スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内】今度は総連中央本部も競売に・・・

 朝鮮総連にとってはここが正念場なのかもしれませんが、すでに本国に対する送金手段もかなり限定され、総連自体の資金力も減ってきた今では存在自体の意味すらも問われることになるかもしれません。

 ・朝鮮総連に627億円支払い命令、仮執行も可に…東京地裁(読売新聞)

 破たんした在日朝鮮人系の16信用組合から不良債権を買い取った整理回収機構が、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)に約627億円の返還を求めた訴訟の判決が18日午後、東京地裁であり、荒井勉裁判長は「全額が朝鮮総連への融資だったことに争いはない」と述べ、全額の支払いを命じた。

 判決確定前に、財産の差し押さえもできる「仮執行宣言」が付けられた。一方、緒方重威(しげたけ)・元公安調査庁長官(73)が代表取締役を務める「ハーベスト投資顧問」と朝鮮総連は同日午前、中央本部の土地・建物の売買契約を解除し、朝鮮総連からハーベスト側に所有権が移転したとの登記を抹消する手続きを取った。ハーベスト側が35億円の購入代金を調達できなかったためで、朝鮮総連側に所有権が戻った。

 この訴訟は、破たんした旧朝銀東京信組などから不良債権を買い取った機構が、焦げ付いた融資のうち、個人、法人向けとなっていた約390件、計約627億円分が、実質的には他人名義や架空名義を使った朝鮮総連への融資だったとして、起こした。判決に仮執行宣言が付けられたことで、朝鮮総連が支払いに応じられない場合は、中央本部(東京都千代田区)の土地・建物などが差し押さえられる可能性も出てきた。

 ただ、朝鮮総連は法人格がないため、実質一体の合資会社「朝鮮中央会館管理会」名義で不動産を登記している。敗訴した被告と登記の名義人が異なる場合は、差し押さえが通常認められないが、両者が一体であることが明らかであれば差し押さえも可能だ。朝鮮総連は同管理会と一体であることを自ら認めているため、機構側の申し立てに基づき、差し押さえや競売も予想される。

 これに対し、朝鮮総連の代理人、土屋公献(こうけん)弁護士(84)は、いったん控訴し、実際に競売が行われるまでの数か月間に機構と和解を目指したい考えだ。

 「差し押さえ逃れの仮装売買ではないか」として、問題視されていた朝鮮総連とハーベスト投資顧問の売買契約の解除については、土屋弁護士が東京都内で記者会見し、明らかにした。

 土屋弁護士は冒頭、「誤解もあり、世間を騒がせた」と謝罪。同弁護士によると、出資予定者は当初、複数いたが、最後の1人となった投資家の男性も出資しないことが確定的となり、売買が成立しなくなった。

 今回の取引について、東京地検特捜部は、差し押さえなど強制執行を妨害するため虚偽の登記が行われた疑いがあるとして、電磁的公正証書原本不実記録の容疑で捜査している。土屋弁護士は、判決前に移転登記を抹消したのは強制執行を妨害しないためと強調、「決して架空売買ではない」と述べ、電磁的公正証書原本不実記録にはあたらないとした。

 また、代金が払われていないのに移転登記を先行させた異例の手続きは、投資家の要求だったことを明らかにした。同弁護士は、この投資家と面識はないが、「極めて信頼に値する」という緒方元長官らの言葉で安心していたとしている。

 緒方元長官は18日午後、会見を予定している。

 一方、東京都は近くハーベスト投資顧問に不動産取得税約8000万円の課税通知をするが、所有権が朝鮮総連に戻ったことが確認できた場合は、朝鮮総連にも課税通知する方針だ。不動産取得税は、相続を除き、土地・建物を有償・無償にかかわらず取得した場合に課税される。


 ちなみに差し押さえされても支払い命令の額を払える予定も無いので、結局は総連が取り戻すことは出来ないでしょう

 それにしても、朝鮮総連は拉致問題などマイナスイメージを与える「事実」が明るみに出るにつれ、構成員は急激に減っていきました。その結果、資金力、発言力、政治力など大幅に下がり、今では朝鮮総連のコメントや機関誌である「朝鮮新報」の記事には目もくれないようになってしまいました。

 今のままでは朝鮮総連は自然消滅するか、解散せざるを得ない状況に追い込まれることになると思います。私はそれが当然だと思うし、民団も含めて「在日朝鮮人という特殊な存在」を見直す時期に来ていると思っています。

 在日朝鮮人の話をすると、今回のエントリの内容とは違ってくるので多くは話しませんが、二世、三世が増える中で日本国内における特殊性を維持し続けなければならない必然性こそ議論されるべきだと思います。

 ところで、今回の緒方元公安調査庁長官の所有権移転には朝鮮総連の許宗萬(ホ・ジョンマン)責任副議長が裏で動いていたという話もあります。彼は「副」と付いていますが、事実上朝鮮総連のトップです。彼の今後の動向も気になるところです。朝鮮総連が今後どうなっていくのか。日本国民は厳しい目で見つめていかなければならないでしょう。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年06月19日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

>民団も含めて「在日朝鮮人という特殊な存在」を見直す時期に来ていると思っています。


私も同感です。そもそも固定資産税を納めていない所も納得がいきませんでしたし。
しかし、構成員が激減していたのは知りませんでした。でも、日本で生活や商売を続ける以上、拉致に関与している総連の構成員だというのがネックになると判断したのなら、賢明な判断でしょうね。
今後、今まで明るみに出ていない違法行為についても、追及されればと思います。

2007年06月19日 水兵長 URL 編集

どうせまた在日、朝鮮総連に対する嫌がらせでしょ?朝鮮総連の前身である朝連の時のように解散に追い込む気なんでしょうか
朝鮮総連を悪の組織のようにでっち上げてる政府やマスコミにも私は憤りを感じます!

2007年06月19日 URL 編集

先ずは名前ぐらい入れましょう。さすがは恨みの文化です、迫害を受けていると感じるのでしょうか。あらゆる面で他の外国人より優遇されているというのに…日本人よりもね。
総連が本当に悪いことをしていないのであれば、堂々と家宅捜索を受ければ良いのに、何故平日のあんな時間に抗議の人々を動員出来るのか?益々日本人の総連に対する不信感を募らせる原因でもある気がします。
将軍様が拉致を認めた時点で、領事館と同様である総連が何らかの関与があってもおかしくないと誰もが思っているのですよ。

2007年06月21日 水兵長 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。