていたでしょうね。しかしこうした知的財産権に関する裁判は今後さらに増えてくると思います。

 多分松下は今回の件をテストケースと思っていたのかもしれません。「今後ソフトウェアの権利がどこまで認められるのか」、それは判例の積み重ねによってはっきりしてくるでしょうから、今回はその判例を作っただけなのかもしれません。

 私個人的な考えですが、これからは経済成長していく国々に日本が対抗する力のうちひとつがこの「知的財産権」だと思います。だからこそこれからは日本が「知的財産権を重視」する姿勢を国内外に示してもらいたいと思います。

 今回はそういった意味でよい判例となったと個人的に思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年10月17日 知的財産権 トラックバック:- コメント:4

一太郎も花子もこれでほっとしただろうな(笑)

2005年10月17日 worldwalker URL 編集

 使えなくなるのも私としては困ったことですが、ATOKが使えなくなるともっと困ったことになってしまいます(苦笑)

2005年10月18日 さいごう URL 編集

ATOKを使ったことがない。オレって未体験のモノが多いな(笑)

2005年10月18日 worldwalker URL 編集

 最初に日本語入力(FEP)で使ったのがATOK7(?)だったと思います。それ以来MS-IMEは使いにくくてあまり使わないです。

2005年10月18日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。