スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内】金の問題は小沢氏が一番多いはずなのに

 参院選挙が始まりましたが、いきなり大雨と台風に見舞われ、候補者の方々は非常に苦労されていることでしょう。それにしても逆風といわれる安倍政権に「金」の問題は多いものの、民主党の小沢党首の方が、叩けば埃が出てくると思うのですが、意外にそうした報道は少ないですね。

 ・【花田紀凱の週刊誌ウォッチング】小沢錬金術(iza)

 ドンピシャ発売日と参院選公示日が重なった『週刊文春』と『週刊新潮』(ともに7月19日号)。もう少し何か出るかと期待していたのだが、両誌ともワイド特集で軽く流した。

 しかも両誌とも新聞、テレビの尻馬に乗っただけの赤城農水相批判がトップとは情けない。新聞、テレビの“熱狂”に異議を唱えてこその週刊誌ジャーナリズムではないか。

 そういう意味で言えばスペースの関係でこれまで触れられなかったが『文春』(6月28日号)の「小沢一郎『現金25億円』の錬金術」、こういう記事こそ週刊誌の真骨頂なのだ。

 小沢一郎民主党代表の資金管理団体「陸山会」が事務所費で総額10億円の不動産を購入していたことは既に報じられた。

 小沢代表はまだ、納得のいく説明をしていないが、その小沢代表がそれとは別に25億3500万円もの巨額資金を溜め込んでいたというのだ。問題なのは「改革フォーラム21」と「改革国民会議」という2つの団体。

 〈前者には約七億円、後者には約十二億六千万円という現金がプールされている〉

 「改革フォーラム21」は新生党の、「改革国民会議」は新進党、後に自由党の政治資金団体、それが両党解党後も生き残り、自由党解散当日(平成15年9月26日)、自由党から「改革国民会議」に対して総額約13億円もの寄付が行われている。

 〈最大の問題は、自由党から「改革国民会議」にわたった約十三億円のうち、五億六千万円が政党助成金だったことである〉

 政党助成金は解散時に残高がある場合は国に返還しなければならないことが法律で決まっている。つまり返還逃れ--。そしてそれが小沢代表の“軍資金”になっているのだ。

 小沢代表、赤城農水相に「領収書を出せ」などと言えた義理か。


 自民党が金に汚い政党だと思っている人がいたなら、それは完全な間違いです。そもそも政治家で金にクリーンな人を探すことの方が難しいでしょう。

 もし、金に汚い政治家を絶対に選びたくないとすれば、政党に議員歳費を全て寄付して、政党から給与として金をもらっている日本共産党は金の問題が一番少ないと思います。

 結局そうでもしなければ自分たちで政治資金を増やすために、多少汚い金でも使ってしまっているのが現状でしょう。そして、そうした政治家の中でも小沢民主党党首の金銭管理は、集金力抜群な田中派から受け継いでいます。叩けば叩くほど埃が出てくるはずです。

 ただ、私は小沢氏の金の問題も含め、金銭管理のクリーンさで政治家を選ぶつもりはありません。その人(その政党)が提示する政策とその提示した政策を実行した実績で選ぶつもりです。だからこそ金の問題ばかり取り上げるマスコミには少し冷静になって欲しいと思う毎日です。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年07月15日 政治 トラックバック:- コメント:3

 クリーンで有るかよりも日本や日本国民にとって有益な判断を下せるかの方が問題ですよね。
 変なトコに媚びる民主党の体質には見下げ果てました。

 金が要る選挙方法を選んでしまったのは国民の責任とも言えなくも無いのですから。

 直接関係ないですが、比例はいらない。

2007年07月15日 どらっへ URL 編集

金集めが出来る政治家が全ていい仕事をしているのであれば、文句も出ないでしょうけど。
小沢一郎は間違いなくただの集金&選挙マシーン、肝心の政治については私は疑問です。
菅や鳩山、社会党くずれの連中は小沢の金と選挙戦の上手さ目当てにくっついているだけのような気がします。党首討論での原稿の棒読みには参りました。せめて、短い文面だけでも見ずに読んでくれと…。
政治や選挙に金がかかるようにしたのは政治家、それを選んだ国民は確かに責任はあるかも知れないけど、それを変えようとしない政治家がやはり悪いと思うのは、私だけでしょうか?

2007年07月15日 水兵長 URL 編集

コメントありがとうございます。
どらっへさん、
私はいつも言っているのですが、精査癖勝負出来ない民主党は野党第一党としての資格はないと思いますね。

水兵長さん、
しかし棒読みの党首討論ややる気なしの論戦を国民はよく見ているのでしょうかね。見ていれば、自民党より民主党の方が良いとは絶対に言えないはずですね。

2007年07月22日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。