スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【軍事】私はクラスター爆弾を廃止するのは反対です

 日本が国際的にこの手の「人道的」な活動に加わるのは別に構いませんが、その結果、日本の国益を大幅に損なってしまっていることをよく認識すべきです。

 ・クラスター爆弾禁止条約 日本政府も賛成表明へ(iza)

 ■積極関与で実効性確保狙う

 1発の爆弾から多数の子爆弾を飛び散らせるクラスター爆弾の使用禁止条約を制定する動きが国際社会で強まる中、政府が、19日からジュネーブで開かれる特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)政府専門家会合で、制定に賛成の立場を表明することが、9日分かった。政府は禁止条約への態度表明を控えていたが、制定過程に積極的にかかわることで、即時全廃を唱えるノルウェー、ペルーなどを牽制(けんせい)。同時に米国、中国、ロシアといった生産・保有大国を巻き込む考えだ。

 外務・防衛両省による調整の結果、(1)CCW専門家会合や今年11月のCCW締約国会議に「基本的に賛成」の立場で臨む(2)「即時全廃ではなく代替兵器の開発まで十分な移行期間を設ける」「大量保有する米中露の参加も得て条約の実効性を確保する」といった日本の考えを条約に反映させる-などの戦略をまとめた。
 クラスター爆弾は米、イスラエル両軍などがイラク、アフガニスタン、レバノンといった紛争地で使用。「子爆弾の不発率は5~20%」(防衛省筋)とされ、不発弾で民間人が犠牲になるケースが出ている。このため、ノルウェー、ペルーや国際NGO(非政府組織)は非人道的兵器として全廃を求めている。

 しかし、CCWでの議論が進まないことに不満を持った有志国が今年2月、ノルウェー・オスロで2008年までの条約締結を目指す「オスロ宣言」をまとめた。これにより、オスロ・プロセスがスタートしたが、米国、中国は加わっておらず、ロシアもオブザーバー参加にとどまっている。
 久間章生防衛相は「攻撃用にクラスター爆弾を使うことは100%ない」と語っている。ただ、日本政府は、敵の侵攻を「面」で食い止めるクラスター爆弾を、海岸線が長く、離島の多い日本にとって敵の上陸を食い止める防御手段として不可欠との立場だ。

 それでも政府が条約締結交渉に前向きにかかわろうとしているのは、平成9年、橋本内閣時代に小渕恵三外相(当時)の政治判断で対人地雷の全廃を決めた事態の再来を懸念しているからだ。
 政府は当初、米中露不参加の対人地雷全面禁止条約の実効性は疑問として消極的だった。それが政治決断で条約に参加することになり、その結果、「北朝鮮、韓国を含めた周辺国すべてが廃止しない中で、日本だけが敵の上陸を食い止める能力を著しく減少させた」(陸自幹部)という。
 政府としては、急進色が濃いオスロ・プロセスではなく、米中露を含む100カ国以上が参加するCCWで議論を進めることにより、現実的な条約作りを目指す。


 地雷にしろクラスター爆弾にしろ会議では、不発弾による二次災害を受ける人たちへの「人道的」措置による禁止を求めています。

 しかし、どの国にも安全保障上の利点と不利点があり、そのような側面で見れば、日本の島国であるという点は「他国と国境線を隣接していない」という利点にもなるのですが、「広大な国境線は守備に適していない」という不利点にもつながるのです。

 こうやって会議によって自らの兵器を制限してしまうことには多くの問題点があります。まず一つ目は、全ての国が同じ安全保障環境に置かれているわけではないということです。日本のように北朝鮮の工作員によって何度も海岸線から侵入された経験を持ち、世界有数の陸軍兵力を持つ周辺国に着上陸作戦を本気で行われたら防衛は非常に難しい環境に置かれている国は他に少ないでしょう。

 また、会議自体がすでに政治的・軍事的であり、クラスター爆弾を禁止することによって「軍事的優位」を得る国が存在します。何も考えずに人道的などとの主張に誤魔化されて廃止していこうと考えている平和ボケした国は日本くらいでしょう。

 私は何度も言いますが、クラスター爆弾の廃止には「反対」します。日本の国土・国民を他国の侵略から守った上で「人道的」見地から判断しなければなりません。クラスター爆弾の廃止を主張するのは、昔から存在する「非武装平和」に等しい考えです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年06月10日 軍事 トラックバック:- コメント:6

こんにちは。
最近、政治のことはさらっとしか書かなくなってしまっております(^_^)v
別に理由はないのですけど、面白くないので。

クラスター爆弾の不発具合ってどうなんでしょうね?あまり精巧に作られていないのか?あえてそういったつくりにしているのでしょうか?チップを埋め込んで、その後には処理できるようになどもう少し工夫すればいいけど、コストなど色々絡んでいるのでしょうね。

追伸、私の方こそご無沙汰しております。忙しくて、そろそろ爆発しそうですとはいってもできませんが....。ジョグでストレス解消かな?これからもよろしく御願い致します。

2007年06月11日 テツ URL 編集

 私としては、中国と南北朝鮮が消えたら、クラスター爆弾の破棄を考えてもいいですね。
 つまり、考える気が無い。ということですけどね。

2007年06月12日 どらっへ URL 編集

どんな爆弾だって、不発弾はあります。
そもそも兵器や爆弾が使用されるのは有事です。誰が戦闘後の事まで考えて開発しますか?と言いたいですね。
クラスター爆弾が禁止となってもまた新しい爆弾や兵器は開発されているでしょう。
クラスター爆弾は、日本の防衛向きの爆弾だと思います。今後この類の爆弾を使用できなくなるようなヘンな活動はやめて頂きたいですね。
反対する輩は有事の際は、海岸線で敵の侵入を、自らの手で防いでください。

2007年06月12日 水兵長 URL 編集

コメントありがとうございます。
テツさん、
私もストレスは感じていますが、それよりも現状を早くどうにかしなければという思いが強いです。とりあえず残業からももう少し開放されたいです。

どらっへさん、
クラスター爆弾にしろ地雷にしろ使わなくなって一番喜ぶのは中国や韓国、北朝鮮だけですね。

水兵長さん、
基本的に正規軍が地雷にしろクラスター爆弾にしろ使用する場合はその地域を特定しています。今でも二次災害に悩むカンボジアの状況は日本では起こりにくいですよね。

2007年06月17日 さいごう URL 編集

日本が国内でクラスター爆弾を使うような状態なら、もう負けたも同然でしょう。クラスター爆弾ごときで国防だとか言って喜んでいる人たちがいるのであれば、おめでたいとしか言いようがありません。
本気で国を守りたいなら、本気で核装備を考えるべきではありませんか?

2007年06月21日 seena URL 編集

 >クラスター爆弾如きで国防を(以下略)

 核装備を考えるのも大切でしょうが、「国防の手段としてのクラスター爆弾」の使用を「お目出度い」の一言で片付けるのは矛盾している気がしますが(むしろ『お目出度い』と揶揄する人の頭の中の方が『お目出度い』気がしますが)・・・
 マクロとミクロの両方から論じては?

2007年08月29日 KY URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。