スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

公職選挙法とブログの関係について

 よく公職選挙法の関係で、「公示後にはブログに政治的なことを書けない」といった記事を目にします。個人のブロガーにもどの程度適用されるのか分からなかったので自分で少し調べてみました。  まず、公職選挙法で選挙運動に関して記載されている箇所は、第138条~第143条で、主として禁止事項について書かれています。その内容を列挙すると、

 1.戸別訪問の禁止
 2.署名運動の禁止
 3.人気投票の公表の禁止
 4.飲食物の提供の禁止
 5.気勢を張る行為の禁止
 6.連呼行為の禁止(演説会場及び街頭演説でAM8時~PM8時までを除く)
 7.許可されていない自動車、船舶及び拡声機の使用の禁止
 8.選挙運動に使用する自動車等の乗車制限
 9.車上の選挙運動の禁止(停止した状態を除く)
 10.文書図画の頒布
 11.パンフレット又は書籍の頒布
 12.文書図画の掲示

 このうち、8と10~12については制限事項ですが、他は全て禁止事項について記載されています。



 それでブログやホームページがいったいどれに当てはまるかですが、「文書図画の頒布」にあたるという意見が大勢のようです。(個人的には「掲示」も当てはまると思いますが、「頒布」か「掲示」かを論じてもきりがないし、ここでは意味がないので省略します。)

 「文書図画の頒布」(第142条)には、葉書とビラのことを主に書いていて、他の媒体についてはほとんど記載されていません。あるところは、

 第11項 選挙運動のために使用する回覧板その他の文書図画又は看板(プラカードを含む。以下同じ。)の類を多数の者に回覧させることは、第一項から第四項までの頒布とみなす。ただし、第百四十三条第一項第二号に規定するものを同号に規定する自動車又は船舶に取り付けたままで回覧させること、及び公職の候補者(衆議院比例代表選出議員の選挙における候補者で当該選挙と同時に行われる衆議院小選挙区選出議員の選挙における候補者である者以外のものを除く。)が同項第三号に規定するものを着用したままで回覧することは、この限りでない。



 第12項 衆議院議員の総選挙については、衆議院の解散に関し、公職の候補者又は公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。)の氏名又はこれらの者の氏名が類推されるような事項を表示して、郵便等又は電報により、選挙人にあいさつする行為は、第一項の禁止行為に該当するものとみなす。


 具体的にホームページやブログのことを記載しているところがないのは当たり前として、当てはまるのは、「選挙運動のために使用する回覧板その他の文書図画又は看板(プラカードを含む。以下同じ。)の類を多数の者に回覧させること」だと思います。

 つまり、選挙運動に葉書やビラ以外を使うことは禁止行為にあたるわけですね。まあ、ホームページやブログは「回覧板」程度のあつかいということでしょうか。とにかく、葉書やビラ以外の選挙運動に関する「文書図画の頒布」が禁止されていることは確認できました。


 次にどこまでの記述が選挙運動と見なされるかですが、東京都選挙管理委員会のホームページには、

インターネットで政治活動はできる?
 選挙運動にわたらない純粋な政治活動として、インターネットのホームページを利用することは自由にできます。
 しかし、純粋な政治活動として使用するホームページであっても、選挙運動期間中に開設したり、又は書き換えをすることは、新たな文書図画の頒布とみなされ、選挙運動の禁止を免れる行為として公職選挙法に違反することがあります。



選挙運動と政治活動の違いについては、

【選挙運動】
 特定の選挙に、特定の候補者の当選をはかること又は当選させないことを目的に投票行為を勧めること。
【政治活動】
 政治上の目的をもって行われるいっさいの活動から、選挙運動にわたる行為を除いたもの。



 これだけでは曖昧なので、「D4k director's Blog」さんは東京都選挙管理委員会に直接電話したそうです。結果は、

「ブログなどで特定候補者の話題に触れることによって、その行為が選挙運動とみなされ、結果として公職選挙法に違反する可能性がある」

とのことでした。これでも分かったような分からないような回答ですが、結局は「触らぬ神に祟りなし」と思う人が多いのはここらに歩きがします。



~ここからは私見になります~

 このように自分の記事のどこまでが許されるのか非常に曖昧で何とも言えないのですが、私は特定の候補者の投票行為に関係することを記事に含めなければいいのではないかと思います。

 別に自分がどう思おうが勝手なのでブログには自分の考えを記載します。ただしその候補者を落選運動や当選運動は一切行っていないのでそのつもりで見て頂けるとありがたいです。

~私見終わり~

参考資料:公職選挙法
     東京都選挙管理委員会選挙Q&A(選挙運動と政治活動)
     D4k director's Blog: 選挙とブログ
     週刊!木村剛 powered by ココログ(あまり参考にはしませんでしたが)
     盛況ブログ 政治「ネット時代」 「法律古い」改正望む声(産経新聞)     
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年09月01日 2005総選挙 トラックバック:- コメント:2

>>1.戸別訪問の禁止

公明党員はあきらかに違反していると思いますが...

2005年09月01日 worldwalker URL 編集

 でもどこの政党も少なからずやっていますが、公明党はかなり露骨ですよね。

2005年09月01日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。