スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【南北】どこまで韓国はお人好しなんでしょう

 本当に選挙の話題が全くなくて申し訳ないのですが、その辺りは新聞記事も同じで、どんな記事を読んでも「安倍政権を無理矢理批判」する記事か、「選挙で自民党の大敗を予想する」記事ばかりです。自民党が負けようがどうでも良いのですが、もう少し政策を比較するTV番組や新聞記事が多くても良いと思います。
 それはともかく、南北朝鮮の関係はあまり注目されませんが、日本の安全保障にとって重要な事項です。

 ・南北軍事会談が決裂 北方限界線の見直しで対立か(iza)

 AP通信によると、韓国と北朝鮮の第6回将官級軍事会談は26日、北朝鮮側が会談の席を立ち決裂、成果のないまま3日間の協議を終了した。
 北朝鮮側は今回の会談でも、韓国が黄海上の軍事境界線と位置付ける北方限界線(NLL)の見直しを要求したが、韓国側は拒否。北朝鮮側は要求が受け入れられなかったことに反発したとみられる。

 会談は、黄海上における軍事的衝突防止や共同漁場の設定、経済協力・交流事業のための軍事的安全保障措置などが議題となっていた。(共同)


 ・NLLめぐり激論、南北将官級会談が決裂(中央日報)

南北(韓国・北朝鮮)将官級会談が激論の末、決裂した。南北は26日、板門店(パンムンジョム)南側地域‘平和の家’で第6回将官級軍事会談を開き、西海(ソヘ、黄海)上の偶発的衝突の防止と南北経済協力のための軍事的保障案について議論したが、結論を出せずに終わった。

国防部北朝鮮政策チーム長のムン・ソンムク大佐は会談後、「北朝鮮が主張した西海北方限界線(NLL)設定問題と共同漁労水域をめぐる(南北の)立場の差があまりにも大きかった」とし「北側がこうした問題に対する南側の立場変更を一方的に要求し、これ以上協議を進展させるのが難しかった」と述べた。

24日から出勤・退勤方式で3日間行われた今回の会談で、北側は西海NLLを‘無法的な線’とし、NLL再設定問題を協議の前提条件として持ち出した。しかし北側の主張通りNLLを再設定する場合、白リョン島(ぺクリョンド)や延坪島(ヨンピョンド)など南側の島が北側海域に含まれるため、政府は受け入れられないという立場を明確に示した。 NLLは韓国戦争(1950-53年)以後、実質的な南北間の海上境界線となってきた。

共同漁労問題について、南側はNLLを基準に南北が同じ面積の海を試験的に設定・運営しようという立場を提示した。 しかし北側は共同漁労区域をNLL南の韓国側の海域だけに設定することを主張した。

金ソック(キム・ミンソック)軍事専門記者


 どうでも良いと思う人は、そもそも私のブログに来ることはないと思いますが、実際に朝鮮半島の情勢について、日本に与える影響を考えている人は世間で多くはありません。

 一応簡単に説明しておきますと、どんな理由や方法であれ朝鮮半島が安定化するということは日本の国益につながります。なぜなら周辺国の軍事衝突は、日本に飛び火する可能性を十分に持っているからです。ベトナム戦争や朝鮮戦争の際に、日本が米軍の補給基地となっていたのは、その可能性を十分に表しています。

 もちろんただ安定化すればいいわけではありませんが、「衣食足って礼節を知る」というのは基本的にどこの国にも言えます。同じ朝鮮半島の民族でも、北の方が正気の沙汰ではない発言を繰り返すのは、発言ひとつひとつに生死がかかっていることも関係あると思います。(もちろん衣食が十分に足りている韓国が礼節の国かどうかはノーコメントです。)

 だからといって「礼節のない国」にあたえられた被害は無視すべきではありません。結局、「安定化」と喫緊の「国益の確保」は車の両輪です。日本の国益を維持しつつ半島の安定化を目指すのが、今の日本の選択すべき道だと思います。

 そう考えた上で、韓国の政策は「安定化」にばかり傾いているきらいがあります。北朝鮮は、相手が譲歩しているときにはとことん攻めの姿勢を継続しますし、それに答えていてはキリがありません。今回の件は、日頃北朝鮮に友好姿勢採っているから「ここからスタートで大丈夫だろう」と判断した韓国の誤認があると思います。

 まともに話の通じる相手ではない以上、多少強硬な手段を選択してでも国益を維持するのが北朝鮮政策の基本だと私は思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年07月27日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

「譲歩している」韓国と「譲歩に付き合ってやっている、援助は当然」の北朝鮮。
お互いがそんな心情を持って臨めば、結果は歴然ですね。
右の頬を打たれたら、左の頬を差し出す…キリスト教徒らしいです(笑)

2007年07月28日 水兵長 URL 編集

安定化ね~
たとえ安定化してもどういう意味での安定化になる事かw
連邦制をとるにしても韓国の譲歩、資金提供があり、統一したとしても民主化の仮面を被った全体主義国家ができるだけだと思う
どっちにしろ日本にとっては反日国のままで脅威がより高まるだけ
米国軍の撤退、孤立化から始まり、中国、朝鮮、米民主政権からの攻撃を受ける事になる
米国だってどんな難癖つけてくる事やら

2007年07月28日 take URL 編集

コメントありがとうございます。
水兵長さん、
その例えで言うと北朝鮮は、「右の頬を出されたら打ち、左の頬を出されても打つ」というところでしょうかね(苦笑)

takeさん、
韓国主導だろうが、北朝鮮主導だろうが安定化するためには「理念」が必要で、今のままでは何も考えていない韓国がかき乱しているだけのように感じますね。

2007年08月05日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。