スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

リクルート、SEO研究で業務提携

イサイズ以来の本気--リクルートなどが新SEO「検索体験最適化」を研究 - CNET Japan

 いまや個人ブログでも研究(?)しているSEOですが、やっぱり企業でも研究しています。研究成果の一部分は公表されていますが、本当に少しなのであまり役に立ちません。

 今のサイトは重要な情報が書かれているサイトよりも、検索エンジンに最適化されたサイトの方がより多くの人に読まれています。なぜなら検索エンジンの主流はディレクトリ型でなくロボット型なので、ロボットに内容の良し悪しを判断できるわけがなく(一部は出来るのですが)、結果としてロボット検索によく引っかかるようにしていれば人気のあるサイトになる可能性が高いという現実があります。

 別にこれはこれでいいのですが、SEOに一生懸命になってもロボット検索のパターンや法則を変えてしまえば意味のないものになってしまう可能性があります。まあ言ってみれば検索エンジンによる言論統制の始まりかもしれませんが、Webサイトを立ち上げている人や企業はこれに振り回されつつもSEOをしなくては自分たちの利益に関わるのでやらざるを得ないという悪循環に陥っています。

 やっぱり最後にはロボットよりも人間が役に立つのでしょうか?
スポンサーサイト

2005年07月16日 SEO トラックバック:- コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。