スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【外交】インドとの安保連携は中国への楔

 安倍政権は色々と批判もあるようですが、実績に関してはかなりの部分で満足すべき点があります。外交政策に関しては、歴代政権の中でも実績は十分だと思っています。

 ・日印、安保・環境・エネルギーで協力 共同声明(iza)

 【ニューデリー=杉本康士】安倍晋三首相は22日夕(日本時間同日夜)、ニューデリー市内でシン首相と会談する。両首脳は、日本がインドの高速貨物専用鉄道への資金援助を検討するほか、来年のシン首相訪日までに2国間の安全保障協力に関する報告をまとめることなどを盛り込んだロードマップ共同声明と、環境・エネルギー共同声明に署名。昨年12月に合意した戦略的グローバル・パートナーシップの具体化のため、多方面にわたる日印関係の強化・深化の態勢が整備された形となる。

 ロードマップ共同声明は、日印関係を「基本的価値観を共有し、最も可能性を秘めた2国間関係」と規定し、両首脳は「アジア太平洋地域の同様な考えを持つ諸国との間で対話を行うことが有益」との認識で一致。9月に行う日米豪印シンガポール5カ国による海上共同訓練などを通じ、防衛協力向上の必要性を確認する。
 経済面では、2010年までに日印間の年間貿易額を200億ドル(06年は85億ドル)と倍増することに取り組むほか、経済連携協定(EPA)の早期締結に向けて交渉を進める。
 環境・エネルギー共同声明では、地球温暖化対策について両首脳が「ポスト京都議定書」の枠組み作りに向けて「協調行動への決意」を表明。ただ、シン首相は安倍首相の温暖化対策を評価しながらも、「どのような決定も科学的合意に基づきなされる必要性がある」との表現にとどめる。
 また、インド側は民生用原子力技術協力のための米印2国間協定に日本の理解を求めてきたが、安倍首相はインドと国際原子力機関(IAEA)との査察協力交渉などが進んでいないことから、首脳会談では慎重な見解を示す見通しだ。

 これに先立ち、安倍首相はインド国会で演説を行い、民主主義など基本的価値観と戦略的利益を共有する2国間関係の強化を提唱。日米豪印のネットワーク構築や海上交通路(シーレーン)の安全確保のための協力を呼びかけた。また、極東国際軍事裁判(東京裁判)で被告人全員の無罪を主張したインド出身のパール判事に言及し、「気高い勇気を示されたパール判事は、たくさんの日本人から今も変わらぬ尊敬を集めている」と評価した。


 インドが「民主主義」という価値観を共有しているかどうかは疑問の余地があります。しかし、外交関係において、「敵の敵は味方」という論理は多くの場合通用します。この場合のインドについてもそうですし、オーストラリアについても当てはまる部分があります。

 結局は今の日本にとって重要なのは、中国を市場・工場の移転先として確保しつつも、いかに中国のリスクを減らすために周辺国と連携を取ることです。また、中国の市場としてのメリットは、他の国とEPA(経済連携協定)を結ぶことによって相対的な価値が下がります。さらに、EPA締結は、資源や食糧などの輸入先としても有用で安全保障上のリスクを大幅に削減出来ます。

 この様に、今のところ外交政策としては問題ないのですが、若干中国に対して「非難すべき点はきちんと非難する。」と言う部分が欠けているように思えます。最近世界中で問題になっている「中国製品・食品の質の劣悪さ」に関してそれほど問題視していないように思えるのは何とも残念なところです。

 安倍首相には内閣改造を行っても今の外交政策は継続してもらいたいです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年08月22日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

とりあえず、インドには工場誘致という点で貸しを作っておくべきですね。
服までホルムアルデヒドが出てきましたから。
ちなみに言うまでもないかもしれませんが、着てると血液が凝固して死ぬそうです。

>外交政策

それが足りませんよね。靖国の件といい。もう少し押しが強ければ、参院に負けなかったかもしれないのに。

参院といえば、横峰に賭けゴルフの件が出てきましたね。

2007年08月22日 どらっへ URL 編集

>安倍外交
国内の逆風を考えれば、ほぼ満点では?
首相がインド、外相はイスラエル&パレスチナ→ブラジル、防衛大臣はアメリカ。
マスゴミは「傷心旅行」と報道してそうですが。

個人的にはアフリカ。
でも欧米利権&民族対立でグチャグチャなので手を出さないで正解ですが…。

2007年08月23日 蛇足 URL 編集

自由と繁栄の回廊という戦略はすばらしいと思います。相手国にメリットがある提案だからこそ、こちらの話しを聞いてもらえるのだと思います。

惜しむらくは、外交は票にならないことでしょうね…

2007年08月23日 三浦介 URL 編集

コメントありがとうございます。
どらっへさん、
横峰氏の件については、週刊誌の件が全て本当だとすれば、本人が辞任するだけでは住まないでしょうね。民主党は何を考えているのでしょう。

蛇足さん、
アフリカ外交はなかなか難しいですね。とりあえず東南アジア外交を着々と進めているのは正解だと思います。

三浦介さん、
外交や安全保障は金にならないと昔から言われていますが、国民の側にもこの点については責任がありますね。きちんと実績を出した内閣を評価しなければなりませんね。

2007年08月26日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。