スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【イラク】泥沼化が続くイラク情勢、解決策は?

 先日起こったイラクでの爆弾テロの被害者は250名以上、そして瓦礫の下にいる人たちも含めて被害はさらに増える見通しです。この様な大規模なテロが起こる中で、イラク情勢は改善の方向に向かうのでしょうか。

 ・イラク北部の連続爆弾テロ、死者250人に(読売新聞)

 【カイロ=長谷川由紀】AP通信によると、イラク北部ニネベ県にある少数派のヤジード教徒が住む二つの村を狙った連続トラック爆弾テロの死者は16日未明までに少なくとも計250人、負傷者は350人に達した。

 一度のテロによる死者数としては、2003年3月のイラク戦争開戦以来、最悪となった。現場では依然、多数の住民が倒壊した建物などの下敷きになっているとみられ、死者は500人に上るとの情報もある。

 駐留米軍は、犯行手口などから、同国北部で活動を活発化させている国際テロ組織アル・カーイダ系などイスラム教スンニ派武装勢力の犯行との見方を強めている。米軍はバグダッドやディヤラ県などで新たな掃討作戦を実施するなど治安対策強化に努めているが、武装勢力側は、逆に北部など地方で大規模テロを展開、その勢力を誇示する戦略を強めている。

 治安対策強化などで米国など国際社会の圧力にさらされているシーア派主導のマリキ政権は、相次ぐ閣僚の離脱・職務停止で機能停止状態に陥っており、治安悪化の最大要因である宗派対立解消に有効な手だてを打てないでいる。


 イラクの治安悪化は、宗教・部族・利権などが絡み複雑な様相を呈しています。そしてこの治安情勢はイラク戦争終結後から改善の兆しを見せていないのです。

 イラクへの主権移譲、治安権限の段階的な移譲など象徴的な出来事は若干の遅れがあるものの、一応進んではいます。特にイラク南部では北部と比較して治安は安定しており、一定の成果は表れていると見て良いでしょう。

 しかし、元々南部の治安情勢は、北部と比べて雲泥の差がありました。陸上自衛隊がイラク南部のサマワに駐屯したのもそうした情勢認識があってのことだと思います。(そしてサマワは最初に治安権限をイラクに移譲しました。)

 問題は最初からバグダッド周辺と北部の治安情勢にあったわけで、権限移譲などのイベントはその解決を後回しにしているだけとも言えます。

 米国はこの様な治安情勢の悪化を、イランの革命防衛隊をテロ組織に指定することで「悪者はイランだ」と言う姿勢を強調しています。米国のイランに対する姿勢はずっと変わらず、米国とイランの関係悪化の原因の大半はイラク情勢にあります。

 また、アフガニスタンでタリバンの勢いがまだ衰えないどころか、再び域を吹き返してしまっていることもイラク情勢に悪影響をあたえています。アフガニスタン政府はタリバンを掃討する力がないどころか、山岳地域での戦闘力にはタリバン側の圧倒的なアドバンテージがあります。タリバンとアルカイダの関係が密接なのは皆さんご存じだと思いますし、タリバンが勢力を盛り返していると言うことは、イラクのテロ組織も強固なものになっていると見ることが出来ます。

 結局、イランやタリバンを叩いたとしても、モグラ叩きのように何も解決に向かわず、逆に怒りと憎しみを買うだけの負の連鎖になってしまっています。本当にテロとの戦いを継続するには、現状で本当に良いのか不安です。

 もちろん、単純に米国が兵力を削減したり、日本など協力する国家が撤退することによって問題が解決するはずもありません。何も考えずに撤退することこそ愚の骨頂と言わざるを得ません。

 結局具体的な解決策があればとっくにしているのですが、ないからこそ困った状況になっているのです。私は少なくともイランと敵対するだけでなく、イラクの治安維持のために協力体制を作ることと、ロシアやフランスのような大国との協力を得られるように努力することが必要だと思います。

 イラク問題は、イラクの人々自身の問題と言うより、周辺国の皮算用で動いている面が大きいので、そうした要因を潰していくことがとりあえず出来る処方箋ではないでしょうか。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年08月16日 中東情勢 トラックバック:- コメント:3

確かに報復の連鎖を止める手立ては今のところ見当たりませんね。
これは一種の交流心理学でいう心理的ゲームなんですね。被害者(の振り)がいつのまにか加害者になり、また被害者を作っていく・・・
こんなときは張本人が被害者ぶらず自分のケツは自分で拭くことです。
イラク限定でいうと、やはりア・メ・リ・カでしょー
自分だけでケツを拭ききれない戦争は結果、国益の喪失になるという経験則を積んでもらう必要があると思う。
なぜなら、この種の紛争は故意に起こされるものだから・・・
私は自衛隊を派遣してしまっている現状で撤退は日米関係や石油利権のような国益を損ねるかもしれないが、大義や信義の有無はそれ以上に大切だと思います。
「美しい国」とは小泉や安倍のよう”易きにつく”ような政治手法で出来るモノではないと固く信じている。
こう書くと理想主義かもしれませんが、国の品格として大義も信義も道徳もない隣国と同レベルであることに甚だ嫌悪を感じます。

2007年08月17日 ニュートラルな人 URL 編集

とりあえず、私の考え方は
ブッシュの面目は守ってやるべきだとは思いますが、その後は自衛隊を撤退させるべきですね。
イラクの一般市民には悪いですが、あそこまで行ったらどうしようもないですよ。

仮に民主党のヒラリーが大統領になるのなら、なお、撤退させないと危ないかと。

2007年08月17日 どらっへ URL 編集

コメントありがとうございます。
ニュートラルな人さん、
ベトナム戦争でも撤退する時期を逸したのですが、今回もそうした教訓が活かされていないのでしょうかね。米国は自国が優位なときには徹底的に自国の利益を追求しますが、弱くなるととことん時勢を見極める眼が無くなりますね。

どらっへさん、
私は自衛隊の撤退と言いますが、クウェートへの駐留ですから、輸送する地域を限定し、かつイラクの復興のために限定するという措置が今後必要になってくると思います。

2007年08月25日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。