スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【北朝鮮】日朝作業部会、結局進展せず

 いきなり国交正常化出来るとは思ってもみませんが、拉致問題の進展がほとんどない中で、国際的に「非核化=和平」という流れが出来つつあるのが不安なところです。

 ・日朝作業部会進展せず 北「拉致は解決」一点張り(iza)

 北朝鮮核問題をめぐる6カ国協議の日朝国交正常化作業部会は6日、日本人拉致問題を中心に議論したが、進展のないまま2日間の日程を終えた。国交正常化に向けた協議の継続では一致したものの、北朝鮮側は拉致問題について「解決済み」とする従来の見解に変更がないことを改めて強調した。

 北朝鮮代表団の金哲虎(キム・チョルホ)外務省アジア局副局長は作業部会後の会見で、拉致問題に関して「これまでと同じく、すべて解決したとのわれわれの立場を表明した」と述べた。日朝双方の説明によると、作業部会では「日朝平壌宣言に従い懸案を解決し『過去の清算』を行って、国交正常化を実現するため誠実に努力する。具体的行動も協議して実施、今後も可能な限り頻繁に協議する」と確認した。
 日本政府代表の美根慶樹(みね・よしき)日朝国交正常化交渉担当大使は「国交正常化の実現には拉致問題の解決が不可欠だ」と具体的な行動を求めたが、北朝鮮側は「これまでできる限りのことをやってきた。日朝関係は悪化しており、さらなる措置を取る状況にない」と繰り返した。

 一方、協議継続が確認されたことから、日本政府は、人道支援再開も視野に入れ始めた。北朝鮮側に拉致問題で誠意ある対応を促す狙いからだ。だが、拉致被害者、横田めぐみさん=拉致当時(13)=の「偽遺骨」問題に抗議して一切の人道支援を停止した経緯を考えると、解決に向けた道筋が見えない中での支援再開は代償が大きく、人道支援には慎重な対応が求められる。

■テロ支援国解除へ攻勢

 北朝鮮は今月中旬にも北京で開かれる6カ国協議全体会合に向けて、米国によるテロ指定国家指定の解除を強く求め、攻勢をかけることが予想される。日朝に先立つ米朝作業部会で、北朝鮮は年内の全核施設の完全な申告と核施設の無能力化で合意したが、その直後に「米国がテロ支援国家指定を解除する」と一方的に主張。米国はこれを否定し、解除には、北朝鮮の誠意ある対応が必要とした。
 今回の日朝協議で北朝鮮が拉致問題をめぐる協議に応じたのも、米国からの“圧力”に応じたものといえる。だが、拉致問題での進展がないままでは日朝協議の形骸(けいがい)化だけでなく、6カ国協議が今後も、北朝鮮ペースで進むことを許す可能性が高い。(ウランバートル 名村隆寛)



 ・日朝部会、拉致問題進展なく終了…よど号犯と面会は認める(読売新聞)

 【ウランバートル=中村勇一郎、黒見周平】日朝国交正常化作業部会の第2回会合は6日、ウランバートルのモンゴル迎賓館で2日目の協議を行い、終了した。

 焦点の日本人拉致問題で、北朝鮮側は「日朝関係は悪化しており、さらなる措置を取る状況にない」と主張、被害者の再調査実施に否定的な考えを示した。ただ、日朝双方は、作業部会などで今後頻繁に協議を行うことで一致した。

 日本側は、拉致被害者の再調査や、日航機「よど号」ハイジャック犯3人を含む拉致容疑者の引き渡しなどを求めた。

 北朝鮮側は、具体的な対応について言及しなかったが、「拉致は解決済み」との表現は使わず、途中で席を立った今年3月の第1回作業部会よりやや柔軟な姿勢を見せた。金哲虎(キム・チョルホ)外務省アジア局副局長は協議後の記者会見で「日本とは見解の差が残っており、これをいかに縮めるか議論する」と述べた。

 一方、よど号犯の日本への引き渡しについて、金副局長は「日本政府とよど号関係者が協議する問題だ。そのための場所を用意する準備がある」と述べ、北朝鮮国内で日本政府と犯人の面会を認める考えを表明した。

 よど号犯の北朝鮮滞在は、米国がテロ支援国に指定する根拠となっており、北朝鮮は指定の早期解除を狙って前向きな姿勢を見せたものとみられる。

 協議には日本代表の美根慶樹(みねよしき)日朝国交正常化交渉担当大使と北朝鮮の宋日昊(ソン・イルホ)日朝交渉担当大使らが出席、休憩をはさみ約3時間15分行われた。


 日朝の協議に進展がない中で韓国や中国は米国と話し合いを行い、朝鮮半島和平に対しての「妥結点」を模索し始めています。

 その焦点はあくまでも北朝鮮の核問題であって、拉致問題の占める割合は限りなく低いです。この原因は米国が朝鮮半島の非核化に向けて具体的な条件を提示し始めたからと感じます。

 事態はすでに動き始めているにもかかわらず、日本だけが拉致問題の打開を図ることが出来ません。米国も拉致に関して厳しい姿勢を見せているものの、日本が考えているほど重要視していないため、北朝鮮は拉致に関してミニマムな条件を呑むことで、日米の対北政策の分断を図ろうとしているところが見えてきます。

 それは、「よど号」ハイジャック犯の件でも明らかです。北朝鮮は「テロ支援国家」の指定を解除させることで拉致問題についても完全な「解決」を望んでいます。このままでは日本が取り残されるのは自明でしょう。

 しかし、たとえ核問題が解決しても、エネルギーの問題や食糧難の問題など、日本が関与すべき問題は山ほどあります。そのような条件を有効に使って、日本の国益を確保していくことが、日本外交には必要だと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年09月07日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:2

大事なのは『折れない事』『戦い続ける事』この二つです。
第2次世界大戦の時、英国だけがナチスの危険性を主張し続けて、全面対決する羽目になりましたが、それでも、イギリスは最後まで屈しなかった。

どんな事が有っても、徹底抗戦すべきです。

2007年09月08日 どらっへ URL 編集

北朝鮮のいわゆる「ふりこ外交」見事ですねぇ。しかし確かに負けてはいけません。

拉致で孤立しないためには、日本以外の拉致被害者の声を日本が世界に届けることでしょう。東南アジアにも東欧にもいるそうですし、無論、韓国にも。
世界の国々に、まずは自国の行方不明者が拉致でないかと調査を依頼すべきだと思います。CMを流して行方不明者のいる家族に訴える手もありましょう。

そしてもし米露中から拉致が見つかれば、流れを変える一手となるかもしれません。中はさすがにないかな…

2007年09月08日 三浦介 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。