スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ドコモからiPod携帯が出る?

 これは噂だけなんでしょうか?音楽ケータイとしては色々な機種が出ているので実際にあるのかもしれません。  ・NTTドコモ、音楽分野で巻き返し  「iPod携帯」開発へ(CNET Japan)

 

NTTドコモ(東京都千代田区)は、世界を席巻している携帯音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」の機能を備えた新しい携帯電話の開発に向けて検討を始めた。

 iPodの大ヒットにつながった音楽配信サービス「アイチューンズ・ミュージックストア(iTMS)」に対応する携帯端末の製品化で、米アップルコンピュータとすでに協議を始めたとの観測もある。

 日本では、KDDI(東京都千代田区)のau携帯電話に直接楽曲を配信できる「着うたフル」サービスが人気で、携帯電話の音楽分野では、ドコモは後れをとっている。

 「iPod携帯」の投入が実現すれば、これを一気に巻き返す可能性もあり、携帯電話市場に、新たな波が起きそうだ。

 iPod携帯の端末の具体的な仕様は未定だが、パソコンに取り込んだ楽曲データを簡単に携帯端末に転送して聴くことができるようにし、デザインや操作性を工夫する見通し。

 アップルブランドでなく、ドコモのブランドでの販売になりそうだという。

 アップルは、アイチューンズの音楽管理ソフトを組み込んだ携帯電話「ROKR(ロッカー)」をモトローラと共同開発。米国の携帯事業者シンギュラーを通じて今年九月から販売している。八月には日本でもアイチューンズのサービスを開始しており、日本の携帯電話への展開に注目が集まっていた。

 ドコモは、これまでに音楽分野に参入してはいた。昨年十二月に販売開始した、ソニーの音楽配信サービス「モーラ」に対応する音楽再生機能付きの携帯電話「ミュージックポーター」がそれだ。パソコンから簡単に楽曲を取り込んで楽しめる、初めての携帯電話端末だった。

 しかし、時期を同じくしてauが「着うたフル」を開始。ダウンロード数は九月末で二千万を超え、「音楽といえばau」のイメージが定着し、ドコモの存在感は薄れていた。それだけに、iPod携帯に寄せるドコモの期待は大きいとみられる。

 さらに、ドコモは年内にもテレビ電話もできる第三世代携帯電話(3G)「FOMA(フォーマ)」で、ミュージックポーターの新機種二種類を発売する予定。国内で最も容量の大きい、一ギガ(一ギガは十億)バイトのメモリーで約七百曲を記録できるタイプも投入し、音楽再生機能を強化するという。

 また、来年夏に都市部で開始する最大毎秒約一四メガ(一メガは百万)ビットの3G高速データ通信サービスでは、大容量の楽曲データを直接、携帯端末へ配信するサービスも考えている。

 これに、iPod携帯の市場投入が実現すれば、「鬼に金棒」というわけだ。


 もともとFOMAの富士通の携帯電話はiTunesから曲を取り入れることが出来ました。著作権保護なしであればAACを再生することが出来るので、それほど難しい開発をしないでも開発は可能でしょう。

 出来ればこの前モトローラから出た機種のように「100曲制限」のような縛りを付けないで欲しいです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年10月07日 携帯電話・PHS トラックバック:- コメント:2

ドコモはiモードの大成功であぐらをかいてしまった。その後の設備投資を怠った結果、iモード他社のメールと比べて劣った機能になってしまった。長い間ドコモのiモードはjpegファイルさえ添付できなかった。AUやツーカーやボーダフォンは添付できる。
フォーマについてもムーバと比べてまだまだ不感地域が多い。
来年は番号ポータビリティ元年だが、相当数の契約がドコモから他社に流れるような気がする。
日本の携帯のいちばんの失敗はGSM方式を採用しなかったこと。GSMなら中国や韓国や北朝鮮(笑)やヨーロッパ各地に自分の日本の携帯をそのまま持って行って使える。
GSMを採用していたなら、日本の携帯電話を13億人民の中国じゅうに売ることができたはずなのに。昨年からNECなどは中国でGSMを売っているようだが、先行した韓国製品が安いので価格面で勝負にならないらしい。GSMを採用していたなら日本人にとっても、日本の携帯メーカーにとってもメリット大だった。

2005年10月08日 worldwalker URL 編集

 携帯電話の技術的先進度に関しては、日本はかなり高いところにあると思います。ただ、まだまだ販売台数が見込めないためコスト面でかなり不利だといわれていますね。

 世界的に見て日本のような携帯電話販売のシステムを持つ国は特殊ですね。販売奨励金(インセンティブ)制度によって携帯電話を安く買い換えることができるのはよいのですが、今機種変更を頻繁に行っている10代後半から20代にかけてのニーズばかり反映した機種作りばかり行っているように思えます。その結果、日本の携帯電話は技術的に優れているのですが、世界的に見て売れ筋のものは作っていません。

 また、ご指摘のとおりGSM方式の携帯電話を作っていれば日本の企業も世界的にもっとシェアを伸ばしていたかもしれません。PDCという独自技術にこだわった結果がこのようにねじれた現状を生んでしまっているのでしょう。

(ところで韓国ですが、GSMは使えなかったような気がします。たしかW-CDMAは使っているのでノキアの携帯電話でも一部は使えると思いますが。)

2005年10月08日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。