スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【中国】中国の国防費が日本と近いはずがない

 中国の国防費が初めて日本を抜いたとか、そういった話題がでているようですが、全てあくまでも公表額ベースであり、透明性のない中国の国防費は公表額の2~3倍と言われています。

 ・中国の国防費、日本の3倍に 予算段階で15兆円 米分析(iza)

 【ワシントン=山本秀也】ローレス米国防副次官(アジア・太平洋担当)は13日、今年の中国の実質国防費について、予算段階で最大1250億ドル(約15兆2000億円)に達したとの分析を明らかにした。中国の今年の国防費は、公表ベースで対前年比17・8%の伸び率を示し、日本の防衛費(約4兆7818億円=平成19年度予算)を上回っていたが、今回の米国の分析は、装備費や研究開発費を含めた中国の実質国防費が日本の3倍に上る可能性を示している。

 米下院軍事委員会の公聴会で、中国の軍事動向に関する分析としてローレス副次官が証言した。今年の実質国防費として、副次官は「850億ドルから1250億ドルの範囲にあると考えられる」と指摘した。

 今年3月の全国人民代表大会(全人代=国会に相当)で承認された中国の政府予算のうち、国防費として公表されたのは3509億2100万元(約450億ドル)だった。中国が公表する国防費は人件費などが主体で、装備の調達予算などは他の費目に分散されて公表されていない。

 米国防総省では、中国国防費の実質額について「公表分の2~3倍」との見方を示している。今年の実質額に関する分析もほぼこの範囲内だが、ローレス副次官は2003年の中国国防費が最大で公表額の6倍あまりに達したとする他の機関の分析例も挙げ、中国の軍事動向の「透明性の欠如」に懸念を示した。

 急増する国防費を反映した軍備の拡張について、ローレス副次官は米本土の広い範囲を射程内に収める改良型の移動式弾道ミサイル東風31号(DF31A)の開発動向や、潜水艦を含む空海軍装備の近代化を挙げ、「中国の軍事力を監視することは国防総省の責務」と指摘した。


 中国の国防費が不透明である理由に、地方の人民解放軍は経済活動も行っており、その報酬によって得た装備品や人件費などは、実態として国防費の中に出にくくなっているとともに、研究開発の費用などはほとんど国防費の中に見積もられていないからです。

 ちなみに日本の政府が中国の国防費を批判する場合には、大抵米国の主張を論拠とします。それが信憑性のある答えであるだろうし、誰もが納得行く答えであろうと思います。

 ただ、日本が中国の国防費の透明性を独自に調べたかどうかは今のところ不明です。このあたりは透明性を求める立場を継続するのなら、中国に対して調査団の派遣を要求するなど色々なアプローチがあると思います。

 ただ、中国の国防費についてどんな専門書やレポートにも公表額が妥当だというものはありません。相場として「2~3倍」といった感じです。

 とすれば、日本は中国人民解放軍の脅威をしみじみと感じても良い時期に来ていると私は感じます。特に今の伸びが継続するようであれば、決して無視すべきではありません。国民にもその事実を積極的に認知させる必要があると思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年06月16日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:2

 寝ぼけた人が多いのが困りモノです。
中国の軍拡は危険なんてレベルでは済みません。
 明らかな脅威なのですから。
 頭がお花畑の連中が鬱陶しくて仕方がありません。

2007年06月18日 どらっへ URL 編集

中国国防費の実質額については、日本外務省チャイナロビーあたりがとっくの昔に調べ上げていなければなりませんね。もししていなければ、即くびです。だから首相直属の研究所・調査機関を小規模でも作るべきでしょう。

2007年06月18日 朝日将軍 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。