スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

前原民主党の方向性

 今日民主党の前原代表が公務員改革についての方針を固めました。私は前原代表が今後民主党の方向をどのように進めて行くのか見えてきた気がしました。  ・公務員改革の独自案作成へ 民主・前原代表、スト権など付与(産経新聞)

 民主党の前原誠司代表は22日、公務員にスト権や団体交渉権などの労働基本権を付与する一方で特権的な身分保障を撤廃することを柱とする公務員制度改革の独自案を年内にまとめる方針を固めた。原口一博「次の内閣」郵政改革担当相を担当者とし、検討を急ぐよう指示した。


 自民党はご存知のように「小さな政府」を目指しています。ですから小泉首相は「民間に出来ることは民間に」と言っており、公務員は出来るだけ削減する方向でいます。自民党はさらに公務員の給与も下げる予定であり、「小さな政府」であることと「歳出削減」が同一視されているようにも見受けられるのですが、方向としては人員・給与を削減してトータルとして歳出の少ない小さな政府を目指すとして、それなりに筋は通っていると思います。

 これに民主党が対抗するには、「大きな政府」を目指すのがいちばん簡単なのですが、それでは国民の支持が得られないと岡田執行部では判断したため、「小さな政府でも大きな政府でもない」中途半端な政府像しか描けませんでした。これが民主党の選挙での敗退の大きな原因だと思います。

 前原代表はここのところを理解しているらしく、公務員に「特権的な身分保障を撤廃する」代わりに「スト権や団体交渉権」を付与する、といった公務員制度改革を提示しています。ここの部分を記事では、「官公労の既得権に切り込む姿勢をアピールする」と書かれていますが、私は逆だと思います。

 公務員にスト権を認めたらどうなると思います?官公庁がストに入れば経済的にも大きな打撃になりますし、行政サービスが中断して不利益を蒙る人が多く出てきます。そして一番の問題は、ストを行う主な理由が「賃上げ」と「待遇の改善」ということです。ですからせっかく廃止した「特権的な身分保障」もスト権によって奪還される可能性も残されているのです。つまり基本的に労働組合の力は強まるのです。

 もし前原代表がこの辺りの認識を持った上でこのような政策を行いたいなら、彼は社会民主主義を信奉する人であると断言できます。それはつまり「大きい政府」を目指すと言っても良いのですが・・・

 私は基本的に民主党がそちらの方向に進んでもらった方が、自民党と民主党の対立軸がはっきりして国民の支持を取りやすいと思います。ただ、党の考えが簡単に一本化できるとも限らず、先行きは不透明ですが・・・
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年09月22日 政治 トラックバック:- コメント:3

民主大敗の後を受けての代表ですから、ある意味やりやすいんじゃないでしょうか。わりと好きなことができる立場にあると思いますので、ここは一つ国民の共感を得るような戦略をお願いしたいですね。
では、応援して帰りますです。

2005年09月22日 おいどん URL 編集

 自民党と同じことをしては絶対に人気は取れないですから、大胆に政策を立案してもらいたいと思います。

2005年09月22日 さいごう URL 編集

やって欲しいのは自民党には出来そうにない農協解体です。

http://www.jri.co.jp/

のリサーチで鮮明になったようにこの国の歳出を少なくすることに最も役立つのは
農協解体かと存じます。

2005年09月24日 CCNP URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。