スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【韓国】自殺は日本人の美徳なのか?

 今回紹介する韓国の新聞記事で紹介したことは、確かにそうだと思うところはあるものの、全面的に賛成することは出来ません。

 ・<取材日記> 自殺すれば‘サムライ’?(中央日報)

日本の松岡利勝農林水産相が28日、自殺した。 62歳だった松岡氏は政治献金スキャンダルに関連し、心理的に大きな負担を感じていたことが伝えられた。

日本の各メディアは戦後初の現職大臣自殺事件を大々的に報道している。 29日、松岡氏の遺体を乗せた霊きゅう車が東京永田町の首相官邸前を通過し、安倍晋三首相以下の閣僚らが両側に並んで合掌する姿が、全国に生放送で伝えられた。

石原慎太郎東京都知事は「彼はサムライだった」と語った。 松岡氏の故郷である熊本県の市民はテレビで「最後の瞬間、彼は男だった」と話した。

自殺を見る日本社会の反応はこのように特異だ。「政治献金スキャンダルは糾明されなければならない」という反応が依然として優勢だが、松岡氏の死を美化するような反応も少なくない. 日本にはこうした類の自殺が多い。 その背景には「死で不名誉をすすぐ」というサムライ式の思考がある。

日本には「死ねば仏」という言葉がある。 どんなに大きな罪を犯した人でも死んでしまえばそれ以上は咎めないというものだ。サムライが自ら名誉を汚したと判断したり、主君に累を及ぼしたと考えれば、切腹して自ら命を絶った。 日本社会はこれを美徳としてきた。男らしいと考えるのだ。

こうした思考は理解できる部分もある。 しかし日本特有の意識で済ませてしまうのはあまりにも前近代的だ。危険に映ることもある。 理髪店を経営する知り合いの佐瀬卓さん(40)はこう話した。「A級戦犯がしたことに対する贖罪がまだ足りないという指摘を受けるのも、考えてみるとこうした意識と関係があるのかもしれない。‘死ねば仏’という意識のためだ。固陋といわざるをえない」

こうした点で、今回の松岡氏の自殺事件以後、彼の死の原因になった問題がどう扱われるかに関心が集まる。世論がどう形成され、政治献金問題がどんな結末になるのかが注目される。それは日本社会がグローバルスタンダードに進んでいるかどうかをはかる物差しにもなるはずだ。

金玄基(キム・ヒョンギ)東京特派員


 自殺をすれば周囲から同情なり尊敬なりを集める傾向があることは認めます。そして自殺することによって、過去の行いを不問にするという傾向があることも認めます。

 しかし、それが前近代的な発想であるという考え方には賛成出来ません。そして何でもA級戦犯のところにまで論理が飛躍するのは韓国人の悪い癖です。

 まあ、韓国人の論理の飛躍を指摘するエントリではないので、自殺と日本人の傾向についての私なりの考えを述べさせていただきますが、これはある意味日本人にとって(もちろん周辺国にとっても)プラスに作用したと考えます。

 日本には、「水に流す」という言葉があります。これは自殺に限った話ではなく、ひとつの贖罪行為が今まで行ってきた負の行いを全て無にするという普通に考えればあり得ない「許容」行為です。そしてその「許容」こそが現在における秩序を形成し、日本人が互いに協力しあう「和」という発想につながったのです。

 韓国ではキリスト教徒(特にプロテスタント)が多くいるそうですが、キリスト教にはそのような考えはありません。というよりもむしろ、一神教であるイスラム教、ユダヤ教を含めた3つの宗教は基本的に他者を排除しようとします。一神教は基本的にひとつの神しか認めないため、他の神は偽物、もしくは魔女狩りに代表されるような排斥行為が行われます。人間関係においても同じで、基本的に独善的な思考に陥りがちです。そして他者を許容するよりも、自己の側に引き入れようとし、出来なければ徹底的に攻撃しあいます。。

 このような文化的な違いがあるからこそ、日本は今まで他国の侵略行為に対しても一丸となって排斥することが出来たし、自称「戦勝国民」の非道な行為も水に流すことが出来たのです。

 話は戻りますが、私は自殺した人にはそれなりの理由があると思うし、そこまでの決断を行った人に対してある程度の「許容」行為があってもよいと思います。ただ、それは真相を闇に葬ると言うことではなく、残った遺族に名誉回復のチャンスを与えても良いと言うことです。良い報告にしろ、悪い報告にしろ、「水に流す」ことが出来るからこそ自浄作用があると思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年05月30日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

 こういうときだけ韓国の新聞は饒舌だなと。

 韓国の儒教思想の方が欠陥だらけだろう。
 死後の救済はなく、死んだ人間の死体に永遠に足蹴をするような真似をするんだから。

 そんな連中が「前近代的な発想」などと言うなんて、呆れ返る。

2007年05月30日 どらっへ URL 編集

前近代的国家にウダウダ言われる筋合いはありませんよ。(笑)
日韓併合迄に、自国では鉄道すら整備できず、元冦の時は中国の先鋒となり日本を攻略せんとし、過去ほとんどの大統領が汚職に染まって訴追されてる国が、我が国のサムライの何を語るというのか(怒)
仏教って他宗教を批難しません、だから好きですよ。ただ、日蓮宗の一部に、将来ヤバイとかマインドコントロールする奴が居るからだよ。

2007年06月01日 水兵長 URL 編集

コメントありがとうございます。
どらっへさん、
死者に対して何の感情も抱かないのは、中国・韓国だけでなく、欧州・米国なども同じだと思います。ただ、韓国の儒教思想は若干歪んだ形で残っていると思いますね。

水兵長さん、
仏教、神道に限らず日本人は様々な宗教を許容しています。そこが日本人の長所であり、これからも日本人の「大事にすべき部分」であると思います。

2007年06月03日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。