スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【韓国】アフガンでの拉致にキリスト教布教の影響

 一応2ちゃんねるなどの情報ソースやコメントで頂いた情報などからアフガンの韓国人は宣教に行っていたとの認識はあったものの、産経新聞黒田氏の記事でこの様なものがあると、やはり影響力は大きいです。

 ・タリバン拉致 韓国、過熱する海外布教(iza)

 【ソウル=黒田勝弘】アフガニスタンでの韓国人大量拉致事件は、韓国のキリスト教界が近年、積極的に展開している海外布教活動を背景にしており、事件を機に韓国内でも危険地域への無謀な“進出”に批判の声が出ている。

 韓国各紙によると韓国のキリスト教団(プロテスタント)は現在、世界175カ国に約1万6000人の活動家を派遣し、その規模は米国に次いで世界2位という。
 派遣地域にはイスラム圏を含む危険・紛争国が約40カ国も含まれ、2004年にはイラクで韓国人のキリスト教関係者が拉致・殺害され、「殉教者」扱いされる事件も起きている。

 事件を機に韓国キリスト教教会協議会(KNCC)など諸団体は一斉に危険地域での布教・奉仕活動の自粛を訴えている。拉致された23人の奉仕団を派遣した「セムムル(泉の水)教会」もアフガンでの活動中止を発表した。

事態解決に努力中の韓国政府はイスラム圏を刺激しないよう「拉致被害者は布教活動のために渡航したのではない」ことを内外に強調しているが、事件を機に韓国キリスト教界の実態に関心が集まっている。

 韓国にはプロテスタントを中心に人口の約3分の1にあたる1500万人ものキリスト教徒がいるといわれる。

 ソウル首都圏では喫茶店の数より教会の数が多いとの話もある。しかし近年、飽和状態で教会同士の競争が激しく牧師の就職難もいわれている。

 このため各教会・教団では海外布教・奉仕活動に力を入れ、そのための献金集めも活発だ。海外布教が財源確保に好都合というわけだ。教会によっては「韓流ブームに乗って海外布教を」といったアピールさえなされている。

 韓国キリスト教の活発な海外布教の背景に、思い込みの強い「攻撃的な福音主義」を指摘する声もある。「未伝道地域には、福音をもたらさなければならない」という過度の使命感で、あえて危険で困難な地域に乗り込む傾向が強いという。

 さらに韓国のキリスト教(プロテスタント)は昔から米国との関係が深く親米的といわれてきた。このため米国主導で国家再建が行われているイラクやアフガンなどイスラム圏での布教・奉仕活動には積極的だ。

 アフガンでは昨年、韓国のキリスト教団体が1000人以上の大規模イベントを強行しようとし、韓国政府の説得で中止になっている。

 中国やモンゴルでも布教活動が活発で、とくに中国ではしばしば逮捕されたり国外退去になるなどトラブルを起こしている。それには中朝国境地帯での「脱北者支援」の活動も含まれるが、韓国のキリスト教団体が海外活動の一環として、食糧など人道支援の一方で、北朝鮮の人権問題に最も積極的に取り組んでいるのも事実だ。


 私は、宗教的な活動が政治的な意味を持つことは非常に危険だと思います。なぜなら、宗教の目的が国家の政策と関連性があるならまだしも、そうでないなら「国益を毀損する行為」に国家の労力を割かなければならないからです。

 宗教とは違いますが、イラクに陸自を派遣していた当時に拉致された日本人が数名いましたが、彼らは自衛隊のイラク派遣に反対していました。そうした彼らのために政府や自衛隊は情報収集、友好的な部族を介した解放交渉、日本への人員輸送など様々な労力を割きました。それは彼らが日本人である以上しょうがないことですが、大半の日本人の意見に反して「自らのリスクを甘受した上で」イラクに入国した彼らにも政府は手をさしのべているのです。

 そういった意味で韓国の宣教活動は、、若干違った意味を持つかもしれません。韓国のキリスト教徒は日本の左翼活動家と違ってメジャーですし、その方針は一部が韓国の国家方針と重なります。

 しかし、無理な布教こそが韓国の国益までも損なっているのだとしたら、彼らは自分のリスクをどう捉えているのでしょう?「自らのリスクで危険な国に入国する」とその人たちは言うでしょう。しかし、そんな人たちも国家は助けます。ある意味彼らはそこまでを理解出来ないまま権利だけを振りかざす「子供」に過ぎません。

 日本にも韓国にも、「自分のリスク」をよく理解しないまま、勝手に周囲を巻き込む「子供」が多すぎると私は思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年07月25日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:5

宗教をする人たちって、多くは神の命が国家の命より優先で、今の国家が民を統治する社会をを本当は正しいと思っていないですから、国が行かないでくれと泣いて頼まれても行くでしょう。日本にもありますね、そういう宗教。既に政治に深く関わってますが、今度は海外で同様なことしようとしてます。人類は皆宗教によって統一されるべき、それも最終的には彼らの宗教によってだと嬉しそうに語ってくれます。彼らに反対意見を言っても糠に釘です。

2007年07月26日 マリアン URL 編集

「自分のリスク」をよく理解しないまま、勝手に周囲を巻き込む「子供」が多すぎると私は思います。


私も同感です。
未だキリスト教徒を「十字軍」呼ばわりするイスラム教圏内に入り改宗を勧める考え方がおかしいですよ。
殉教覚悟で行ったとは思えませんし、どこかで国が助けるだろうと考えていたのではないでしょうか。
どうやら一人殺害されたようです。韓国政府はこの「我が儘な子供達」をどう救うのか、それとも殉教させるのか。
この対応次第では、盧大統領の進退にも及ぶかも知れませんね。

2007年07月26日 水兵長 URL 編集

思考が浅い=民度が低い
彼らはわからないことだらけだから

2007年07月26日 せ~ちん URL 編集

 自殺と言うよりは(交渉などに関わる人間を)他人を危険に晒してる自覚が無いのでしょうか?
 信じられない阿呆達です。

 まあ、ノムヒョンが失策をまた、反日政策で誤魔化そうとするのは冗談じゃないですね。

2007年07月27日 どらっへ URL 編集

コメントありがとうございます。
マリアンさん、
コメントありがとうございます。
宗教に熱心な人って、それで相手も救えると思って一生懸命説教してくるんですよね。本当に迷惑を顧みないというか、腹の立つ人たちがいますよね。

水兵長さん、
当然ながら彼らを救おうとするでしょうけど、本当に彼らをどう扱うかはこれから分かってくるでしょうけど、私にはあまり大統領がはっきりした態度をとれるとは思っていません。

せ~ちんさん、
韓国人は自らが優秀な民族と思うがゆえに、キリスト教の布教のような使命感に燃えることになるのでしょうね。そもそも出発点が変なコンプレックスから生まれています。

どらっへさん、
あり得る話ですよ。北朝鮮が頑なな態度を採るのは日本の態度が原因だと言いかねないですね。

2007年07月30日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。