スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

小泉首相、靖国神社参拝へ(結局行きましたね)

 もう皆さん記事にしている方が多いと思いますが、私も思うところがあったので小泉首相の靖国参拝について追記しました。

小泉首相が靖国参拝へ 中韓の猛反発必至(共同通信)

 小泉純一郎首相は17日午前、東京・九段下の靖国神社を参拝する。首相周辺が明らかにしたもので、2001年4月の首相就任以降、5回目。中国と韓国は靖国神社にA級戦犯が合祀(ごうし)されていることを理由に、参拝中止を強く求めていた。両国の激しい反発は必至で、一層の関係悪化は避けられない。
 衆院選での圧勝を受け、与党内では首相の年内参拝は確実との見方が強まっていたが、高裁レベルで首相の参拝を憲法違反とする判断も出ており、波紋を広げそうだ。
 首相は、就任以来「過去の戦没者を追悼する自然の気持ちと、二度と戦争を起こしてはいけないという不戦の誓い」との理由で、毎年1回の靖国参拝を続けてきた。



 関係悪化といえば、小泉首相は終戦記念日に参拝することを「妥協」しているのを忘れてはいないでしょうか。中国・韓国は自分たちの引き際というものを考えたことがあるのでしょうか?

 ところで、いい加減うんざりしてきたんですが、マスコミは何で「違憲判決」というのでしょう?裁判官の考え(判決の前に自分の考えを述べる傍論)がいかにも「裁判所の判決」のようになってしまうのはとても不思議ですね。マスコミの知識のなさか、意図的な言論操作かどちらでしょうね。


17日(月)18:45追記:
 全然リンクできていませんでしたので修正しました。結局小泉首相は参拝を行ったので、それに関しての記事を追加する予定です。

17日(月)22:15追記:
 小泉首相は靖国神社へ参拝を行いました。その件に関しての記事はこちら。

 

小泉首相、5度目の靖国参拝 秋季例大祭(産経新聞)

 小泉純一郎首相は十七日午前、東京・九段の靖国神社を今年初めて参拝した。靖国参拝は就任以来五回目で、首相は黒のスーツに淡いブルーのネクタイ姿で公用車で秘書官を伴って到着。拝殿正面の賽銭(さいせん)箱にポケットから賽銭を投じ、一般の参拝客と同じ略式の本殿には上がらない「自由参拝」(拝殿前参拝)形式をとった。私的参拝を強く打ち出した形となったが、参拝中止を求めていた中国や韓国の反発は必至だ。
 首相は十七日昼、首相官邸で開いた政府・与党連絡会議で「国民の一人として心を込めて参拝した。二度と戦争を起こしてはならないという不戦の決意で参拝した」と説明。公明党の神崎武法代表は、事前に連絡がなかったことに不快感を表明し、靖国神社に代わる国立の追悼施設建設の調査費計上を求めた。
 細田博之官房長官は記者会見で「首相の職務による参拝ではない。首相がかねがね話している通り、私的参拝だと考えている」と述べた。
 首相は午前十時過ぎに靖国神社を訪れ、歩いて拝殿の前に進み、一礼したあと、両手を合わせて黙祷(もくとう)、再度一礼した。本殿には昇らず、記帳もしなかった。この日の参拝に踏み切ったのは、靖国神社の最重要行事である秋季例大祭に合わせたもので、郵政民営化法が十四日に成立し、内政の重要課題にひと区切りついたとの判断がある。衆院選で大勝した勢いを背景に、外交日程が立て込む前に参拝しておいたほうが中国や韓国の影響を最小限に抑えられるとの読みもあったようだ。
 首相は過去四回の参拝では、参拝の形式が私的か公的かを明確にしていなかったが、国会答弁などで私的参拝であることを強く示唆。首相の参拝をめぐっては、先に大阪高裁が違憲性を認定したが、東京高裁は憲法判断を回避していた。


