スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内】久間防衛相、辞任は「しょうがない」?

 今まで辞めずにやってこられただけ首相に感謝すべきでしょう。それにしても彼の答弁はいつまで経っても言い訳と意味不明の理屈だけで、聞いていて溜め息が出るばかりです。

 ・久間防衛相辞任、参院選への危機感背景に(読売新聞)

 久間防衛相が自らの発言の責任をとって辞任した背景には、目前に迫った参院選を前に、与党内で、参院議員を中心に、「これでは選挙を戦えない」との反発が高まったことが背景にある。

 当初、防衛相の更迭は必要ないとしていた安倍首相にも批判が及ぶ可能性も出てきた。参院選で自民党が敗北した場合、首相の責任がより一層問われることになるのは必至だ。

 公明党の浜四津敏子代表代行は3日午前、「ご自分で身の処し方を賢明に判断していただきたい」と記者団に述べ、自発的辞任を強く促した。同党の支持母体である創価学会は、核兵器の廃絶など平和主義に力を入れている。

 一方、参院自民党内でも、「参院選を控えたこんな時期に国民感情を逆なでするような閣僚は辞めるべきだ」(幹部)との声が出ていた。自民党の片山参院幹事長は3日午後、「現職閣僚の、しかも防衛相の意見は重い。しかも長崎出身だ。総合的におもんぱかって、責任を明らかにしたのではないか。(辞任は)ご本人の判断だから、尊重すべきだ」と述べた。

 参院選への影響について、町村派の町村信孝会長は「政権にとってマイナスは間違いないが、早期に辞めたことでダメージを食い止められるのではないか」との見方を示したが、党内では参院選の情勢について悲観的な見方が強まっている。(政治部 河島光平)



 ・久間防衛相辞任「参院選への影響も懸念して決めた」(朝日新聞)

 ・「原爆しょうがない」久間防衛相が辞任へ(iza)

 なんだか自民党にとっては、こんな人を閣僚にしてしまったことの尻ぬぐいだけで大変なことになってしまっています。他の閣僚もそうですが、安倍内閣は実力はあるのかもしれませんが、問題が多すぎる国会議員ばかりです。

 もちろん、久間防衛相については実力も怪しいものですが、1回防衛庁長官に就任したことがあるという経験だけで選ばれた部分もあるのでしょう。ただ、私にしてみれば同じ理由で選ばれた額賀前長官よりも数段劣ると思います。

 基本的に防衛省の米軍再編に関わる実績は前長官の実績によるものか、防衛官僚たちの手によるものです。もし彼のリーダーシップで決めたことがあるのなら是非聞いてみたいものです。

 今回の辞任で大きな問題となるのは、参議院選挙の趨勢と小池氏の能力です。前者については、自民党は基本的に「どこまで負けを許容するか」というところまで追いつめられています。神風が吹いても厳しい情勢なのに、この辞任騒動でさらに追い打ちをかけてしまっています。

 また、小池氏の能力ですが、私は基本的に今よりは良いと思っています。後は彼女の安全保障に関するセンスですが、バランス感覚は何より長けているので、私としては多少期待が持てるかな、と思っています。

 それにしても、安倍首相は自ら選んだとはいえ、どうしてこんな問題の多い人ばかりを閣僚につけているのでしょう。同情もしますが、半分は自業自得ですよね(苦笑)
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年07月03日 政治 トラックバック:- コメント:3

 いい加減、黙っていて欲しいとは思いますね。
 もう少し、真摯な表情が出来ないのでしょうかね。
 安倍さんも庇ったせいで要らん労力を使ったモンです。
 ま、最初から要らない人物でしたけど。(溜め息)

2007年07月04日 どらっへ URL 編集

あまりにも酷い引き際の悪さ。舛添要一の発言で「我々が前面で戦っているのに、後ろから弾を撃たれるようなものだ」には、相手が防衛大臣だけに笑えました。座布団一枚?(笑)
「原爆発言」の後叩かれ、「これは選挙や与党に影響するなと気付いた」とかいう発言をしたようですが、これが今言われる「鈍感力」なのでしょうか?いや、この人天然でしょうねぇ。
首相もやけに、この人を庇い立て過ぎたように思います。とっくの昔に更迭されるべき人物でした。地元選挙民からも怒りと不評を買い、政界引退も視野に入れる時期にあると考えます。
「口は災いの元」諺とおりの結末でした。

2007年07月05日 水兵長 URL 編集

コメントありがとうございます。
どらっへさん、
本当に引き際の悪さには閉口します。この人って何でここまで登り詰めたんでしょうね。結局当選回数だけが重視されたからでしょうね。

水兵長さん、
小泉前首相は「鈍感力」を安倍首相に勧めていましたが、久間氏には必要なかったかもしれませんね。それにしても発言にはもう少し気遣って欲しいものです。

2007年07月08日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。