スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【北朝鮮】これは病人の姿に見えます。

 朝鮮日報の記事からの引用ですが、どう考えてもこの姿は病人の姿です。今後が危ういかどうかは分かりませんが、少なくとも今まで大きな病気であったことは確かです。

 ・金総書記、髪が抜けウエストほっそり(朝鮮日報)

 「健康悪化説」が出ていた北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記(66)だが、2カ月ぶりにその姿を現した。ところが、写真を見ると目に見えてやつれた様子が分かる。

 3日、中国の楊潔チ外相と会談したときの金総書記の姿は、4月25日の朝鮮人民軍創設75周年記念日のときとはだいぶ違っていた。ウエストがほっそりとし、髪はだいぶ抜け落ちた様子だったのだ。肌にも張りがない。情報筋は「金総書記が5月に心臓バイパス手術を受けたというのは本当だが、あまり危険な状況ではない」と述べた。

 こうした姿について、専門医は「回復途中の患者の姿といえる」と語った。新村セブランス病院の心臓内科専門医は「65歳以上の患者がバイパス手術を受けた場合、完全回復に1・2カ月かかる」と話している。また、手術後きちんと食事が取れなければ、少しやせる可能性もあるとのことだ。そして「全身にわたり健康状態が良くなければ、髪の毛が抜けることも十分あり得る」とも語った。

 金総書記は5月4日から25日間以上、その消息が伝えられなかった。これを受け、日本の週刊誌やブルームバーグ通信は「ドイツの医療チームに心臓の手術を受けた」と報じ、英テレグラフ紙は、「300ヤード(27メートル)以上は休まずには歩けない状態だ」と伝えた。これに関しソウル峨山病院の心臓専門医は「バイパス手術を受けていたなら、歩けないのは当然」と話している。

 


 ちょっと申し訳ないですが、ウエストがほっそりしたようには見えません。しかし、全体的にやつれたイメージはあります。これが手術の後だと言えば大いに納得します。

 しかし、人の容姿をどうのこうの言うのは好きではありませんが、この人が国家元首といわれてもいまいち威厳にかけていると思うのは私だけでしょうか。

 それはそうと、金正日総書記の健康悪化説や口座凍結による幹部の資金難などの状況の重なりにより、北朝鮮はまだまだ国家の存続が難しい状況にあるのは確かだと感じます。今北朝鮮に支援することは、北朝鮮の政治体制を存続させたいと思う人以外には反対なのですが、きっと北朝鮮の隣国は存続させたくてたまらないのでしょうね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年07月06日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

腹が引っ込んだ?服の色のせいではないでしょうか(笑)
でも、髪は投薬等の影響を受けた感じですし、肌のツヤも無い。元々糖尿病と言われてますから、合併症も色々出るでしょうね。手術の情報も信憑性が高いでしょう。
両隣の国は、今北朝鮮が潰れたら自分の国が大変困るから、どうしても維持したいんでしょうね。

2007年07月09日 水兵長 URL 編集

コメントありがとうございます。
水兵長さん、
やっぱりこんな人でも北朝鮮を維持するのには必要だと周辺国が思っているのでしょうね。

2007年07月16日 さいごう URL 編集

北朝鮮に行って、あの人に一言言ってやりたい。

「もう終わりだ」と。

2007年10月07日 海外旅行を確実に安く済ませる方 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。