スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内】物価の上昇は感じています

 まずは一昨日の台風や昨日の中越沖大地震で亡くなられた方にご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方の一刻も早い復興のために何らかの助力出来ればと思っています。
 個人的な話はなるべくしたくないので、タイトルの話に移させてもらいますが、最近ちょっと物価が上がり始めたと思う人はいないでしょうか。ガソリンの話もそうですし、買い物に出るたびになんだかトータルで使う支出が増えている気がしています。

 ・庶民感覚と統計にズレ 生活用品次々値上がり…(iza)

 マヨネーズ、コーヒー、ワイン、ガソリン…。庶民の生活に身近な商品が次々と値上がりしている。ところが、消費者物価指数(CPI)は5月まで4カ月連続のマイナスとなり、庶民感覚と統計の間には大きな違和感が生じている。CPIのマイナスは、「金利の正常化」に向け、第3次利上げのタイミングを模索している日銀にとっても頭痛の種だ。物価の“謎”に迫った。

 ≪バイオ燃料ブームが直撃≫

 新聞の折り込みチラシのチェックを欠かさない価格に敏感な主婦なら、最近の物価上昇をヒシヒシと感じているはずだ。
 象徴的な存在がマヨネーズ。6月にキューピーが17年ぶりの値上げに踏み切り、7月には味の素も追随。卸価格で最大10%程度も値上がりしている。
 原因は世界的なバイオエタノール燃料の需要拡大。原料であるトウモロコシやサトウキビが高騰した影響で、大豆から転作する農家が急増し、大豆は生産量の減少で値段が上昇。マヨネーズなどに使われる大豆を原料とした食用油が値上がりしているのだ。転作の急増でコーヒー豆やオレンジも高騰し、ジュースなど最終商品の値上げも相次いでいる。
 原油価格の高騰を受け、レギュラーガソリンは9カ月ぶりに140円台に突入。ティッシュも原油高を理由に昨年夏から1割以上も値上がりした。円安・ユーロ高を背景にワインやシャンパンも相次いで5%程度、値上げされている。
 スーパーなどの特売品の定番であるマヨネーズやティッシュの値上がりにより、庶民感覚では“インフレ不安”が着実に高まっている。

 ≪統計は無反応≫

 一方で5月のCPI(生鮮食品を除く)は前年同月比0・1%減とマイナスのまま。先行きについても、物価の番人である日銀は「目先、ゼロ%近辺で推移する」とみている。
 総務省が取りまとめているCPIは「食料」「衣料」「保健医療」「通信」「娯楽」「家電」「家賃」など計584項目に上る商品やサービス価格を集計し数値化したもの。このうち天候による価格変動が大きい生鮮食品61品目を除いた数値が、日銀の金融政策の判断などに影響を及ぼす統計として重要視されている。
 物価が上がらない理由として、日銀は「物価の反応が鈍くなっている」と分析する。製品や労働力の需給が逼迫(ひっぱく)してきているのに、賃金の上昇が抑えられ、価格への転換が進まなくなっていることなどが原因といわれている。
 また、「原油価格は対前年比でみると、昨年の春から夏にかけての方が大きく高騰しており、今年はその反動で対前年比の上昇率が小さくなっている」(民間エコノミスト)という特殊要因もある。

 ≪家電値下がりが“犯人”≫

 だが、違和感の原因は、それだけではなく、意外なところに隠されていた。日銀幹部は「家電など耐久消費財の値下げ幅が大きく、他の多くの品目の価格上昇を飲み込んでしまっている」と指摘する。
 実際、CPIのうち冷蔵庫、電子レンジなどの「家庭用耐久財」は5月が6・0%のマイナス。テレビ、パソコン、ビデオカメラなどの「教養娯楽用耐久財」は18%も下落している。
 「購買頻度の多い食料品や生活用品が値上がりする一方で、年間の平均購入頻度が0・5回以下と少ない耐久財は大きく値下がりしている。これが、庶民感覚と統計の違和感につがっている」
 第一生命経済研究所の熊野英生主席エコノミストは、こう解説する。
 家電をめぐっては、最大手のヤマダ電機が13日にビックカメラが本店を構える東京・池袋に進出するなど、安売り戦争の激化は必至。庶民の違和感がさらに高まると同時に、物価をめぐる日銀の判断も困難さを増しそうだ。(赤堀正卓)


 別に統計は統計ですし、物価が上がり始めたというのは私の感覚でしかないのかもしれません。ただ、そうした独断を含めた上で言わせてもらえば、家計を徐々に圧迫し始めているのは事実です。

 一般的に値段の上下はあまりないのかもしれませんが、いわゆる下の部分、例えばマクドナルドでクーポン券が配られる頻度は減ってきたりとか、スーパーでの安売りの下限が上がり始めているとか、そういった身近な部分での変化が色々と生活に変化を及ぼしています。

 統計の採り方が意図的であるとか、そういった指摘をするつもりはありません。しかし、そういった表に出ない部分で家計を圧迫し始めているのは確かです。

 もし、その原因がこの記事通り家電製品の値下がりだとしたら、所得の低い人ほど物価の影響を受ける可能性が高くなってきます。本当にこの影響が出始めているとすれば、そろそろ対策を採らなければならないところですが、実際に物価は影響を受け始めているのでしょうか。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年07月17日 経済 トラックバック:- コメント:3

確かに…。



でも、物価が上昇すれば、基礎年金給付がアップします。1.7%以上上昇すればね。
なんだ、家電量販店が年金を据えおいてるのか…。

2007年07月18日 sak URL 編集

原油の価格がなかなか下がらないのと、バイオ燃料の影響でいろんな品物の価格が少しずつ上がっていますね。
私は自動車通勤なので特にガソリン価格はホントに痛いですよ。ハイオクだし…(涙)
なんとかならないものかと日々財布とにらめっこです(苦笑)

2007年07月18日 水兵長 URL 編集

コメントありがとうございます。
sakさん、
そう考えると家電製品の値下がりもあまり評価出来ませんね。

水兵長さん、ガソリンは本当に一時期の安かった頃を考えると、今の額を払うのが馬鹿らしくなってしまいますね。

2007年07月22日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。