スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【中国】中国政府の責任転嫁論

 ちょっとエントリを書けない環境にいたのですが、その間にも世の中は凄いスピードで流れていました。にもかかわらず、中国政府は責任転嫁と強圧的な態度は昔のままだったようです。

 ・パナマの責任…中国が反論展開 せき止め中毒死事件(iza)

 【北京=福島香織】パナマで大量の死者を出した中国産原料のせき止めシロップによる中毒死事件について、中国の国家質量監督検疫検査総局は31日、事件後初の記者会見を開き、中国側の調査結果を発表した。直接的原因については、原料貨物のラベルが輸出後に改竄(かいざん)され、本来使用されるはずのない医療品に用いられたためで、責任はパナマ側にあると主張した。

 魏伝忠副局長らは会見で、「食品安全に百パーセントはない」と、中国製品の安全性を批判する外国のメディア報道に対し大反論を展開した。

 調査結果によると、シロップ中毒死の原因物質は、車両エンジンの不凍液などに混入されることもある毒性のあるジエチレングリコールだった。江蘇省泰興市の工場が、糖の一種であるグリセリンの安価な代用品として製造した商品に含まれ、中国の貿易会社が2003年にこの商品を輸出したことが事件の発端となった。

 中国出港の際、積み荷ラベルは「グリセリン」と表示され、「医薬品には適用できない」との説明文がつけられたという。スペインの貿易会社は同年中にパナマ側に販売したが、パナマの政府系製薬企業が購入した際には、貨物は医薬品用「純グリセリン」に書き換えられ、品質保証期間の1年のラベルも4年に変えられていた。

 米食品医薬品局(FDA)は、事件の調査でパナマ側の責任を指摘している。

 魏副局長は毒性のない純グリセリンと誤解されやすい商品名や貨物表示を「グリセリン」と表記した点については落ち度を認めたが、「中毒事件を引き起こした直接原因は、(ラベルを書き換えた)パナマ側商人にある」とした。

 パナマなどで中国産の練り歯磨き粉からも致死量のジエチレングリコールが検出されたことについては「含有量が15・6%以下なら健康に影響はない。今のところジエチレングリコール入り歯磨き粉による中毒事件は起きていない」と開き直った。


 この件に関して中国の発表をそのまま信じる人はほとんどいないでしょう。そして中国の品質管理体制を疑う人はかなり増えたと思います。

 しかし、その中でも一番に気になるのは、品質管理体制で一番リーダーシップを取るべき中国政府が責任転嫁の発言を繰り返したことです。中国政府は自らのシステムが上手く機能していない(というか存在しない)ことをよく認識し、きちんとした体制作りを目指せば、それほど世界的に注目するような事故にはなっていないと思います。

 中国がこれから本当の経済発展をして行くには、「安かろう悪かろう」の物作りでは絶対に行き詰まります。こうした事故の対応をきちんとすることが、中国の市場としての価値を高め、今後の中国製品のブランドイメージを高めるのだと思いますが、彼らにはそんな意識はないのでしょうかね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年06月02日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

ラベルが書き換えられたのは事実かもしれませんね。
ですがそれを行ったのは誰か?という疑問が残ります。
・・・大方中国側のしでかした事をパナマ側の責任に摩り替えているのでしょう。

上手な嘘は真実が若干混ざっているそうですから。

嘗ては我が国でもジエチレングリコールが問題になったことがあったはずです。
そのときはワインに混ぜられて、紙面を賑わしたと記憶しております。

2007年06月02日 通行人A URL 編集

不凍液入りワインの事ですね?あのニュースのおかげで、当時中学生ぐらいだった私は、整備士の叔父から不凍液が甘いという事は知ってましたが…そんなにも甘いんだ、舐めてみようかな?って思いました(笑)

安かろう悪かろう、儲かれば何でも良いみたいな考え方で、品質と安全性を無視しては商売の相手がいなくなります。経済発展も先が見えてくるでしょう。

関係のない話題かも知れませんが、以前に中国のスーパーで紙パックの牛乳が普通に常温で置いてありました。買ってからは冷蔵庫に入れてたし…防腐剤でも入ってるのかな?と思うと牛乳を勧められても飲めませんでしたね。

2007年06月03日 水兵長 URL 編集

コメントありがとうございます。
通行人Aさん、
そんな事件もありましたね。
それにしても「食品の安全性」という問題を「ラベル張り替え事件」という低レベルな事件に置き換えることによって事件の終息を図ろう等する魂胆が見え見えですね。

水兵長さん、
中国のスーパーはそんなことをしていたんですね。まあ、食品に対して日本と同レベルの安全性は100年経っても無理でしょうし、その他の先進国にも当分無理でしょうね。

2007年06月03日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。