スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

在外邦人参政権と外国人参政権とを混同する新聞

 相変わらずマスコミの中には左翼系の考え方を持つ輩たちが多いですね。今回は地方新聞の社説なんですが、地方新聞の中には特に左翼系の方々が多いですね。  ・在外選挙権最高裁判決/1票の大切さ再認識したい(河北新報)

 判決内容は国内に住む有権者には関係がないようにもみえるが、選挙行使の権利は国民にとってかけがえのないものだということも教えている。最高裁が立法不作為を理由に初めて国家賠償を命じた判決である意義は大きく、「選挙権は民主主義社会の根幹」というメッセージだと受け止めるべきだ。

 選挙権については在日韓国人ら永住外国人の問題も残されている。最高裁は95年、地方参政権は憲法上禁じられていないと、選挙権を持つことに既に肯定的な判断を示している。その判決も受け法案が国会に提出されたが、実質審議がないまま先月4日に継続が決まった。

 放置すればまた怠慢と批判されかねないことを、国会は十分に認識しなければならない。
(太字は私が勝手にしました。)


 引用は河北新報ですが、その前に2chを参考にさせていただきました。

 思わず「はぁ~?」と思うような論理の飛躍ですね。「日本国民が日本の選挙権を要求する」のと、「在日外国人が日本の選挙権を要求する」のは天と地ほども違います。こんなのを同列に扱うのは左翼だからなのか、地方新聞の記者だからなのか聞いてみたいです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年09月15日 政治 トラックバック:- コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。