スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

野田聖子、敗北宣言(10/29更新)

 特別国会の首相指名では小泉に投票し、その時点で事実上敗北を認めたようなものですが、今回郵政民営化に賛成に回ったことによって完全に敗北を認めました。  ・郵政法案に賛成、野田聖子議員が会見で表明(読売新聞)
 ・<郵政民営化>野田聖子氏 法案に賛成の意向(毎日新聞)
 ・野田氏が郵政法案賛成を表明=反対の主張「完敗」(時事通信)
 ・野田聖子氏も法案賛成へ 「反対の政治主張、完敗」(共同通信)

野田聖子(写真は当選時のものです、まだ1ヶ月経ってないんですね(笑))

 野田聖子・元郵政相は9日、岐阜市で記者会見し、通常国会で反対票を投じた郵政民営化関連法案について、今国会では賛成する考えを表明した。

 野田氏はまず、用意した原稿を読み上げ、「衆院選の結果、郵政民営化の実現を唯一の争点とした自民党候補が大量当選を果たした。法案が完璧でなくても、民営化のスピードを上げろという国民の声と理解した」と方針転換の理由を説明した。さらに、「法案反対という自らの政治的主張は完敗したことを認めたい」と神妙な表情で語った。

 野田氏は先の衆院選で自民党の公認を得られず、無所属で出馬して当選した。これに関連し、自民党離党の可能性を聞かれた野田氏は、「今、自民党員であり、党紀委員会を静かに見守りたい」と述べ、処分は受け入れるが、自ら党を離れる考えはないことを強調した。ただ、支部長を務めていた衆院選挙区支部の解散については、「やむを得ないことだ」と語った。

 一方で、野田氏は「(通常国会での反対を)後悔はしていない。真剣に勉強した結果の、正直な行動だったと今でも信じている」と言明し、「法案は完璧でなく、(民営化までの)10年の移行期の間に、よりよいものを目指して力を尽くしたい」と述べた。



 野田聖子議員が自民党を除名になろうがどうでもいい話なんですが、党を二分してしまった責任をどうやってとるのでしょう?県議会議員レベルでもかなり郵政民営化反対議員についた人たちがいるわけですから、彼らの処遇についても彼女は責任を持てるのでしょうか?ひょっとして自分の除名を免れたいためだけに「郵政民営化賛成」に回ったのでしょうか。

 自民党に残ったとしても私は彼女を信用することはできません。


 10/29更新:
 とうとう離党が決まりました。その件に関して新しい記事を書きました。

 野田聖子離党へ、でも未練たらたら(当ブログ記事)

 もう彼女にはあきれすぎて言うこともありません。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年10月09日 政治 トラックバック:- コメント:13

TBありがとうございます。
賛成に転じた人達はほとぼりさめて忘れられた頃に
ひっそりと復党している可能性があるのかなと思っています。
その時は、民主党にとって悪い話題を作り上げてその裏で、、、
いつもと同じように、、、

2005年10月09日 ひらりーまん URL 編集

はじめまして。「シンプルなウェブログ」管理人の東松島かろかっくと申します。
今回の野田氏の一連の行動には「信念」がないですね。「政局論」だけで動いた
結果が、この「敗北宣言」につながったのでしょう。政治を「自らの権力獲得」の
ためのゲームと捉えていたツケが、今回まわってきたものと思われます。
それでは失礼致します。

2005年10月09日 東松島かろかっく URL 編集

いい忘れましたが、TBありがとうございました。

2005年10月09日 東松島かろかっく URL 編集

あれで、女性首相候補と持ち上げられていたのだから、笑います。まだまだ未練があるようですが、とっとと専業主婦になって子供造れとセクハラ発言したいところです。してる?してます!
女性を含めてもう彼女には信任いかないでしょうね。あさはかな行動でしたね。

2005年10月09日 hironagano URL 編集

TBありがとうございます。
もったいぶってこの結末。
信用はなくなったでしょうね

2005年10月09日 がちゃえもん URL 編集

早く止めて欲しいのは財投債発行やね。。

2005年10月09日 CCNP URL 編集

TBどうもありがとうございました。
法案反対を貫いての選挙戦は、それなりに感心していたものですが、
以前から野田氏には、何となく胡散臭いものを感じていたので、
あまり好きになれませんでした。
ですから今回の変節は「やっぱり」というのが正直なところなのですが、
まあ、投票した有権者や、リスク承知で応援にまわった県連たちに
どう申し開きするのでしょうかね。ちょっと見ものです。
今週号の週刊文春や新潮がどのような論調で記事にするのかも楽しみです。

2005年10月10日 てっけん URL 編集

全く、同感です。

2005年10月10日 おーちゃん URL 編集

「衆院選の結果、郵政民営化の実現を唯一の争点とした自民党候補が大量当選を果たした」ことを理由の一つに挙げてますが、
野田さんはその自民党の方針に反してあのような態度を取ったのだから、これを理由にするのは無理がありますね。この論理では、野党も皆自民党に賛成するってことになりますし。
また、「法案が完璧でなくても、民営化のスピードを上げろという国民の声と理解した」そうですが、こういう言い方をすると聞こえはいいんですけれども、野田さんを当選させたのは郵政民営化法案反対という有権者の声ですよね。
これほど解りやすい有権者への裏切り行為も珍しいな、と思います。

2005年10月10日 yasu URL 編集

ポスト・小泉として名前が挙がったのは選挙公約を守らなくても平気だからでしょうかねぇ?

2005年10月11日 ほげー URL 編集

 みなさんコメントありがとうございます。

 返事についてはそれぞれのブログにさせていただきます。

 今後ともよろしくお願いします。

2005年10月11日 さいごう URL 編集

鉄人ママと申します。野田議員に手紙を書きました。トラバさせていただきますね。

2005年10月14日 鉄人ママ URL 編集

 ご自由にどうぞ。

 記事に全く関係ないものやアダルト以外であればいつでもトラックバックしてください。

2005年10月15日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。