スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内】今回初めて久間防衛相と意見が一致しました

 私は防衛問題について、結構興味を持って見ている方ですが、久間防衛相と意見がなかなか一致しません。ところが、防衛問題以外のところで意外にも私も同感だと思うところがありました。 

 ・久間防衛相がボーナス返納に異論 民主・高木国対委員長「パフォーマンス」と批判(iza)

 久間章生防衛相は26日午前の記者会見で、安倍晋三首相らが年金記録紛失問題の責任をとって夏のボーナスの一部返納を決めたことについて「どうかと思う。日本の風習かもしれないが、首相自らが就任前のことを防ぐことができたかというと、難しかった」と疑問を呈した。その上で、「(首相は)『自分の責任だ』と言っておられるが、自らの責任はなかったのではないか。気の毒だ」と首相を擁護した。
 一方、民主党の高木義明国対委員長は同日午前の記者会見で、首相や閣僚らのボーナス一部返納を「目先のパフォーマンス(をするの)ではなく、年金をきちんと受け取れる態勢を確立することが本当の責任だ」と批判した。


 言っておきますが、全面的に賛成したわけではありません。ただ、首相や閣僚などの賞与をカットするだけで年金問題が解決するわけではないことは、全く同感です。そんなことをしても何も解決しないのに、なぜ払おうとするのでしょう。

 私は、こうした行為は日本人独特の習慣であり、責任を感じているというアピールになっていると思っています。だから首相は意味がないと思いつつも賞与の一部を返還しているのだろうし、社会保険庁の役人も責任を感じているという姿が必要なのでしょう。

 はっきり言って意味はないと思います。しかし、政治家は国民の世論が重要なため、どうしてもこの様なパフォーマンスが必要になるのでしょう。パフォーマンスを行ったからと言って、現実の政治とは無関係です。安倍首相にはパフォーマンスだけではない解決策を見出して欲しいと思います。

 ところで、久間防衛相とは妙なところで意見が一致してしまいましたが、本筋の防衛問題ではこの人の考え方に賛同することはほとんど無いでしょう。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年06月27日 政治 トラックバック:- コメント:3

パフォーマンスですよね。
返すのは勝手ですけど、それで責任が済んだ訳ではないのですから。

2007年06月27日 どらっへ URL 編集

 私は一部返上して良かったと思います。返さなかったら「安倍総理がご自分の責任を認めたこと自体」が口先だけのパフォーマンスだったと朝日や野党に批判されたはず。「満足な仕事もしてないのにのうのうと賞与を受け取る神経」みたいな見出しで。
 どっちに転んでも批判されるのだから放置しとけばいい。と思う。

2007年06月28日 通りすがり URL 編集

コメントありがとうございます。
どらっへさん、
返したところで何の解決にもならないのに、情緒的というか、もう少し冷静に考えて欲しいものです。

通りすがりさん、
そういう考え方もありますね。どちらにしろ朝日新聞や毎日新聞は騒ぎ出すので放っておくというのは名案かもしれませんね。

2007年07月02日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。