スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日本もやっと試掘開始か?

 もたもたしていると中国に資源を盗まれてしまうのでやきもきしていたのですが、日本も行動は遅いですがちゃんと考えているようです。  ・東シナ海ガス田 帝石試掘に財政支援 政府、委託方式を検討(産経新聞)

 妨害対抗、海保派遣に根拠
 中国が東シナ海の日中中間線付近で石油ガス田開発を強行している問題で、政府は二十四日、日本側海域の試掘権を持つ帝国石油に試掘を委託する検討に入った。政府による試掘委託方式をとれば、財政支援がスムーズに行くだけでなく、中国が現場海域への艦艇派遣などの威嚇行為に出た場合、日本側も海上保安庁が巡視船派遣で対抗するなど帝国石油の作業を保護する根拠になると判断した。
 近く開かれる石油ガス田開発に関する日中局長級協議での中国側の出方を見極めたうえで、試掘委託の具体的な手続きなどを詰める考えだ。


 政府は帝国石油に任せるだけではなく、政府が支援できる形を考慮していたというところが心憎いですね。さすが経済産業省、外務省とは違いますね。

 また、今月九日には春暁石油ガス田周辺で中国海軍のミサイル駆逐艦など五隻の航行が確認された。中国が試掘作業を妨害する行為に出た場合に、どう守るかは大きな課題。与党内では試掘の際の安全確保など日本の海洋権益保護に向けた法整備を特別国会で検討する動きも出ている。
 政府が帝国石油に試掘を委託するかたちにする案が浮上したのは、こうした状況を踏まえたものだ。試掘委託方式にして、財政支援を行う態勢を作れば、試掘作業は公的な性格を帯び、「巡視船の出動など政府の保護活動に根拠ができる」(政府関係者)からだ。


 海上保安庁と海上自衛隊で試掘に対する妨害からちゃんと守っていただきたいです。民間人や文民が一番危ないところに行くのは日本では多いですが、これはやっぱり国防を任されている自衛隊の仕事です。でなければ何のために自衛隊がいるのかわかりません。

 帝国石油は試掘に踏み切るかどうかは、日中の政府間協議の行方を見たうえで判断するとの姿勢を変えていない。
 しかし、天外天に続き春暁でも月内に生産が始まる可能性がある。春暁は断橋とともに、地下構造が日本側海域につながっており、中国によって日本の資源が吸い取られる可能性が高く、事態は切迫している。


 私も事態はかなり切迫していると思います。政府の早い決断を求めます。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年09月25日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:2

数ヵ月後、この地域に緊張が走る。自衛隊、中国海軍、米軍の艦船も集合。(想像)

2005年09月25日 worldwalker URL 編集

 私はそこまで日本に覚悟があればそれだけで十分です。

2005年09月25日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。