スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「Yahoo!コンテンツストア」新設、ナンバーポータビリティ対策か?

 Yahoo!がコンテンツに力を入れたら携帯電話の公式メニューはいらなくなるかもしれません。 ・携帯コンテンツ課金の“中心”狙うヤフー(IT Media)

携帯電話業界の新覇者へ--ヤフー、「Yahoo!コンテンツストア」新設(CNET Japan)
 ヤフーは10月13日、PCや携帯電話などの端末向けに開発されたデジタルコンテンツの決済代行サービスへ本格参入したと発表した。「Yahoo!コンテンツストア」のPC版と携帯電話版(http://contentstore.mobile.yahoo.co.jp/)を新設し、複数のコンテンツプロバイダのコンテンツを販売する。

 Yahoo!コンテンツストアは、占いやゲーム、電子書籍などのエンターテインメントコンテンツや金融情報などのビジネスコンテンツなど、10月13日現在で59社が提供する17カテゴリ120タイトルの携帯電話向けコンテンツを提供する。今後コンテンツは拡充していくが、2006年をめどにPC向けコンテンツも提供する。

 コンテンツの閲覧や検索、購入手続きは、一部を除いてPCと携帯電話のどちらからでもでき、Yahoo! JAPAN IDを取得している利用者であればオンライン手続きだけですぐに購入できる。支払いは「Yahoo!ウォレット」を使う。


 普通電話料金と一緒に課金されるシステムの方がいいと思われますが、ナンバーポータビリティが始まってしまえばキャリアを変える人が増えます。その人たちに「今までと同じような使い勝手」と「購入したコンテンツを引き継げるか」というところでメリットを出せるのではないかと思います。
 
 ちょっと話はずれますが、携帯電話の規格は独自のものが多いです。これからはナンバーポータビリティに併せて「規格の統一」を進めて欲しいと思います。特にメールと着メロはどんな機種に変更しても引き継げればありがたいです。(個人的に着メロは使いませんが)
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年10月14日 IT トラックバック:- コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。