スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

民主党の勝利を確信する男(9/8 17:20更新)

 ここまで言いきってしまうと何かに取りつかれているとしか思えませんね。  <笹森連合会長>民主党獲得議席「200は見通せた」(毎日)

 連合の笹森清会長は7日、札幌市で記者団に対し、衆院選での民主党の獲得議席数について「200までは見通せたと思う」と強気の読みを語った。同党の苦戦を伝えた各種世論調査については「平日の調査では対象者が限られる。先週の金曜日(2日)あたりから流れが変わってきた。小泉劇場に冷めてきた」と述べた。



 彼の思いはともかく、これだけの予想をする人は彼だけでしょう。彼の民主党への思いは今回の選挙では片思いに終わっていますね。見ていて痛々しいくらいに・・・

 今回は労組(主として連合系、全労連は除く)としてはどこに投票して良いのか分らない選挙になってきました。

 私は、民主党は「年金や社会保障を高いレベルで維持する代わりに高額な税金を必要とする政治」を目指してくれた方がシンプルで分りやすい気がします。

 「消費税は3%しか上げません」、「国のプライマリーバランスは倹約することでプラス化できる」、なんて言っているようであれば民主党に投票する人は誰もいなくなります。

 自民党と民主党の対立軸が分りにくいのは、民主党が「結果の平等」を求める社会民主主義に近い民主主義を目指すと言いきることが出来なかったところにあると思います。

 自民党はすでに「機会の平等」を目指し、郵政民営化を中心に各種改革をしています。はっきり言ってしまえば、自民党についていけば激しい競争社会にさらされ、勝ち残れない者は惨めな生活をしなければならなくなります。

 話は戻りますが、社会的弱者への逃げ道を作っておくのは悪いことではないでしょう。

 こんな記事もありました。

 【潮流】総選挙、郵政でねじれ 民主の“変節”連合の不信(産経)

 二大政党は悪いことではないのですが、民主党がもう少し頼りになる政党になって欲しいものです。労組も民主党も両者とも変革期に変わりきれない「恐竜」でしかなく、絶滅して行くだけなのでしょうか?
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年09月08日 2005総選挙 トラックバック:- コメント:2

森田さんと笹森さん、どっちの予想があたるんだろう(笑)

2005年09月08日 worldwalker URL 編集

 聞くまでもないでしょう・・・(笑)

2005年09月08日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。