スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【民主党】どうもテロ特措法反対の明確な理由が見えない

 小沢民主党代表がテロ特措法に反対しているのは、自民党との駆け引きが主な理由で、明確な外交・安全保障上の理由を持っていないのであれば別ですが、きちんとテロ特措法の代替案を示すか、国連決議の草案でも示したらどうなんでしょう。

 ・テロ特措法念頭に「重い責任を」、独首相が民主・小沢氏に(読売新聞)

 民主党の小沢代表は30日午前、メルケル独首相と都内ホテルで会談した。

 メルケル首相は、11月1日で期限が切れるテロ対策特別措置法の延長を念頭に、「できるだけ多くの国が国際テロの問題に関与すべきだ。日本が国際社会でさらに活動しようということなら、より重い責任を負わなければいけない」と述べた。ドイツはアフガニスタン国際治安支援部隊(ISAF)に軍隊を派遣している。

 小沢氏はこれに対し、「全面的に賛成する」と応じた。ただし、「自衛隊派遣の原則をはっきりさせなければいけない。国連が権威付けしたものには積極的に関与すべきだ。インド洋の問題もそういう観点から考える」と述べた。ISAFの活動を間接支援する海上自衛隊のインド洋での給油活動は、明確な国連決議に基づかないとの立場から、同法延長に反対する考えを示したものだ。

 小沢氏は、ISAFについて「内容は賛成ではないが、(国連決議に基づく)ものがあれば、積極的に参加すべきだ」と述べ、現状ではISAFへの支援は難しいとの考えを示した。


 テロ特措法が国連決議に基づくものではないとすれば、どのような部分があれば国連決議の要件を満たすというのでしょう。

 先日のシーファー駐日米大使との会談ではISAFへの参加こそがテロとの戦いに合致するとの発言をしていたにもかかわらず、今回は「現状ではISAFへの支援は難しい」とコロコロと発言内容を変えてきています。

 そもそもテロ特措法への「反対」だけが必要で、中身はなくても良いと思っているなら別ですが、本当に民主党の外交政策が正しいと思っているならきちんと国民に向けて説明する必要があります。

 民主党のテロ特措法への反対には、私は現時点で全く賛成出来ませんし、小沢党首のパフォーマンスにも納得行きません。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年08月30日 政治 トラックバック:- コメント:9

反対する明確な理由と、民主党としての対テロ支援の方針を打ち出せないのは、テロ特措法に関して、民主党内での意見がまとまってないからではないでしょうか?
このままだと、また裏切られたと支持率が下がっていきますね。こんな事の繰り返しならばとっとと、民主党は分裂した方が良いと思うのですが。

2007年08月30日 水兵長 URL 編集

奴は子供ですよ。他国の首相に宥めに来てもらってるのも分からんのですよ。
横峰、姫井、秘書の件、どれをとっても民主党指導部がマトモな連中の集まりには見えませんよ。

ISAFの件も死人が出て自分の責任になったら困るから、取り下げたようにしか見せません。
彼も堕ちる所まで堕ちましたね。
昔、自由党支持者だったんで今、腹の底からムカついてます。

2007年08月30日 どらっへ URL 編集

対テロ特措利権を作れば賛成に回るってw>小沢

参院第一党になりある程度マスコミが報道するようになってから、有権者が「ずさんな民主党」に気付くようになったことが不幸中の幸いでしょうか…。

正直、民主党支持者は対テロ特措法をどう考えているのか興味ありますね。
文字通り『世界から孤立する日本』をまっしぐら。

それでも「自民党よりはマシ!」と考えていそうですが…。

2007年08月31日 蛇足 URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007年08月31日 編集

コメントありがとうございます。
水兵長さん、
社会党出身の人もいれば、保守的な考え方の人もいるから、当然まとまらないでしょうね。だからといって民主党に同情する気はありませんが。

どらっへさん、
今自民党は金の問題で後手に回っていますが、決して民主党が金にきれいな政党ではありませんね。私も小沢氏に期待した時期があっただけに失望も大きいです。

蛇足さん、
「自民党よりはまし」と言うのがどこまで通用するのか見物ですね。多分早々に破綻するでしょう。

2007年09月02日 さいごう URL 編集

小沢に理由なんて要らないんですよ。何も考えずに自民に反対するだけの党ですから。国民のことを考える人は民主党の党首は務まりません。国連だろうと憲法だろうと自衛権だろうと、反対することができれば何でも理由なんですよ。

2007年09月19日 冷静激情 URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007年09月24日 編集

テロ特措法制定時に、石破防衛省長官は、"給油後の、他国の、軍事機密について、どうするかなんて、ツマラナイ質問をするな、???"って風な、国会答弁をしていた様な、
コレ給油後は、自由にお使いくださいって、日本が、アメリカのイラク侵略戦争に参加していたい、コノ法律に違反してでも、日本自民党は、アメリカの侵略戦争に、参加・応援しておく必要があるって、・・国際社会の反対を押し切って軍事侵攻を、行う為に、小泉自民党は、コレの宣伝・扇動の旗振りって、もし、アメリカ撤退後は、国連軍からの出動に、責任上日本が、イラクの治安を、取り戻す責任を取るように、国際社会からの、当然の、要求が、ある、

2007年09月27日 ベル URL 編集

テロとの戦いに参加していないのは、ロシアと中国である。小沢一郎は、テロ特措法に反対して、小沢が信奉するはこれらの国に加わりたいのである。

2007年10月06日 活断層 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。