スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

PSPを狙ったトロイの木馬

 PSPにLinuxなどのOSを入れてカスタマイズする人がいるとは聞いていますが、そのような人にはショッキングなニュースです。  ・PSPを狙ったトロイの木馬が出現--「自家製コードの利用が可能に」(CNET Japan)

 

 「PlayStation Portable(PSP)で自作ソフトを動かせる」といううたい文句のトロイの木馬が出てきたが、実際にこれを使うとPSPが使いものにならない「ただの箱」になってしまう。

 Symantecが「Trojan.PSPBrick」と名付けたこの悪質なプログラムは、PSPをハッキングして正式なゲームカートリッジのほかにカスタムアプリを動かそうとするマニアをターゲットにしている。

 この新しいトロイの木馬は、ソニーがハッキングを困難にするために出した新しいファームウェアをインストールしたPSPを、アップグレード前の状態に戻せるとしている。だが、実際にはこれをインストールすると重要なファイルが削除され、PSPが動作しなくなってしまう。

 Symantec Security Responseの主任ソフトウェアエンジニアEric Chienは、「要するに、(PSPが)完全に動作不能になり、使えなくなってしまう。この手口は『ブリッキング』と呼ばれるものだ」と語っている。

 だがChienによると、PSPユーザーの大半は自分のマシンを改造しようとは思わないので、このプログラムが幅広いユーザー層に影響を与える可能性は低いという。

 「PSPの購入者全員が影響を受けるわけではない。自分のPSPを『改造』もしくはアップデートしようとする人だけが影響を受ける」(Chien)

 PSPは3月に発売され、大半のユーザーは、Linuxを動かすためではなく、ゲーム、音楽、あるいは映画を楽しむために先を争ってこれを購入した。また、ソニーは8月にウェブブラウザ機能も追加している。

 Chienによると、攻撃を受ける可能性の高い人は多くないが、その結果失うものは大きいという。

 「これを動かしたために貯金が300ドルほど減った人が確実にいる」とChienは述べ、これはウイルス作者がPC以外のデバイスも狙っているしるしだと付け加えた。「あらゆる種類のデバイスを対象にして、悪質なコードが書かれている」(Chien)

 ソニーの関係者からコメントを得ることはできなかった。同社では、自作コードを動かすとPSPの保証が無効になるとしている。


 PSPにPDAやモバイルパソコンと同じような機能を積み込むことができればいいなぁと思っている人は多いでしょう。しかし実際にそのような改造をしている人はあまりいません。

 もしやるとすればこのようなセキュリティ上の危険性もあるということを考えた上でやってもらいたいと思います。本当にそんなことをしたいのなら中古PCでも買ってしまったほうがよっぽどカスタマイズできると思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年10月08日 セキュリティ トラックバック:- コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。