スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中国の反日姿勢は日本が悪い?

 ガス田の周辺で、海上自衛隊の航空機P-3Cに対して中国軍艦のうち一隻が砲身を向けていたことが明らかになりました。

 日中関係は日に日に悪化していますが、この原因は日本側の挑発だとの見解を持つ学者の表明が産経新聞に記事として出ていました。  ・日中険悪化、責任は日本 クリントン政権時の対日要職経験者が見解(産経新聞)

 

領海侵犯…公表して挑発した/ガス田…控えめに対応せよ/暴力デモ…和解的態度が欠落
 【ワシントン=古森義久】日中関係の悪化は日本側の挑発が原因だとの見解がクリントン前米民主党政権の対日関係の要職にあった学者から三十日、表明された。
 米国の国防大学と大手研究機関のAEIが共催した「アジアにおける中国」というタイトルのセミナーでパネリストとして意見を発表した外交評議会の上級研究員、エドワード・リンカーン氏は「東アジア共同体」への障壁の一つとして日中関係の悪化を挙げ、原因について「ほとんどが日本側によって取られた挑発行為による」と述べた。
 リンカーン氏は挑発の実例として、「小泉首相の靖国神社参拝と右翼の歴史教科書の採択」を挙げ、ここ一年半ほど日本側が中国側に明確に反論をするようになったことが、「中国を悪者にする言辞」だと指摘した。
 質疑応答で、「中国側の潜水艦の日本領海侵入、東シナ海の紛争海域でのガス田の一方的開発、日本大使館などを破壊した反日暴力デモなどは挑発ではないのか」という質問に対し、同氏は「潜水艦の領海侵入を日本政府は公表すべきでなかった」と述べ、情報公表が中国への挑発となったという見解を示した。
 同氏は中国のガス田開発にも日本側はもっと控えめな態度で応じるべきだと述べ、反日暴力デモについては、「中国が自国への挑発とみなす外国の行動にはあの種のデモで対応することはすでに分かっていたのだから、日本側はデモの前からもっと和解的な態度をみせるべきだった」と答え、日中関係の悪化や摩擦は事実上、みな日本側の「挑発」に原因があるとする見方を繰り返した。
 同氏はクリントン政権時代に三年間ほどモンデール駐日米大使の特別補佐官として勤務した民主党リベラル派。リベラル派には、中国側の日本非難をすべて「靖国」や「教科書」のせいにする傾向が強く、中国共産党の統治の正当性誇示のための反日宣伝が原因だとするブッシュ政権寄りの識者たちとは激しいコントラストを描いている。


 この記事によれば、米民主党は「親中反日」、共和党は「親日反中」の傾向が出ていることになりますね。

 ただ、私はエドワード・リンカーン氏という人物の詳細を良く知りません。ひょっとしたらこの人だけが言っているに過ぎないのかもしれないので、またこの人物のことを調べて記事にします。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年10月02日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:1

去年だったか一昨年だったか、アブラモヴィッツという民主党系の大物(元駐タイ大使)が反日親中の記事をフォーリン・アフェアーズ誌に載せていました。乱暴にまとめてしまうと「日本は地位と戦略的価値が低下するから、これからは中国と密接にやっていくべきだ。在日米軍は不要。台湾は中国が吸収する。」という要旨でした。こりゃ、民主党が政権とったらえらいことだと思いました。

2005年10月07日 猫研究員 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。