スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【北朝鮮】偽札を流通させているのが分かっているなら・・・

 米国はこの様な報告書を作成しながら、北朝鮮との話し合いの場を持つ努力をしています。米国には世界中に敵対する国家がいるから仕方ないのかもしれませんが、少なくとも「核開発」、「ミサイル開発」、「偽札流通」、「拉致」、「支援物資の横流し」など様々な国際秩序への挑戦を繰り返す北朝鮮に対して、今のままでは友好関係など築くことなど出来るわけはありません。

 ・北の偽札 4500万ドル流通 利益、年2500万ドル(iza)

 【ワシントン=古森義久】米国議会調査局は「北朝鮮の米国貨幣偽造」と題する報告書をこのほど作成した。同議会上下両院議員の審議用となる報告書は米国当局の見方として、北朝鮮政府がなお米国の百ドル紙幣の偽造を続け、現在の国外での流通総額は少なくとも4500万ドル(約55億円)相当で、その使用により年間2500万ドル程度の利益を得ていると述べている。
 同報告書は米国政府の情報当局や財務省、さらに韓国や日本からの情報をもとに、北朝鮮が年来、国家ぐるみで百ドル紙幣の偽造を続け、外貨不足の穴埋めのほか、大量破壊兵器の技術取得、政府関係者の外国旅行、外国のぜいたく品購入などに充てている、としている。実際の例としては2005年8月に米国司法当局がニュージャージー州とカリフォルニア州で中国系犯罪組織を摘発した際、北朝鮮製の偽造百ドル札400万ドル相当を押収したケースなどがあげられ、イギリス、東欧諸国、ペルー、パラグアイ、モンゴル、香港、エチオピアでの北朝鮮製百ドル偽紙幣の発見が記されている。
 同報告書は北朝鮮政府がこの国家ぐるみの紙幣偽造を否定し続け、韓国政府の情報機関も北の政府の偽造工作を認めながらも、「政府の関与は1998年ごろで終わった」という見解を示していることに対し、「米側の情報や判断では98年以降もなお北朝鮮当局が偽造を続けている」と反論している。同報告書は特に韓国政府の態度について「北への妥協を優先して、北の紙幣偽造など違法活動についての情報を過小評価する傾向がある」として、韓国当局が05年4月に国内で米国100ドル偽紙幣1400枚を押収したのに、その製造地についてあえて捜査しない方針をとった実例を指摘した。
 同報告書は北朝鮮による米国紙幣偽造が米国の通貨量全体に比べわずかだとはいえ、ドルの信用を落とし、長期的には米国経済に悪影響を及ぼす国家犯罪だとして、北朝鮮の核兵器開発の防止とは別個に対処すべきだという米国政府の認識を示している。
 同報告書は北朝鮮政府関係者がマカオの金融機関「バンコ・デルタ・アジア」(BDA)を偽造ドルで得た利益の保管によく使っていたことを指摘する一方、米国議会に対しては米国政府がイギリス、オーストラリア、日本、フランスなどの主要諸国と協力して、この北朝鮮の偽札工作に断固、対処することを訴えるよう求めている。


 北朝鮮に対して毅然とした態度を採っているのは、米国を除けば日本しかありません。そして米国もブッシュ政権の末期に出来るだけ功績を残したいためであるのか、普通では考えられない妥協を繰り返しています。

 現時点では、北朝鮮が最低限の合意を守れば韓国を中心にして大々的な支援が始まるでしょう。しかし、米国は「合意」という成果だけで自分たちの手を汚そうとはしません。結局は韓国であり中国が北朝鮮の延命を続けるだけです。

 韓国の北朝鮮への異常な「愛情」は別にして、中国には北朝鮮を延命させたい数多くの理由があります。第一に、「中国以上に人権侵害国である北朝鮮が非難の矛先に」なり、第二に「北朝鮮の政権が崩壊した場合、膨大な額の支援が必要となり、その多くを中国が負担するものの実質的なメリットは短期的にはほとんど無く」、第三に「ロシア、中国、米国のナショナリズムの先端が北朝鮮である」からです。

 北朝鮮は、様々な大国の駆け引きに乗じて常に利益を得てきました。しかし、日本は原則的に「秩序を破壊する」北朝鮮の存在を許すわけには行きません。だからこそ、中国や米国に秩序を破壊する北朝鮮の存在をいかに理解させ、いかに圧力を加えていくかが重要になってきます。

 単純に偽札を米国が見逃しているという状況ではないものの、日本が米国や中国と協力して北朝鮮を弾劾するのは、なかなか難しいものです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年07月09日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

 偽札の件だけでもいいので中国がもう少し協力的になってくれればいいのですが……
 米ドル国債を減らして、投資会社を買うと言うのは偽札に関して、関わっている部分があるのでしょうか?
 いずれにせよ、中国の態度もムカつきます。(まあ、北に彼らが焚きつけた面もあるでしょうから)期待するのは間違いでしょう。

 それにしても、ブッシュ政権にはイライラさせられます。
 私にはヒルが有能だとは思えません。

2007年07月09日 どらっへ URL 編集

あそこまで北朝鮮にべったりな態度をとるヒルの理由を知りたい。

2007年07月10日 エリー URL 編集

中国で買い物をしていて、銀行で換金したピンの百元札を渡したら、明かりに翳して透かしを覗くんですから…(苦笑)他所でも何度かやられましたよ。
このように平気で偽札が出回る中国ですから、北朝鮮に文句は言えないかも知れません。
その偽百元札も、北朝鮮で作っていたりして(笑)
私もアメリカの叩き売りり外交は、腹立たしい気持ちでいっぱいです。

2007年07月10日 水兵長 URL 編集

コメントありがとうございます。
どらっへさん、
ヒル次官補は、どうも北朝鮮に踊らされているという気がしますよね(苦笑)

エリーさん、
多分本国の命令を受けているというとこともあるのでしょうが、北朝鮮からの情報を受け入れる以外に情報ソースがないように思えます。

水兵長さん、
結局は北朝鮮外交は、米国にとって重要性が低いからこそ、こんなに適当な政策になってしまうのでしょう。b

2007年07月16日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。