スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

jigブラウザの新版はJAVAを独自拡張

 今度のjigブラウザはすごいです。iアプリとしての機能を超えてJAVAを拡張し、新たにプラグインを搭載できるようになりました。  ・jigブラウザの新版は独自JavaVMを搭載、iアプリの常識を覆す(CNET Japan)

 jigブラウザ2ではアプリ内にJavaアプレットを実行するJavaVMを搭載した。Javaアプレットは「jiglet」という名称で、jig.jpが用意する。これまでjigブラウザに内蔵されていたRSSリーダーやメーラー、ゲームなどの機能をjigletとして提供し、ユーザーが自由に機能を追加、削除できるようにした。


jigブラウザ2を起動した際に表示されるトップ画面(待受画面)。PCのデスクトップ画面のようになり、RSSリーダーなどの各機能がアイコンで表示される(画面は開発中のものであり、変更の可能性もある)
 機能をプラグイン化した理由について、jig.jp代表取締役社長の福野泰介氏は「携帯電話のJavaアプリケーションの場合はアプリ容量に制限があり、今後の機能拡張が難しくなってきたため」と説明する。最もアプリ容量が大きいNTTドコモの90xiシリーズやJava対応のau端末でも最大アプリ容量は100Kバイトとなっている。現在のjigブラウザではすでにアプリサイズが100Kバイト近くになっているため、これ以上機能を追加できなくなっているのだ。

 ただし、携帯電話ではアプリ本体のメモリとは別に、アプリで利用するデータを保存するためのメモリ領域が用意されている。NTTドコモの場合、このデータ保存領域のサイズは400Kバイトとなっている。jig.jpはここに目を付けた。Javaアプレット(jiglet)をデータ領域に保存し、jigブラウザ2に内蔵したJavaVMを使って必要なJavaアプレットを適宜読み出す仕組みにしたのだ。

 これにより、Javaアプリの容量制限を気にすることなく、さまざまな機能がjigブラウザ2では利用できるようになる。jigletはユーザーが好きなものをjig.jpのサイトからダウンロードしてインストールすればよい。なお、1つのjigletは5~10Kバイト程度という。


 もうこれだけの機能を搭載すれば「フルブラウザ」というカテゴリだけではくくることは出来ないと思います。あえて言うなら「総合ネットアプリケーション」と呼んでもいいのではないでしょうか。

 これだけ機能を拡張する背景には、N901iSのように最初からフルブラウザを搭載する端末が増えているのと、競合するiアプリのフルブラウザが増えていることが影響していると思います。しかし、これだけ機能拡張すればライバルは当分太刀打ちできないでしょう。

 ただ、これだけの機能はいらないからフルブラウザを無料で使いたいという人にどれだけ訴求していくかが今後のjigブラウザのポイントではないでしょうか。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年09月30日 携帯電話・PHS トラックバック:- コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。