スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

6カ国協議の共同声明採択について考える

 第4回6か国協議は19日正午(日本時間午後1時)過ぎに「共同声明」を採択しました。これで一件落着と思っている人はいないでしょうが、私としては日本側にほとんど実りのない成果だと思っています。  ・北朝鮮が核放棄を約束…6か国協議で共同声明(読売新聞)

 ・北朝鮮、核放棄確約 6カ国協議が初合意(共同通信)

 ・北朝鮮が核放棄を確約 6カ国協議初合意(産経新聞)

 ・日朝協議 拉致問題、両政府間協議の再開へ努力 金次官(毎日新聞)

 ・【中国】第4回6カ国協議共同声明(全文)(サーチナ・中国情報局)



 今回の共同声明では、北朝鮮が一切の核兵器及び現在の核計画を放棄とNPTへの復帰およびIAEA査察を受けることを承諾した、という意味では大きな成果だといえます。

 しかし、核兵器廃棄の手順と検証方法と、核兵器完全廃棄までの期限については何も決めていません。そのため、今回の共同声明が採択されたからといっても、やっとスタートラインにたったという程度のものでしかないと思います。

 また、この共同声明によって日本をはじめとした国々は北朝鮮への経済協力を行うことになっています。ほとんど拘束力のない声明のために経済協力を差し出す羽目になったのは北朝鮮にとってしめたものでしょう。

 そして最後に、今夏の声明では拉致問題に触れられていません。日本としては核の問題と同レベルで拉致問題に臨んでいるはずですが、国際的には拉致問題をそれほど強く認識していないことがはっきりしました。

 今後は日朝の二国間協議が開かれることと思いますが、日朝では「拉致問題」、「北朝鮮への各種援助」、「国交正常化」が主の議題になると思います。小泉首相や外務省が国交正常化を急ぐあまりに「経済援助」、「軽水炉建設のための資金・技術援助」などのカードをすぐに出さず、拉致問題に関して毅然とした態度をとっていただきたいと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年09月19日 国際 トラックバック:- コメント:2

TB、コメント、ランキング協力有難うございました。
今までも騙され続けてきましたから、北朝鮮もそう簡単には変りませんよね。
11月に開催予定の5回目の6カ国協議の結果に注目したいです(^◇^)
ランキングピンチ!!ご協力ただただ感謝感謝です<(_ _)>

2005年09月19日 KNTY URL 編集

 こちらこそ。

 また見に行きますのでよろしくお願いします。

2005年09月20日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。