スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【中国】互いに利益の一致した中曽根訪中

 中国は利用した政治家はとことん利用し続けるということをあらためて思い知りました。中曽根氏にとっても自らの存在をアピールする絶好の機会になったのではないでしょうか。

 ・中曽根氏、胡主席と会談「友好関係はトップの信頼関係」(iza)

 ■日中韓定例首脳会談を提案
 【北京=野口東秀】中曽根康弘元首相は19日、北京の人民大会堂で中国の胡錦濤国家主席と会談した。席上、中曽根氏は日中韓3カ国による定例首脳会談の開催を提案し、「国と国との友好関係はトップ同士の信頼関係による」と主張した。
 また、中曽根氏は1984年当時の日中関係の最良期を共につくった胡耀邦元総書記(故人)の墓参りを希望したが、受け入れられなかった。
 胡主席は昨年11月、87年に失脚した胡耀邦氏の生誕90周年に合わせて名誉回復に踏み切ったが、現在も政治的に敏感な問題であることが示された形だ。中曽根氏は「政府から招待された訪中で、中国政府が後押しして(墓に)連れて行く段階にはない感じがした」と語った。


 中曽根氏と胡錦濤中国国家主席が会談したのは、別に気まぐれでもなければ、感傷的になっているわけでもありません。

 日本の政治家が中国との関係改善に努力すれば、「中国はあなたを一生大事にしますよ」というメッセージを出したのが今回の会談です。中国にとっても中曽根氏の影響力が大したものではないことは分かっています。しかし、ここで中曽根氏と国家主席が会談するという状況を見て、一般的な日本国民はどう思うでしょう。その辺りを見越しての会談だと思われます。

 そして権力欲と自己顕示欲の塊である中曽根氏にとって見れば、今回の会談は非常に意味の大きいことです。その会談内容に実質的な意味がないことは、彼にとってどうでも良いのでしょう。

 中国はかつて利用した日本の政治家を、とことん利用しようとします。逆に日本の政治家にとって考えると、「中国に忠誠を誓えば、一生優遇してくれる」と思うのでしょう。まずは日本人政治家の意識改革を行っていく必要があるでしょう。私なら中曽根氏のような人は政治家として完全に相応しくないと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年06月21日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:2

 あの人は本当に余計な事しかしませんよね。
 安倍さんも意見が一致しただけであんな奴に擦り寄るとろくな事にならない気がします。
 やっぱり、参院、危ないのかな。

2007年06月21日 どらっへ URL 編集

コメントありがとうございます。
どらっへさん、
参院選挙はこのままの状況では結構危ないでしょうね。

2007年06月25日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。