スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中国ガス田に対して日本外務省は弱腰か?

 もう生産開始も間近と見られる中国のガス田に対して日本は実力行使も含め、もっと抗議すべきなのではないかと思います。  ・<東シナ海ガス田>谷川副外相、「外務省は弱腰」と批判(毎日新聞)

 谷川秀善副外相が29日の記者会見で、東シナ海のガス田開発をめぐる日中実務者協議が30日から始まることに関連し「こっちはちょっと弱腰みたいな点があるので、しっかり伝えるべきものは伝えてもらいたい」と、これまでの外務省の対応を批判した。
 日本政府は中国に対し日中境界線付近のガス田開発を中止するよう求めているが、一部ガス田の生産開始が確認されている。谷川副外相は「ガスが出てしまったら(日本が)グチャグチャ言ったって『何言ってんだ』という話になる」と指摘。「日本政府の対応が後手に回ったということか」との質問に「と思います、私は」と言い切った。


 外務省はなぜ中国に気を遣いすぎているのでしょう?まるで中国の国益を守るための省庁のようです。

 また、政府は共同開発の可能性についても考慮されているようです。

 ・小泉首相「ガス田、中国と議論」 参院代表質問(産経新聞)

 民主党の円より子氏への答弁で、小泉首相は、東シナ海の日中中間線での中国による石油ガス田開発に関し「中間線東側の資源に影響を及ぼし得る開発について、共同開発による問題解決の可能性を含め、(中国側と)率直に議論を行う予定だ」と述べ、共同開発の可能性に言及した。


 私は共同開発には反対です。そんなことになる前に実力行使で破壊してでもいいと思っています。今の時点で共同開発という可能性を示唆することが「弱腰」という対応の一因になっているのではないでしょうか。

 明日から日中実務者協議が東京で開かれます。日本はここで「形だけの抗議」でなく、実力行使も含めた対応を示唆して中国に開発を断念させるべきです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年09月29日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。