スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内】これって結局派閥政治への回帰では?

 先日の参院選挙での大敗により自民党は挙党態勢で党を建て直す必要があるというコンセンサスが出来ているのでしょう。しかし、派閥の力関係を復活させるような人事だけは止めるべきです。

 ・福田、谷垣両氏も重要ポスト 森氏「首相に伝えた」(iza)

 ■官房長官留任に否定的

 自民党の森喜朗元首相は12日、テレビ朝日などの報道番組で、今月27日に予定される内閣改造、党役員人事について「麻生太郎外相だけでなく、断られてもいいから福田康夫元官房長官、谷垣禎一前財務相にまず礼を尽くすことが大事だ。そう安倍晋三首相にも伝えた」と述べ、3人を内閣などの重要ポストに起用すべきだとの認識を示した。
 具体的には、官房長官には福田氏が望ましいとの考えを表明。外相には麻生、福田両氏の名前を挙げた。また、「古賀誠元幹事長の力は大変なものだ」として、処遇の必要性に言及した。

 森氏は塩崎恭久官房長官の留任には「東大卒、ハーバード大大学院修了というだけでは国会運営はできない」と否定的な見解を表明。中川秀直幹事長については「派閥に帰らず、自分だけで静かにやると人から聞いたが、お礼奉公も大事だ」と述べ、国対委員長などで起用の可能性を指摘した。


 どうも流れが私にとってあまり好ましくない方向に進んでいるような気がします。小泉政権は派閥を無意味なものにしました。それは閣僚や党人事において派閥の力関係を持ち込まなかったからであり、派閥の資金源である支援団体も切り離してしまいました。

 しかし、安倍政権の人気に陰りが出てきたことで派閥は息を吹き返そうとしています。そもそも自民党はひとつの政策集団としての「政党」ではなく、安倍首相のような保守派もいれば社民党の政策と思えるような発言を繰り返す人たちもいます。今までは「派閥」と言う緩衝剤で均衡は守られてきたものの、小泉政権が派閥を無意味にしたことで自民党自体が崩壊をしつつありました。

 安倍首相には、それを崩壊させて新しい政党としてやり直すことも、全てを飲み込んでしまう度量も足りなかったのではないかと思います。いくら政策が正しい方向に向かっていたとしても、そうした部分のおかげでピンチになってしまいました。

 これは個人的見解ですが、安倍首相と閣僚たちのスキャンダルは、自民党内部からのリークだと思っています。まあ、根拠もないのでその辺りを詳しく書くことは止めておきます。

 ただ、そうやって息を吹き返した派閥を厚遇することは、完全に派閥政治を復活させてしまいます。安倍首相は「戦後レジームからの脱却」を掲げる以上、自民党の解体も視野に入れた方がよいのではないでしょうか。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年08月12日 政治 トラックバック:- コメント:3

派閥で人事をやるくらいなら、玉砕覚悟でやっていただきたいですね。
最後の最後まで抵抗して欲しいのですが、首相の覚悟は如何程か。

それにしても森は議員を辞めて欲しい人物ワースト10に入ります。

2007年08月13日 どらっへ URL 編集

でしゃばるなシン(森)キ(喜)ロウ(朗)ですよ…毎回余計な事を言う男ですね。
今回の参院選の敗北は「お礼奉公」の結果、無能な閣僚を選ばざるをえず、閣僚辞任が多発して国民の不信を買ったと思っています。
また同じ事を繰り返せば、小沢の目論み通り解散総選挙も現実味を帯びてきます。
自民党の学習能力無さは、かなり痛いです。

2007年08月14日 水兵長 URL 編集

コメントありがとうございます。
どらっへさん、
ただ、発言の割には影響力の低い人でもあるので、その辺りを考慮すると別に辞めさせるほどでもないかもしれません(苦笑)

水兵長さん、
自民党は結局派閥均衡型の政治になってしまうのでしょうかね。今がその見極め時かもしれませんね。

2007年08月19日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。