スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ミサイル防衛に向け青森に新型レーダー

 徐々に進みつつあるミサイル防衛ですが、今回米軍再編に伴い日本国内に新型レーダーを配備するという調整があったそうです。  ・青森に新型レーダー 米軍再編中間報告 政府、MDで最終調整(産経新聞)

 北朝鮮などの弾道ミサイルに対処するミサイル防衛(MD)で日米両政府は二十五日までに、米軍再編問題で十月中にも策定する中間報告に米国の新型監視装置「Xバンドレーダー」の日本国内配備を盛り込む方向で最終調整に入った。両政府は今年二月の日米安全保障協議委員会(2プラス2)でMDでの共同対処能力の強化を合意しており、同レーダーを青森県内に配備する方針だ。
 2プラス2では「弾道ミサイル攻撃に対する日米の防衛と抑止の能力を向上させる」との認識で一致。これを踏まえ、米軍再編の一環としてMDの主要な強化策盛り込みが浮上した。


 今までのレーダーは侵攻してくる航空機を探知することを主目的としたレーダーであるため、ミサイル追尾の機能を追加したとはいってもとってつけたような印象は拭えませんでした。
 今回の新レーダーというのはミサイル防衛のために開発されたものなのでしょう。たぶんミサイルの探知や追尾の性能は段違いだと思います。

 Xバンドレーダーは日本が平成二十年度から新潟や沖縄など四カ所に導入する新型監視装置「FPS-XX」に比べ、ミサイルの形状まで識別でき、遠方の監視にも優れているのが特徴だ。
 米側は(1)北朝鮮が射程三千五百-六千キロのテポドン2を開発中(2)中国も米国を射程に収める弾道ミサイルを百発保有の可能性-などを懸念。「前方でミサイルを探知して飛来方向を予測し、米本土に向けたミサイルの迎撃精度を高める必要がある」(軍事評論家の江畑謙介氏)との見方を強めている。
 このため、米側は日本国内にXバンドレーダーを配備するよう打診。日本側も日本の防衛にも有益と判断、受け入れる姿勢を示していた。
 当初は、北朝鮮と中国の弾道ミサイルの飛来コースを基に、配備候補地として佐渡(新潟県)などが浮上したが、米軍部隊の新たな展開は困難と判断。青森県つがる市にある航空自衛隊の車力(しゃりき)分屯基地に絞り込まれた。
 車力分屯基地は日本海に近く、山などの障害物も少ない。敷地内に空自の地対空ミサイル部隊が駐屯しているが、米側は「運用部隊を展開させる余裕は十分だ」(在日米軍筋)と了解した。
 米軍部隊が常駐するには、隊舎などの建設も必要だが、地元との調整や基地整備が終わるまでは、ミサイル発射の兆候を確認した際、米軍三沢基地(青森県)などからレーダーを車力分屯基地に緊急輸送する運用方法も検討されている。


 しかし、自衛隊の新装備として配備される「FPS-XX」はこれでは役に立たないと言っているのと同じですね。確かに高い予算をかけて作ったレーダーかもしれませんが、ミサイル防衛に役に立たないのであればこの米軍のレーダーを積極的に活用できる協定や法整備を行っていくべきでしょう。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年09月26日 軍事 トラックバック:- コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。