スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内】宮沢喜一元首相が死去

 この人に対して言いたいことも多少あるのですが、今となっては歴史の中にきちんと功績を残した人と言えると思います。もう長くないとは思っていましたが、亡くなられると寂しいものです。

 ・「保守本流の旗手」宮沢元首相が死去 87歳(iza)

 宮沢喜一元首相が28日午後1時16分、都内の自宅で老衰のため死去した。87歳だった。自民党幹部が明らかにした。自宅は東京都渋谷区神宮前6の34の1。葬儀は7月1日正午から東京都港区南青山2の33の20、青山葬儀所で。喪主は妻庸子(ようこ)さん。

 宮沢氏は1919(大正8)年、東京生まれ。41年、東大法学部卒業。42年、大蔵省に入り、49年、池田勇人蔵相の秘書官に。51年、サンフランシスコ講和会議全権随員。53年、参院議員に初当選。67年から衆院議員。62年、池田内閣で経済企画庁長官。所得倍増政策に寄与した。以後、通産相、外相、官房長官などを歴任した。

 1991(平成3)年11月、自民党総裁・第78代首相に就任したが、93年、選挙制度改革をめぐって自民党が分裂し、内閣不信任案可決で衆院解散するが敗北し退陣。自民党は下野した。自民党一党支配に象徴される「55年体制」最後の宰相となった。
 退陣後も、党内屈指の政策通として橋本内閣の財政構造改革会議などで精力的に活動。1998年、小渕恵三内閣では「三顧の礼」で蔵相に迎えられ、「平成の高橋是清」とも呼ばれ、森内閣でも再任された。小泉純一郎前首相の引退要請を受け、2003(平成15)年11月の衆院選に出馬せず、政界を引退した。
               ◇
 宮沢氏は、大蔵省入省後間もなく池田勇人蔵相(当時)の秘書官に起用された。1953(昭和28)年の池田・ロバートソン会談にも通訳を兼ねて同行。豊富な閣僚経験など「保守本流の旗手」として早くから宰相候補に挙げられてきた。
 だが、党務、閥務が不得手なことや「覇道を求めず王道をいく」と露骨な権力闘争に距離を置く性格も災いして出遅れ、初めて挑んだ62年の中曽根康弘首相(当時)の後継争いでは、竹下登氏を後継総裁に指名した「中曽根裁定」の前に涙をのんだ。88年12月にはリクルート疑惑で蔵相辞任(竹下内閣)に追い込まれるなど苦境が続いたが、平成3年の総裁選で竹下派の支持を得て、海部俊樹首相(当時)の後を受けて首相に就任した。

 宮沢内閣では、池田内閣の「所得倍増」「経済大国」の向こうを張って「資産倍増」「生活大国」を打ち出し、外交面では冷戦後の国際新秩序づくりへの積極的参加を掲げ、国連平和維持活動(PKO)協力法を成立させた。


 今になって思うのは、この人の首相時代も色々とあったし、不本意な部分もあったでしょうと言う無念さを感じてはいないかと言うところです。

 首相をやった人が一内閣の閣僚に就任するというのは、政治に対する理想の高さこそがなせる行為だったのでしょう。私としては、この人の功績にかかわらずその行為は特に尊敬しています。

 天国でのご冥福を祈ります。b
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年06月28日 政治 トラックバック:- コメント:3

同じくです。
功績が大きかったですよね。

ご冥福をお祈り申し上げます。

2007年06月29日 テツ URL 編集

 ……冥福を祈ろう。
 最近、物分りが良くなって分、中曽根とかよりも遥かにマシだし。(比べるのは故人に失礼か)
 やる事はやってた気がするし。

 亡くなられるとちょっと辛いね。

2007年06月30日 どらっへ URL 編集

コメントありがとうございます。
テツさん、どらっへさん、
個人の功績を今すぐにエントリにするほどドライでは無いというか、今は亡くなった人に対する寂しさを感じるだけです。

2007年07月02日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。