スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【国内】松岡農相のご冥福をお祈りします

 松岡農相の自殺には驚きました。人の気持ちはどこでどう転ぶか分からないものですね。まずはご冥福をお祈りします。
 ただ、亡くなった本人を悪く言う気持ちは毛頭ありませんが、こうした形で疑惑の究明をストップさせるよりも、自ら疑惑に説明して欲しかったと思います。

 ・首吊りの松岡利勝農水相、死亡(iza)

 東京・赤坂の衆議院議員宿舎の自室で自殺を図って心肺停止状態となっていた松岡利勝農水相は28日午後2時ごろ、死亡が確認された。
 松岡農水相は同日正午すぎ、宿舎の自室のドアにひもを掛けて首を吊っているのを訪れた秘書と警護の警護官(SP)が発見し119番通報,東京・信濃町の慶応大病院に運ばれていた。東京消防庁などによると松岡農水相は発見時、意識不明状態だったという。
 松岡農水相は熊本県阿蘇町生まれ、鳥取大農学部卒業後、昭和44年に農林水産省入省。北海道天塩営林署長や秋田営林局勤務などを経て、平成2(1990)2月に熊本1区から衆議院議員に立候補し初当選。その後、農林水産政務次官、農林水産副大臣を歴任し、昨年9月の安倍内閣発足に農林水産大臣となっていた。
 松岡農水相に関しては、資金管理団体「松岡利勝新世紀政経懇話会」が政治資金収支報告書に計上した「光熱水費」について虚偽記載の疑惑が浮上。衆院予算委員会などで野党側から厳しい追及を受けていた。
 さらに地元の有力後援者である熊本県阿蘇市の建設会社幹部に農林水産省所管の独立行政法人「緑資源機構」から熊本、島根両県内で発注する中山間地域整備事業をめぐる談合疑惑も浮上。この幹部が業者側の「談合調整役」を務めていた疑いが強まっていた。松岡農水相側にはこの幹部が勤務する建設会社から過去10年間で計約1600万円を献金があり、この建設会社は同事業を億単位で受注していた。


 再度申し上げますが、松岡氏のご冥福をお祈りします。

 ただ、あえて言わせてもらえば、自殺によって解決出来る問題など私はないと思います。特に疑惑のまっただ中に自殺すると言うことにはあまり共感は出来ません。

 自殺は、本人によほど苦しい気持ちにさせる出来事があったからでしょうし、自殺する以外に解決方法がないと思わせる要因があるからこそ起こるのでしょう。その心中はお察しします。

 しかし、自殺することが解決方法と言うはずはありません。もしあるとすれば、生き残った誰かにとっての解決方法で、自らの解決方法ではありません。

 本人の気持ちを考えれば、このまま彼の疑惑は幕引きしたいところでしょう。しかし、犯罪に関係する部分は亡くなったからと言って終わりにすべきではないと思います。そこは亡くなった方を悲しむ気持ちと、国政に関して義務を果たすことと別にすべきだと思います。

 再々度申し上げますが、松岡氏のご冥福をお祈りするとともに、彼にまつわる疑惑の究明を願います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2007年05月28日 政治 トラックバック:- コメント:4

 自殺に追い込まれたのか、それとも、裏の事情があるのか、まあ、憶測は付きませんが、私も冥福を祈ります。
 決して、褒められた人物ではなかったでしょうけど。

 余り関係ないですが、この件で福島瑞穂が答えてるのを見て、なんか怒りを感じるんですよね。

2007年05月29日 どらっへ URL 編集

図太い人間は、告訴されても否認してバッジにしがみつくけど、松岡大臣の場合、真面目な人だったんでしょうね。
この人の死で、何人の国会議員が胸を撫で下ろしているんでしょうね。

2007年05月29日 水兵長 URL 編集

選挙、事務所費用の捻出など、官僚出身議員の泣き所が資金繰りなんでしょうね。
親の代からの地盤は無いから、党の言うことを聞くしかない。利権ルートも自分で開発するしかない。鈴木宗男議員も同じく、1代議員の悲しさ・・・・。

2007年05月30日 あきら URL 編集

コメントありがとうございます。
どらっへさん、
民主党にしろ社民党にしろ今は批判の先を失った苛立ちの方が先に来るのでしょうね。方法はともかく、死を選んだことに対する重みを全く考えていないですね。

水兵長さん、
彼は色々な噂がありましたが、その行為はともかく後ろめたさは感じていたのでしょうね。残った方々に真相究明を願います。

あきらさん、
全くその通りだと思いますね。官僚出身の議員の方が優れた部分も多いのですが、上に上がっていくためには「金」の問題はアキレス腱となるのでしょうね。

2007年06月03日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。