スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「八紘一宇」ってそんな意味でしたっけ?

 昨日日経新聞の記事について紹介しましたが、今日もまた日経BPの立花隆氏の記事に関して思うところがありました。  まずはその記事の紹介です。

 ・第45回 対日戦争勝利記念式典に思う日本と中国、その原点と未来
  (立花隆の「メディア ソシオ-ポリティクス」)


 私が気になった箇所を引用させて頂くと、

 若い人のためにいっておけば、あの時代の日本は、あわよくば中国全土を征服して、中国に天皇制を押し付け、大日本帝国の一部にしようとしていたのである。「元」だって「清」だって、異民族支配の帝国だったではないか。今度は日本が中国を支配して新帝国を築いたっていいではないかと考えていたのである。

冗談と思うかもしれないが、本当なのである。

大東亜戦争が目的とした、「大東亜共栄圏を作り“ハッコウイチウ(八紘一宇)”の世界とする」というスローガンは、そういう意味だったのである。

そしてさらにその上で、ヨーロッパに覇権を確立したドイツ、イタリアと組んで、世界を再分割する(新世界秩序を作る)という発想だったのである(それが日独伊三国同盟の目的)。

おそらく、いまの若い世代の日本人は、この時代の大日本帝国指導者たちの誇大妄想的グランドデザインを何も知らない。

そこがわからないと、日本人の歴史認識の欠如がいつまでもつづく。


 私にはこの人こそが歴史認識を欠如しているとしか思えません。「大東亜共栄圏」にしろ「八紘一宇」にしろ、「中国全土を征服して、中国に天皇制を押し付け、大日本帝国の一部にしようとしていた」という認識は今もその当時も無いのでは・・・

 基本的に歴史上の出来事を今の尺度で測ることは意味のないことですし、正しいとか正しくないという議論はすべきではありません。

 大東亜共栄圏という言葉が出てきた昭和初期は欧米列強による帝国主義の時代の末期でした。アジアでは小国が独立を保つことは簡単なことではありません。

 また、列強はそれぞれ宗主国と植民地の間で「資源の供給」、「製品の生産」等を行い、それぞれが独立した経済圏を築き上げていました。

 日本は列強の仲間入りをしているとはいえ、列強の間での激しい競争を生き残るには、自分たちも独自の経済圏を構築する必要に迫られていたのです。

 確かに日本は植民地化した地域もありますが、多くの地域は現地人による統治を目指し、天皇制の押しつけを行ってはいないのです。

 さらにいえば「大東亜共栄圏」は日本以外にも独立国が参加し、経済的な結びつきを中心とした地域共同体(今でいえばEUのようなもの)を目指していました。その発想は他の列強の植民地政策とは全く違ったものでした。

 これらの事情を立花氏はご存じなんでしょうか。人気評論家にしてはあまりにも断定的で一方的な認識ですね。


 (私の認識にも賛同できない方がいるかもしれませんので、反論は受付いたします。)
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年09月14日 歴史 トラックバック:- コメント:2

個人の歴史観ですが、私も立花説には懐疑的です。

2005年09月14日 worldwalker URL 編集

 これこそが自虐史観なんでしょうね。こんな考え方があるおかげで日中韓で正常な外交関係が築けないのだと思います。

 ところで押尾学語録最高でした(笑)思わずほとんど一気に読んでしまいました。

2005年09月14日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。