 皆さんの中で参拝の様子をテレビで見た方はいらっしゃるでしょうか?私はたまたまテレビがついていたのでリアルタイムで見ました。

 私は首相の「私的参拝」を強く打ち出した今回の参拝は、「外相会談に向けて中国と妥協の上でこのような形になった」と思っていました。

 しかし結果的に私の考えは違うことが証明されてしまいました。その件に関しての記事はこちら、

 

中国、外相会談を拒否 靖国参拝で影響拡大(共同通信)
 小泉純一郎首相が17日、靖国神社を参拝したことで、A級戦犯の合祀(ごうし)を理由に参拝中止を求めていた中国政府は李肇星外相が北京の中国外務省に阿南惟茂中国大使を呼び、抗議するなど反発を強め、23日で調整していた日中外相会談の開催を取りやめた。韓国政府も12月に予定していた日本での盧武鉉大統領との首脳会談の延期を示唆するなど波紋が広がった。
 首相は17日、官邸で記者団の質問に答え、中韓両国の批判に「心の問題に他人が干渉すべきではない。外国政府がいけないとか言う問題ではない」と反論したが、中国との東シナ海のガス田協議や、11月中旬に韓国・釜山で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議などを控え、首相自らが両国との関係立て直しの道を閉ざした形だ。中国の王毅、韓国の羅鍾一両駐日大使は同日夕、外務省で町村信孝外相と会談し、遺憾の意を伝えた。


 まあ、この結果はしょうがない(予想できた結果)として、ならばなぜ小泉首相は一般人と同じ形で参拝を行い、ズボンのポケットから小銭を取り出すという少々貧乏くさいやり方をしなければならなかったのでしょう?

 小泉首相は総裁選立候補時に靖国神社参拝を公約として掲げましたが、それは今回のように「私的参拝」を強調する形で行われると誰が想像したでしょう?私は自民党員ではありませんが、総裁選の公約にするということは、「自民党総裁として参拝」し、そして「日本という国のリーダーとして参拝」することを皆が期待したのではないでしょうか。

 私は今回の参拝にちょっとだけ失望しました。ただ、参拝していただいたことは同じ日本人としてすごくうれしいです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年10月17日 靖国神社 トラックバック:- コメント:7

私は『違憲判決』報道は意図的だと判断します。
主文以外での発言は、判決ではないのは常識です。
もし『知らなかった』などと言うのであれば、マスコミとして失格だと思います。

2005年10月17日 yamato URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2005年10月17日 編集

yamatoさん、
毎回コメントありがとうございます。
意図的であればなおさらたちが悪いですね。
ますますマスコミが信用できなくなってきます。

2005年10月18日 さいごう URL 編集

まあ私の場合は狙ってエントリーしたわけですが、やはり「違憲判決」に惑わされている人が大勢いますね。
ただ・・・自民党総裁として簡略な参拝ではなく、真っ当に参拝してほしかったのは事実です。

TBありがとうございました。

2005年10月18日 彩庵 URL 編集

先日はTBいただきありがとうございます。

靖国外交カードを無効にするという意味ではやはり終戦記念日に公式参拝してほしいものです。
少々乗り遅れ感はありますがTBさせていただきました。

2005年10月18日 vmax-ndv URL 編集

例え、法的拘束力のない傍論であっても、行政のトップとしては、三権分立の原則から、司法判断に配慮せざるをえないのではないでしょうか?

日本の不幸は、亡国を狙う左翼勢力がマスコミや教育界だけでなくて、裁判官にまで侵食していることだと思います。

今後は
憲法改正→総理による堂々とした靖国公式参拝
を果たして欲しいです。

2005年10月18日 青い炎 URL 編集

みなさんコメントありがとうございました。

彩庵さん、
「違法判決」ではなくて、判決自体は「控訴棄却」なのになんでマスコミはそこを隠すように報道するのでしょうね。

vmax-ndv さん、
トラックバック大歓迎です。
私も終戦記念日に参拝して欲しいと思いますが、例大祭も大きなイベントですのでそれも結構なことだと思います。

青い炎 さん、
確かに配慮は必要ですね。私も憲法改正には賛成です。心置きなく参拝できるようにして欲しいです。

2005年10月18日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。